NO IMAGE

放射能問題をコロナウイルスで隠蔽してレントゲン浴びすぎで体調不良にされる芸能人

NO IMAGE

なんでもコロナウイルスのせいにして思考停止。専門家がインチキ免疫知識を披露して遊んでいるうちに、体調が悪くなり、早く見つかってよかったね詐欺。

金持ちでもこのザマです。コロナ陽性で治療を受けたら脳梗塞。案の定「コロナのせいだ」と喜んで叫び出す専門家とマスコミ。真実に到達するには事実を冷静に分析しなければなりません。

僕の場合は最初ノドのちょっとイガイガ感。ちょっとセキ。

軽い風邪ぐらい。で、陽性ってなったので入院したわけですけど。

最初は平熱で、そのあと2日目から頭痛が結構痛いな。で、頭痛薬飲んで治まったりみたいな。

で、3日、4日後から熱が出ました。その時にはもう頭痛もなくてセキもなくて、何ともないです。

熱だけ、7度台から8度ちょっとぐらいを5日か6日間ぐらいいったりきたりずーっと。その間たまにセキが出たりとか。

で、レントゲンとかは1日おきぐらいに撮ってたんですけど、採血したりとかしてたんですけど、軽い肺炎になってるといわれて。

ただ、レムデシビルとか、アビガンみたいな薬を投与するほどではない。医者から見た軽症。

で、酸素の濃度が大事。これを常に計っていて体温と酸素濃度によってやっぱり、あともちろんレントゲンなどの肺の状態とかで判断して。

https://grapee.jp/869287

例えば、この芸能人のケースをよく見てみると必要以上にレントゲンを使用していることがわかります。この芸能人は脳ドックに日頃からかかっていたという話もあります。

レントゲンは放射線であり、体に悪いもの、病気の元です。放射線はがんの原因ともなります。放射性物質が血液中の赤血球と結びついてがん細胞に成長します。赤血球に放射性物質を付加させたり、細胞が放射性物質を取り込むとがん細胞になるのです。放射性物質が体に回らないように包み込んで守っているのです。

レントゲン検査では細胞がズタズタになるほど放射性物質を体にぶつけます。赤血球と結びつき固まって血栓ができてしまう、というのは想像に難くありません。

実際に集計を行ったところ、検診を受けたグループで341名が、受けなかったグループで291名の死亡が確認された。
この結果はきわめて衝撃的である。なぜなら予想に反して、がん検診を受けたグループの方で圧倒的に死亡数か多かったからである。

神話が崩れた
なぜなのか。
肺がんは、見つかれぽ全員が必ず手術を受ける。しかし中には、放置して構わないようながんもあつたかもしれない。そうであれば、無理に手術をしたことが体の免疫力を弱め、寿命を縮めた可能性が大いにある。
もう一つ考えられるのが3年間にわたって胸部に受け続けたレントゲンの影響だ。幸い、この調査では、検診と無関係に自覚症状があって病院に駆け込み、肺がんと診断された人の数も記録されていた。この数値を使えば、二つのグルーグを比べても不公平はない。特に、後半3年間は、どちらのグループも検診を受けていないので、この数値が唯一の頼りでもある。http://msw316.jpn.org/01kenko/10roentgen/roentgen.html

悪いことはいわない検診の類はやめとけ
医療関係者も嘘吐きのクズだらけだ
検診から騙し殺された患者数知れず

X線とは

X線(エックスせん、英: X-ray)は、波長が1pm – 10nm程度の電磁波である。発見者であるヴィルヘルム・レントゲンの名をとってレントゲン線と呼ばれることもある。放射線の一種で、X線撮影、回折現象を利用した結晶構造の解析などに用いられる。
X線 – Wikipedia

例えば、対陰極(陽極)として銅、モリブデン、タングステンなどの標的に、加速した電子ビーム(30 keV程度)を当て原子の1s軌道の電子を弾き飛ばす、すると空になった1s軌道に、より外側の軌道(2p、3p軌道など)から電子が遷移してくる。この遷移によって放出される電磁波がX線(特性X線)である。

→ 電子が奪われてできた光線なので、浴びると電子を奪われる → 赤血球の酸化 → 血液の酸性化 → 細胞の病的成長 → 各種病気へ 電磁波が有害な理由も同じ 血液固まり血管に詰まる系の病に

最低線量
2003年に米国アメリカ合衆国エネルギー省の低線量放射線研究プログラムによる支援等を受けて米国科学アカデミー紀要(PNAS)に発表された論文によれば、人の癌リスクの増加の十分な証拠が存在するエックス線やガンマ線の最低線量は、瞬間的な被曝では、10-50mSv、長期被曝では50-100mSvであることが示唆されている。

この結果については、年2回の胸部レントゲン検査が、新たに肺かんを誘発したとしか考えられない。しかもその被ばく量は、年間わずか約0.2ミリシーベルトにすぎない。従来、まったく安全とされてきた被ばく量なのである。
http://msw316.jpn.org/01kenko/10roentgen/roentgen.html

→ 少量でも安全じゃない

専門家は放射線の危険性を全く理解していません。体の中身を簡単に見られる機械ぐらいにしか思っていないわけですが、検査のおかげで病気になってしまうのです。

放射線治療などという治療ではなく攻撃としかいえないデタラメなのものもあります。がんを見つけるためのCT検査でがんになるというアホくさい話を医師が理解できないのです。

放射線の照射で血液が急激に酸性化することにより、全身ががんになったり骨折したり、などという弊害も見られます。医師は病気の進行といって聞きません。放射線医学というもの自体が無用の長物です。

