NO IMAGE

江頭2:50放射線被曝で体調不良と重曹

NO IMAGE

江頭2:50 休養今後さらに続くことを公表 ユーチューブで
2021/05/24 08:13

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202105240000094.html
体調不良のため休養中のお笑い芸人、江頭2:50(55)の公式YouTubeチャンネル「エガちゃんねる」で24日、新たな動画が投稿され、江頭の休養が今後さらに続くことが公表された。江頭は今月3日に休養を発表、同10日には休養を当面継続することを報告しており、休養期間はここまでで約3週間となる。

(中略)

「ぶっちゃけ言うと、復帰までにもう少し時間がかかるらしい」と報告した。病名や病状などには触れなかった。

(中略)

同17日にも江頭からの手紙が公表され、フォロワーからの「何の病気か知りたい」というコメントに対し、「それは、まだ言わない。何でかって言うと、俺、芸人だし。それ言うとおまえら引くじゃん。だからもうちょっとしたら、ちゃんと言うから、ちょっと待っててくれ」などと答えていた

被災地にちょくちょく行ってた江頭2:50
案の定、病気になっていました。

放射能で体が悪くなる理由

放射能による体調不良は血液の酸性化が原因です。早い話が骨が溶けて少なくなってるわけです。骨が少なくなると病気になります。

放射線障害には重曹といいますが、酸性になった血液を弱アルカリ性にもどすわけです。この知識を知らず被災地に行ったり、無駄に食べて応援してたりすると、血液の酸性化が進み、誰もがドン引く難病となります。

医者は血液のpHを知らないので治せないわけです。肝心なことは知らないのが専門家です。

福島だけがかわいそうと現実逃避していたら、東京都内も電車の窓が割れるほど放射線量が高まり総理大臣はボケナスに。都合が悪いので、東京近辺の放射線量が低く設定してアンコンです。

認めたくない

重曹の性質を理解できない者もいます。それどころか「認めたくない」と駄々をこねたりし始めます。自力で健康にいい薬を発明したくて意地になってるらしいですがことごとく失敗。挙げ句には毒撒き散らかして、患者を速攻で殺害し「俺のせいじゃない」と叫んで回る始末。

クエン酸と重曹を水に溶かすと、クエン酸ナトリウム水と炭酸が発生します。

ただの炭酸水と誤解する豚も現れます。クエン酸ナトリウムを論じるべきですが、化学の素養に欠けているのでしょう。

馬鹿ほど結論を短絡的に決める傾向がありますが、知らないものを知らないと高慢さゆえ言えず、当の本人は判断の早い賢者と誤解していたりします。後先考えず物事決めて、問題起こして隠蔽に走り責任逃れようとするのはコロナワクチン騒動でもおわかりでしょう。思慮の浅いのは何をやってもダメ、恥ずかしすぎます。

変な商品を売りつけたり、宗教団体を作ったり自分の名前や嘘をネット上で喚き散らす者など、医学の目的をすっかり忘れて健康維持とは関係ないことをし出す輩もいます。

役立たず口だけの専門家にきいてもムダだから

重曹の効果に根拠が欲しくて有名な先生の太鼓判がほしいと泣き叫ぶ者がいます。その有名な先生は残念ながら、インチキ毒ワクチン販売によるカネ儲けや、目立って再生回数をかせぐことばかりに頭いっぱいで夢すら詰め込めません。

おかげさまで自堕落な生活が改善できず、さらに白髪が進み、無駄な肉が厚くなっていきますが、自分の体型棚に上げ客には「やせろ」と口を酸っぱくして言うのが癖です。

まったく価値のない無駄な本を血眼になって執筆し、講演会までする始末。「名誉がほしい」とあさましく立ち回り、その汚いやり口で名誉が得られません。医師には承認欲求が異様に強すぎる者が多くみられ、ゴミ本を量産する傾向が強いのだから困ります。人間の格が低いのが多いと推測されます。

有名な先生にすがっても、お金をくれた会社の薬ばかりを宣伝するだけ、アルカリ性食品を否定して教授にさせてもらった者までいます。

成長の見込めない堕落した豚に質問しても無駄、だから自分で調べて自分で考えるのです。重曹の専門家なんてどこにもいのですから。

重曹と膵液・胃酸・腎臓

重曹(NaHCO3)は膵液の成分、胃からも分泌され、腎臓でも消費されます。

さらに残った酸は、腎臓で調節される重炭酸イオン(※3)と呼ばれる物質によって吸収され、炭酸になることでアルカリ性に働き、体内の酸度を下げます。https://www.adpkd.jp/yomoyama/vol03.html

