怖いのはがんじゃなくてがん治療

がん治療を受けてあっという間に知り合いが亡くなった。おかしいとは思いませんか。ステージ4でも何もしなければ生きていられたのに、ステージ1の人が治療に踏み切るとあっという間に死んだ…ということも。

治療になっているのでしょうか。治療を受ける場合にはピンピンしていたのに病院に入ったらあっという間になくなった。こんなものは治療といえるのでしょうか。がんを取ったり見つけたりする必要があるのでしょうか。

検査する前は何ともなかったのに

がんが体内にあっても気がつかない。健康診断でがんが見つかって医師に丸め込まれて治療を受ける。すると、あっという間になくなってしまった。

検査する前は何も気がつかなかった。何も気がつかないようなものが急に悪くなるのでしょうか。急に悪くなったら急に悪くなるような原因を作っているのです。

体調を悪化させるものばかり

がんになるのは結局のところ、発がん物質や放射性物質のような毒性の強い物質が体の中に入るとできます。早い話が血液が急激に酸化して体に毒が回らないようにがんができているのです。

みやみな検査に無謀な手術

そのことを知らないのは専門家です。がんの原因となる放射線を当てて体をむやみに調べ必死になって取り除こうとします。手術ができる年齢でもないのに早く取らなければいけない、と言ってあっという間に殺して早死に。検査する機器もムダに大掛かりなもので、元を取らなければいけません。どうしても使いたい。お金のためです。

抗がん剤であっという間

抗がん剤も単なる毒物。がんだらけになるのがオチ。専門家は抗がん剤を必死になって効果があると思い込みたいですから急にがんが進行した、と患者の家族にぬけぬけ嘘をつき自分のやったことだけはないことになります。死亡診断書も当然嘘っぱち。薬物でやったと書いたら自首と同じですから。

急に声が出なくなって死ぬ芸能人


最近、変わった死に方をする芸能人がいます。ついこの間までは元気だったのに、急に声が出なくなって死んでしまうのです。しかも、似たような死に方をする芸能人が何人かいます。

その顛末はこうです。体調が心配になり検診を受け、がんが見つかった。入院して治療を受けることを勧められた。でも、欲の深い芸能人は仕事をしたいので働きながら治せる方法を選択。それが飲み薬の抗がん剤治療、一般的には化学療法と言われるものです。

言われるがままに薬を飲んだら全身が痛くなり、全身の神経が働かなくなり、声も出せない状態であっという間に死亡。そして、マスコミはがん治療していたと声高に叫び、お涙ちょうだいの追悼番組を放送。周りにいる芸能人も、早く治療していればよかったのに、自分も早くやらなければいけない、早期発見、早期治療しなければいけない、と思い込まされ広告塔にされてしまいます。がんの治療薬のせいで亡くなったことがわからないのです。

がんというものは全身が痛くなり、声も出なくなって死ぬという性質のものではありません。検査しなければわからないようなもの。病院の処方薬でもがんになることがあります。食事療法を馬鹿にする人がいますが、食事療法で全身が痛くなり声がでなくなり死ぬ、ということは絶対にありません。野菜や玄米が原因で死ぬ人はいません。

一般人も引っかかっています。ついこの間までは元気だったのに急に死んだと言ったら疑ってくださいね。がんを治す治療薬は存在しません。そんなものがあったら、誰もが治っています。

放射線でボロボロ

放射線治療はひどいもので、体に放射線を当ててがんができます。体中がんだらけになり、血液が酸化し骨がボキボキに折れて亡くなる人もいます。医師の治療は、がんだらけになるか、亡くなるだけのろくでもない代物でしかありません。医師は、がんになったら絶対に治療は受けない、というのもうなずけますよね。彼らは朝から晩まで嘘をついたり、自分で自分をだましている人もいるくらいなので説明を求めても無駄です。

