逃げろ逃げろ

急激に流行し始めた昔の病を引き出す放射能

逃げろ逃げろ
逃げろ逃げろ逃げ場があるなら

梅毒や赤痢のような昔の感染症が細菌になって増加傾向を示しているそう。その原因をはっきりと放射能による免疫力低下、と答えられる正直者がどれほどいるのでしょうか。テレビやラジオに出てくる専門家のうち1人たりとも放射能という言葉を使った人はいません。現実を見る力がないのでしょう。放射能と、昔流行していた病の復活についてみていきます。

骨折が多い

血液が酸化すると骨がもろくなります。糖尿病の血液の酸化が原因ですが、もちろん放射能でも血液は酸化する。日頃の生活がひどい人は注意。食事が悪いのは最悪。なぜなら、食べるものが悪いと骨がもろくなり、病気になりやすい体になってしまうからです。

放射線量の小さいうちはだますことはできました。放射線量が強くなってしまうともう騙せない。不健康な生活をしていた人たちは、症状という形ではっきりと身をもって体験することになります。

酸化した血液がたまり、表面的には病気として現れてきます。原因を無視して表向きの症状によって病名を分類する専門家は、さまざまな病名を作り出そうとする。実は何の解決にもなっていない。病気の原因も考えず、見かけの症状だけを抑えればいいと間違いを教わったのです。

血液の酸化が原因ならば、手術や化学物質による処方薬などはすべて無効。薬を使って症状を抑えても薬が血液を汚し病の原因となり免疫力低下を招くだけ。手術で臓器を切っても血液の酸化とは関係なく免疫力が下がるだけです。

お薬と手術を否定すれば専門家の人生を否定することになります。見てみないふりをしたくもなるでしょう。行いを省みなければ犠牲者を増やし罪を重ねるばかりです。

梅毒

血液の酸化によって、すでに感染症にかかっていた人はその症状がひどくなります。梅毒の流行は性行為の低年齢化が問題という人がいます。そんなものは前からありました。むしろ、すでに感染症にかかっていたのが、今まで放射線量が低かったために目に見える形で発症していなかった。放射線量が強くなり免疫力低下を引き起こし、目に見える形で発症したものと思われます。すでに種はまかれていたのです。

梅毒や赤痢など、昔の病かと思われていましたがそんなことはありません。ペニシリンなどの抗生物質で細菌を克服したと思っていたのも誤解。日本では戦争による爆撃や原子爆弾で放射線量が急激に上昇し、免疫力低下が起こり、一時的に感染症などの病気が発生するようになった。戦争が終わり放射線量がしばらくの間低い状態が続き、目に見える形での病気の発症は少なくなっていった。それを現代医学や抗生物質のおかげと思い上がっていたのです。

実際には病原菌を根絶することなどできません。殺菌消毒による衛生管理も、悪い菌だけでなく良い菌を殺してしまうので免疫力低下を招く。殺菌消毒は自然界にとっては異常で、強い菌が出てきて分解することになる。悪い菌が増えるのは、毒物を使って細菌を根絶しようとしたからなのです。

耐性菌がすでにできているので、抗生物質も効果は期待できないでしょう。病原菌を殺すことは無意味。血液をきれいにして免疫力を高めることが、私たちのやるべきこと。化学物質や手術で免疫力が高まることはない。免疫という言葉を使って免疫力を低下さようとする輩もいるので注意が必要です。

淫らな行いはやめとけ

聖書には淫らな行いをするな、と書いてあります。知らないうちに感染症にかかり、放射線量が強くなってしまったらひどい目に遭う。それを昔の人は注意をしてくれていたのでしょう。

急激に放射線量が強くなることなど予想していたのでしょう。今までの乱れた行いは、放射能が強くなることによりすべてが露わになる。道徳的にやるべきではないことはやらないほうがよかった、ということ。マスコミはあの手この手で人間を悪い道にそらすように誘導してきた。メディアの詐欺に乗っかった人は体調不良に陥ってハイ残念、という寸法です。

愚かな大学教授

「なんでこんな昔の病気なんか広まってしまったんですかね~僕にもわかりませ~ん」

と、のんきに言っている愚鈍な大学教授。放射能や放射線の知識が全くないものとみて差し支えないでしょう。自分自身も被爆して血液が酸化し、脳の血流が悪くなっていることに気が付いていないのだからお幸せです。放射能や血液の急激な酸化という知識がなければいつまでも体調不良から逃げられない。放射能と口に出せない以上、専門家など役立たずの無用の長物。健康に役立たない知識を広めてお金を儲けても何かの形で裁かれるだけです。

逃げろ逃げろ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!