重曹

ナトリウムの電子でアルカリ性に

重炭酸イオンを排出

炭酸がアルカリ性にしてるのではなくて、ナトリウムがしてるのですが、ナトリウムは都合が悪いので隠蔽したため、説明が狂い、炭酸のおかげを強調。二酸化炭素を溶かした水が体にいいことになり馬鹿が騙され頭皮に塗り込みます。炭酸水とクエン酸ナトリウム水は全く違います。ナトリウム自体が電子を増やすアルカリ性食品ということです。

重炭酸イオン(HCO3-)は重曹の成分です。重曹中のナトリウム(Na)を消費した結果、重炭酸イオンが発生しているわけです。ナトリウムは酸性化の逆の還元剤として働くわけです。ナトリウム(塩)が腎臓に必要とは絶対に言えない製薬会社の事情があります。陰イオンの重炭酸イオンを強調して陽イオンのナトリウムを隠す手口です。

また、重炭酸イオン(HCO3-)は 水(H2O) + 二酸化炭素(CO2) となり血液中の二酸化炭素が増えますが、解毒がはたらいた結果二酸化炭素飽和度が上がっているのであって、体調不良ではありません。酸素飽和度だけで判断すると誤ります。

重曹 NaHCO3 重炭酸イオン HCO3 ナトリウム Na
HCO3 + Na → NaHCO3

胃酸は塩酸(HCl)ですが同時に重曹も分泌されています。ストレスがたまると酸性になり、重曹を使い切ってしまい塩酸ばかりが分泌され酸性になりすぎ胃に穴があくわけです。だから重曹は胃薬扱いになっているのです。

この重曹の効果を発表して殺された外国の医師がいるそうですが、発表されたら薬屋の商売上がったりだから納得です。重曹や塩の健康効果を必死こいて隠したのです。

胃酸
胃酸は、胃内壁の中で形成される消化液である。塩酸、塩化カリウム、塩化ナトリウムで構成される胃酸は、一緒にタンパク質のアミノ酸の長い鎖を分解する消化酵素を活性化することにより、タンパク質の消化において重要な役割を果たしている。

胃酸は、食後といった、必要なときに生産を増やすためにフィードバック機構で調整されている。胃の他の細胞は、胃酸を緩衝して調整されたpHを確保するため、塩基である重炭酸塩を産生する

これらの細胞はまた粘液を作り出す。粘液は胃酸が胃を傷つけるのを防ぐための粘性のある障壁である。膵臓はさらに重炭酸塩を大量に産生し、消化管を通過する胃酸を中和するために十二指腸へ膵管を介して重炭酸塩を分泌する。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%83%E9%85%B8

重炭酸塩とは重曹のことです。

ちなみに、胃がんの原因をピロリ菌とする者がいますが、血液の酸性化によって自然発生しただけです。ピロリ菌を殺菌しても無駄です。血液の酸性化を止めるのが治療です。

つまり、体内で重曹を作って分泌してるわけです。重曹(NaHCO3)の成分を体内で作らなければなりません。塩(NaCl)が必要なのも重曹の成分の一部(Na)だからにほかなりません。でも専門家は塩も調べず、薬屋に吹き込まれたとおりに塩が健康に悪いの一点張り、おかげで体調不良の患者が続出します。

こんなカネにもならないことを健気にやってるのは当サイトくらいしかないでしょう。

血液弱アルカリにする

膵臓 膵液増える ↗
腎臓 ↗
胃 ↗
骨増える

るいネット 重曹は放射能汚染除去にも強い威力

他人に聞くこと自体が間違ってる

自らの肥満や、若いのに白髪になったのを治せない専門家にすがっても無駄です。知能が低すぎて真実が理解できません。むしろ、質問したことを恥じるべきです。腐りきった豚に一瞬でも頼ろうとした自らの愚かさを。

重曹・クエン酸の効能を満足に説明できた者はいないでしょう。はっきりいって未踏区域です。経験則で効果があるとわかってるくらいなら相当マシなほうです。専門家に質問するのは野暮ってもんです。

現代医学が風邪もハゲも白髪も治せないのはこの点にあるからです。現代医学と製薬会社が最も触れられたくない場所であり、質問しても専門家が否定したり、聞こえないふりをしたり、暴れたりキレたり茶化したりするのは当然です。治る方法なんて出てきたら医師のやってきたことがすべて有害無益と証明されますから。

戦争がなくなればこまるのが軍事産業ですが、病気が失くなって困るのは薬屋です。だから病気を治せない研究に賞を与えたり、インチキ学説を定説にしたりしているのです。そんな彼らが重曹やクエン酸を研究するわけがありません。

関東より北に住むなら血液を弱アルカリに保つ意識がこれからは必要です。血液の酸性化を止めて自分の健康を維持できないと、応援しようたってムリな話です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!