病気を発見するためのレントゲン・CTスキャン、健康のための脳ドックがかえって病気の原因となる本末転倒。病気を「発見している」のではなく「作っている」が現実。「早く発見できてよかった」専門家の嘘くさいセリフが虚しく響きます。

病院にかかればかかるほど具合が悪くなる

レントゲンの危険性も考えず、ばんばん使ったために血栓ができたものと考えられます。

医師を信用しているうちは、治療という「もぐらたたき」は死ぬまで続きます。

この日の発表で〇〇は「2014年に罹患(りかん)した中咽頭がんは6年を経て寛解し安堵(あんど)していましたが、残念ながら、新たに直腸がんがみつかりました。大いに落胆しましたが、すばらしい先生方との出会いもあり、無事手術を終えて現在は治療に励んでいます」と報告した。

関係者によると、昨年に自覚症状があり、検査したところ判明。1月に入って、がんの部位を切除する手術を行ったという。所属事務所の発表によると、現在も入院加療中という。https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202101210000516.html

やればやるほど再発するのは運のせいじゃない

発がんという(結果)をいじくり回しても発がん性物質(原因)を取り除かなければ同じ発がん(結果)が起こり続けます。手で取っても無駄。他の臓器が発がんするだけ。

食べて応援 無駄な治療で医療を応援 死んで応援

「もぐらたたき」が永遠に終わらないのは、プレーヤーがコインをゲーム機に投入し続けているから、という当然の答えすら理解できないのです。

レントゲンやCTスキャンで体内を透視したって何が治せるわけもないのに愚かです。単なる自己満足です。よけいな手出しをしたくなり、よけい悪化させる医師が後を断ちません。体内の写真を取らないとわからない者、数字がないと判断できない者はそもそも医療に不的確です。

治っただの寛解だのといってこのザマ。芸能人が何回再発しているんでしょうか。腐るほどカネ持っていても、あてがわれるのは低知能&欲深医師ばかりなのだからまさに悲劇。医師のいうこと信じたら人生は終わりです。

放射線量が高いと死にやすい

原子力発電所が爆発してしまったために放射線量が高くなり病人や死人が増えました。人口はどのくらいまで減ったのでしょうか。1億2000万はさすがにガセでしょう。2011年以降は明らかに状況が異なっています。

コロナ前からも突然死する芸能人もいました。人身事故も急激に増えました。放射線量の増加は血液を酸性化させるので、無駄な治療で死亡するリスクは飛躍的に高まります。

専門家は未だに放射線の悪影響を理解しようとせずコロナの恐怖を煽って喜んでいるだけ。体に危険なものではないんだ、危険だとしても少量だから安全なんだ、と自分で自分を騙して患者を増やしているわけです。

コロナのせいで思考停止 自分だけは棚にあげ

でっちあげコロナウイルス騒動のおかげで何でもかんでもコロナのせいで思考停止。

自分たち病気を作っているということが受け入れられないのです。
辛い現実から目を背けるにはコロナは最適なネタです。

人間は弱い生き物です。

自分の行いだけを棚に上げて他の原因にすり替える人。医師のようなプライドの高い者は自分のやったことが無駄もしくは有害という現実を受け入れられません。

治療が人生の無駄、社会の害悪であるという事実は、自分がクズであることを受け入れることです。これが受け入れなれないから、犠牲者は増えるばかりなのです。罪を犯した医師たちの未来は閉じていきます。

早期発見、早期再発、早期殺害だよ

病院に行けば全てが解決する病気が治る、早期発見すれば治るなんて言うのはまやかしです。治療と出前が同じとでも思っているのでしょうか。出前だってそんなに早く出てきたら明らかにヤバい店です。

早さで病気を治すことは出来ませんし、今までも何も治してきませんでした。苦しくもないうちから治療を受けてもどうしようもありません。

テレビを見れば嘘ばかり。早く病院に行ったら早く病気を治してくれる、早く見つかってよかったなどといい人ぶった専門家は油断させ、実際は専門家の作った後遺症に悩まされるだけ。後遺症ですんだらまだマシ。医者に殺してもらっている人もたくさんいます。

「俺はがんの権威だ」と患者に無理やり発がん性の抗がん剤打って殺して、自分ががんになったら「食事療法で治った」といばりくさることでおなじみの東○大教授が「俺はコロナワクチン打つ」など嘘ついて人気取りに勤しみます。

いい大学出ても因果律すら理解できず、早期に発見すれば助かるとガキみたいなことを真面目な顔して叫ぶ専門家たち。早期に発見しても原因を取り除かなければ治るわけもなく、治療が原因で殺される患者が山ほどいます。

放射能が怖過ぎて安全と逃げでっちあげコロナで隠蔽して安心

放射能が怖すぎて政治家は全く口にできません。フルアーマーで自分だけ助かろうとした政治家もいるくらいです。

日本に横たわっている問題はでっちあげコロナウイルス騒動だけではありません。というよりも、コロナウイルスよりも大きな問題が放射能です。そしてコロナウイルス騒動は政権と大企業に都合がいいため、マスコミが積極的に煽ります。

専門家もシワシワで真っ白

芸能人が急に劣化した意味ないうちに髪の毛が真っ白になっていた芸能人。
少しみないうちに顔が変わった。

いい年をした年の取り方をしたのでしょうか。いくらなんでも歳の取り方が急激すぎるのではないでしょうか。
顔面が崩れるのは老化にしてはいきすぎでしょう。

テレビに出てくるドクターも年齢の割には真っ白な人ばかりです。彼らは専門家といっても医療が専門ではなく嘘をつくのが専門です。放射能は見ないふり。放射能問題を受け入れるにはよほど強い者でなければ無理ということなのです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!