NO IMAGE

低線量被曝の影響で一時的に症状がよくなるわけ

NO IMAGE
Sponsored link

https://atomica.jaea.go.jp/data/detail/dat_detail_09-02-08-09.html

放射線被曝は体に悪いはず。低線量被爆で逆に具合がよくなるなどのデータもあり、体にいいのか悪いのか判断できなくなった偉そうな方々。

血液のpHと逆分化作用の知識がないから説明に窮するのです。

造血器官と逆分化作用

人間の造血器間は腸であることをはっきりさせなければなりません。現代医学では造血器間は骨髄とされていますが間違いです。

白血病になったからといって骨髄を移植したとしても意味がありません。造血期間では無いのですから。骨髄を移植するという時点で白血病はがんとは関係ありません。

原因は血液の酸性化により骨が減っていることで起こります。血液の酸性化が進みすぎで赤血球の正常な成長が阻害されてるわけです。血液の酸性化が進むと毒素を排出できず、異物と結合したまま赤血球が成長し病的細胞に成長します。また、血液の酸性化は骨が溶けて相殺されみかけ上のpHは変化しないようにみえますが、相殺してもしきれなくっている状態です。運動のしすぎは関係あります。

骨髄を移植しても医師の投与する薬品の解毒・血液のpH維持のために相殺、消滅するだけなので無意味です。がんの発生とpHは関係がありますが薬品で治療は無理&有害無益です。

水泳選手の白血病が話題になりましたが、血液の酸性化により進行します。骨が脆い体質は水に浮きやすく競泳では有利との諸刃の剣です。仮に回復のために骨を強化すれば泳ぐのが遅くなり名誉は得られません。

現代医学ではいまだに血液はどこで作られるのかがはっきりしていません。

腸内環境を整えると良いというのも、腸内環境が良くなればまともな赤血球が増えてまともな肉体になるわけです。人間の腸は植物に例えると根です。ここまでわかっていてまだわからないと製薬マネーにどっぷり浸かった偉そうな学者が騒いでいるのです。

血液のpHを上げて解毒

血液が酸性化すると骨が溶けます。その結果、血液のpHが上がります。そして解毒作用が高まるわけです。血液は各種臓器器官になりますが、血が足りなくなったりすると逆に臓器や器官が赤血球に逆戻りします。これが赤血球の逆分化作用です。

お酒を飲んだり甘いものを食べたりすると一時的に血液が酸性化して骨が溶け、溶けた成分が体にまわって血液のphが上がり還元反応により解毒が進む、このような健康法もないわけではありません。運動や断食や少量の飲酒も赤血球の逆分化作用を使った健康法です。

しかし、この方法には問題があります。というのも、骨を溶かすことになるので骨が減っていきます。やればやるほど骨が少なくなり、最終的に具合が悪くなってしまいます。普段から健康に気をつけてまともなものを食べて骨を強化していれば、この方法で健康にはなれます。

軽い運動は健康にいいですが、激しい運動になると骨が溶けすぎて逆に不健康になります。日ごろから不健康な生活をしている方は骨の弱い人はこれをやると逆に弱くなってしまいます。

低線量被曝の意味がわからない研究者

低線量被曝もそれが短期間ならば、骨が溶けてpHが上がり解毒作用が高まり健康になります。

大した問題にはならないのですが、長時間被爆した状態で晒されれば、骨がもろくなってきます。

低線量被曝だから低線量被曝は確かに寿命決めるものではなかったというデータも不思議ではありませんが、短期間のデータではダメです。

低線量被曝で一時的に健康になったからといって放射能をばらまくような政策は好ましくありません。

血液を作っているのかもともとある臓器が逆分化作用によって血液に戻っているのかの違いすら現代医学では全く理解できない始末。この違いを一流の研究が理解できず白血病と診断して発がん性物質を注入したたり、放射能が体にいいと妄想に浸るのだから世も末です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">