選択肢に潜む罠

ガン治療には三大療法がある、と言われています。

  • 薬物
  • 手術
  • 放射能を浴びる

選択肢が提示されると、この中にしか正解がないと誤解しがちです。しかも、これ以外の方法を検討してみると、代替療法といって、正当な治療法を拒否して、程度の低いものを選ぶのかといった悪いイメージがつきまといます。選択肢の中に答えがあるとは限らないし、選択肢を作ってる本人ですら正解がわからないこともあるのです。

早期発見しても意味なし

早期発見しても意味がありません。なぜなら、体内の「がん」を発見することは、体内の「がんの原因」を発見することではないからです。原因がわからないものを治療することはできません。原因は血液の酸化や毒物や目に見えない放射性物質なのですから原因が目に見えるわけはありません。何でも目に見えるはず、と思っているのだから愚かにも程があります。

原因がわからないなら何もしない方がマシ。体に余計な負担をかけるだけ。早く見つければいいというものではありません。

早く見つけたら早く死にます。早期発見、早期殺害です。運よく死ななかった人でも、定期的に検査を行うので、そのうち殺されてしまうでしょう。抗がん剤や放射線治療を受けていれば血液が酸化するのでまたがんができます。手術でがんを取っても体が弱り免疫力低下を起こします。そして無駄な検査が繰り返されます。

体内の毒素や発がん物質が排出できなくなり、またがんができる。こんな感じで殺されるまで、医師の治療から逃れられないことになるでしょう。食事療法でがんが取れてもおかまいなしに抗がん剤で殺し、胸を張って嘘の説明し、患者の家族にバレて怒られる愚かな医師がいる業界です。サイコパスばかりといってもいいでしょう。

放射能に便乗

確かに、放射線量が上がればがんになる人は増えます。しかし、普通に生活している人ががんが見つかったからといって、治療を受けてすぐに亡くなるのは放射能のせいではありません。原因を考えないでむやみやたらに治療に踏み切った医師が悪いのです。放射能に便乗しているわけです。

わざとやってるだろ

医師の治療で患者がバンバンなくなっているのに、医師の人たちは反省しようとしません。それどころか、見落としたのが悪い、治療が遅れたから悪いんだと、患者と病気の責任にしています。反省することなく非人道的な行いを繰り返し犠牲者を作り続けています。わざとやっています。

インチキ

他の医師がみている患者に、隙を見て内緒で抗がん剤を打ち、がんはこういうふうに急に進行する病気なんだ、と教え込んでいる自作自演医師もいるくらいです。遊び半分のイタズラ気分で抗がん剤を使う医師もいれば、自分の受け持ちの患者に抗がん剤を打たれたことに気がつかず、ほうっておくと急に苦しみ始めて死ぬ病、と勘違いする鈍くさい医師や看護婦も存在しているのです。がん治療なんてインチキ。学生のときから試験でインチキや不正行為ばかりしていたのでしょう。悪いクセは年を取っても抜けません。

放射能の恐怖はあおるけどがん治療の恐怖をあおる人はいない

本当に怖いのはがんではなくがん治療。やる必要のない治療で多くの患者が犠牲になっています。がん治療の危険性を指摘せず、放射能の恐怖ばかり煽る人も、国民の健康を奪い取ろうとしている工作員なのかもしれません。体に悪いとわかっている放射能の知識をひけらかして恐怖を煽る放射能オタクは相手にせず、健康な体を作り上げることを優先しましょう。

放射能は血液を酸化させ体に悪い。これだけわかっていれば細かい知識など必要ありません。放射能の恐怖をあおることよりも、がん治療の恐怖を煽ったほうが人の道として正しい。放射能の恐怖におびえたそこそこ元気な人が、放射能の恐怖を中途半端に知り、病院に駆け込んだらがん治療で速攻で亡くなった。飛んで火にいる夏の虫、ということにならないようにしましょう。テレビ・ラジオ・新聞は信用しないようにしましょうね。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!