芸能人が心筋梗塞でバタバタ倒れるわけ

最近耳にしすぎておなじみになった心筋梗塞。芸能人も例外ではありません。心筋梗塞でなくなるのが当たり前みたいな感じになっていますが、以前はこんなことはありませんでした。

その心筋梗塞って一体何なのでしょうか。そしてどのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。原因を考えなければいつまでたっても対策や回復できません。原因を考えないで対症療法をやっていても無駄か逆効果に終わるだけです。

心筋梗塞

心筋梗塞は心臓の筋肉に酸素や栄養総供給している血管が詰まり、血液が行き渡らなくなり、貧血状態になることをいいます。突然起こるものが急性心筋梗塞で一般的には心臓麻痺・心臓発作とも呼ばれています。心臓周辺の血管がどういわけか詰まってしまうのです。でも実は原因は同じです。

放射能の影響

考えられるのが放射能の影響です。放射性物質が体内に入ると血液を急激に酸化させることになるので血液を固まらせます。血管が詰まってしまうのも想像に難くありません。

放射性物質と結びついた赤血球が細胞になるためにガンができたり、体の他の部分の血管が詰まるのも同じメカニズムといえるでしょう。血流の最も悪い部分から血液が固まり病気になるというわけです。人によって血流の悪い部位は異なります。

アルカリ性に保つ

対策は血液を弱アルカリ性に保つことしか方法はありません。血液が酸化することが原因で血液が固まってしまうのなら、固まりにくい血液を作ることが対策になります。アルコール・スイーツ・美食などの自堕落な生活は血液を酸化させます。贅沢をしていると後がひどいです。

病院に行っても一時的な対処にしかなりません。手術をしても一時的なもので、血液が固まりやすい状態は変わっていません。処方薬には副作用があり、体にとっては不要。血液が酸化したり、副作用で病になることもあります。専門家の方々は見かけだけの症状を抑えればいい、と教えられているようですが、原因を考えない短絡的な治療では犠牲者が増えるだけです。

塩分控えめで水分がなくなる

塩分を控えるのが当たり前のような空気になっていますが、かなり危険です。というのも、塩分を取ると血液中の水分量が増え血液が固まりにくくなります(水分が増えると血管を押して高血圧になるという人がいますが、血液が薄くなり軽くなるため単位面積当たりにかかる圧力は下がります)

海の水が凍りにくいのも塩分が含まれているから。しかも塩の成分であるナトリウムは電子を放出してくれるので血液の酸化を防止してくれるのでありがたい物質。塩が体に悪いと広める専門家や医師の存在はやっかいです。

都会は不利

芸能人が働いているのはもちろん東京ですよね。自然のない大都会は放射能にめっぽう弱いです。というのも、自然は光合成によって電子を放出しています。自然が近くにあると放射能から身を守りやすくなります。

都会では自然がほとんどないので、電子を受け取ることができずどんどん酸化します。空気が悪いということは自然を馬鹿にしすぎたということ。都会で病人が増殖するのも納得できます。

水が汚い

都会の水は汚いです。東京の水の上流から流れてきた水を洗って再利用しているのですから。。東京の水がおいしいと言ってる人は問題があります。汚い水を飲んでいて体が悪くなるのは当然です。

単にペットボトルで水を飲むだけではなく、あらゆる料理に水が使われますから、食事をしてるだけで体が悪くなります。食品添加物・遺伝子組み換え食品・電子レンジでの調理が拍車をかけ、最悪な状態の食品を食べていることになります。

実は原因は一緒

脳梗塞・認知症・ガンなど、表面的な病名はありますが、その原因はすべて一緒。血液が酸化して固まりやすいから。芸能人をバタバタ倒れてニュースになるのも無理はありません。

ちょっと調べればわかることですが血液が中心的存在は赤血球であり、その中心には鉄があります。その血液から細胞ができていることが理解できない専門家は、何をやってもろくな結果にはならないでしょう。半端な体操を考案しても効果ナシ。

血液をさびさせないこと。芸能人だけでなく、一般の方々も口に入れるもの注意すること。自然の少ない場所では体が悪くなりやすいことは覚えておきましょう。都会から都会に逃げても効果が薄いかもしれません。お金を儲けて快適な暮らしを楽しんでいると、心臓周辺の血管が前ぶれもなく詰まってしまうかもしれませんね。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!