がん 他界 治療

がんで他界しているのではなく治療で他界

がん 他界 治療

がんで他界は真っ赤なウソ。
医師が治療で他界させている。

がんなんか前からあったのに、検査で運悪く発見されてしまう。
治療を始める前は元気だったのに、入院したらあっという間に衰弱して死亡。
食事療法でがんが取れて持病が改善していた患者が急変して死亡退院。

他界の原因ががん、はウソです。治療で他界しています。このデマに気がつかない人が多すぎます。

標準治療は全く効果がないどころか

がんの標準治療と呼ばれるものは手術によるがんの切除、抗がん剤治療、放射線治療と呼ばれるものですが、このすべてが全く効果が上がっていないどころか逆効果。

ものすごい上級国民の治療になると、抗がん剤で出世しまくったT大医師が標準治療ではなく乳房温存治療を勧め、しかも大好きな抗ガン剤は控えるわけです。下級国民は点数稼ぎになりますが、上級も過ぎると非難され責任を取らされます。

あまりにも偉い人を死亡させれば歴史に名前が残ってしまいますから。死なせないようにダメージを与えず慎重にしているわけです。

ホルモン剤による治療を検討しているそうですが、ホルモン剤にある発がん性をどう説明するのか。治療するする言って何もしないのかは見ものです。

ここまでがんの原因と無関係の治らない治療ばかり次から次へと思いつくのだから、必死になってわざと正解を避けているんじゃないの?と疑いたくもなります。

国会議員でもだまされて死亡する人がいるようで、早期発見早期治療で死亡したにもかかわらず、元仲間の国会議員は、現実がわからないのか、いいイメージを作りたいのかはわかりませんが、早期発見が大事、というデマをまき散らかしています。片棒を担がされて気がつかない人もいます。

がんの原因

がんの原因は血液の酸化です。放射能は血液を酸化させるのでがんの原因となります。

抗がん剤のような毒性の強い薬は、がんの原因になります。発がん物質を体内に入れているわけですから、がんだらけになるのはあたりまえです。抗がん剤を投与して体内ががんだらけになる現象を専門家は「転移」と言っています。何度もやっているのですが、毎回驚いたような顔をして演技をしています。「え?急に、やっぱり…」みたいな。

手術は免疫力を低下させるだけで、放射性物質の排出を促しているわけではありません。弱ってどんどん衰弱します。

あげくのはてには、膵臓や腎臓のような血液の酸化を抑える大切な臓器を切ってしまい、手術が終わったら急にがんだらけになって衰弱して死亡、ということも。膵臓や腎臓が血液が酸化するのを防止して、がんを防いでくれることが専門家には理解できません。

がんの原因

https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧#グループ1
グループ1が最も危険。ガンのステージと逆なのが紛らわしい。上位に抗がん剤。抗がん剤推進はわざとやってるとしか言い様がない。
Radiation-induced cancer(放射線誘発がん)

浸潤がんの最大10%が放射線被曝、特に電離放射線に関連しています。さらに、非侵襲性がんの大部分は、紫外線によって引き起こされる非黒色腫皮膚がんです。 電磁スペクトル上の紫外線の位置は、電離放射線と非電離放射線の境界にあります。 携帯電話、送電、および他の同様のソースからの非電離無線周波放射は、世界保健機関の国際がん研究機関によって発がんの可能性があると説明されていますが、その関連性は未だに証明されていません。(翻訳済み)引用:Radiation-induced cancer

都合が悪いので証明されないし日本語訳もありません。

がんの原因ははっきりしています。でも専門家は口をそろえて「ストレス、ストレス」と吹聴します。

がんの2大原因

  • 放射線
  • 発がん物質(抗がん剤・ワクチン・一部の処方薬など毒性の強い薬)

抗がん剤を患者に打てば、発がん物質を体内に入れるのでがんだらけになります。がんの原因を体内に入れ込めばがんは作れますから、原発性や転移かなど論じるのは意味がありません。

このことを知っている医師もいます。悪化させる目的でわざと患者に内緒で抗がん剤を打ち、急にがんが進行したと見せかけて説明は芝居、だまして点数を稼ぐといった悪行を繰り返す医師もいます。抗がん剤で食ってるんだから仕方ありません。抗がん剤を否定されれば怒るし、断られればだましたり、無理やりにでも打ちます。

このような医師のいる病院の一角では、患者が次々と急変して死亡、という例が後を絶ちません。表には出ていないだけで。

患者が急変すると、偉い先生がタイミングよく出てきて、

「がんはこのように急に急変する怖い病気なんだ、早期発見が大事なんだ」

という説明を真に受けて疑わない若手医師や看護婦。洗脳もうまくいきました。

患者をわざと薬品で死亡させた犯人が、その説明をした目の前にいる外科部長である、なんて疑いもせず福利厚生のしっかりした病院で親も安心、のうのうと働いていました…なんてことも。

「犯人はこの中にいる」のです。

犯人が死亡診断書を書くわけですから、事実を書くわけがありませんよね。本来ならば死因は「薬物」と書かなければいけません。抗がん剤を打ちまくり、死亡診断書の偽造を何千と繰り返している医師が、懸命に頑張る医師や必死に寄り添う名医とか言われるのだから、現実の見えない人の言うことはあてになりません。

医師は善人だから絶対に悪いことなどしない、というのは幻想。犯人は立派そうな先生でした、ということも。残念ながらこれががん治療の現実。偏差値があまり高くない地方の医学部を出ているのに、やたらと早く出世している医師などは要注意です。人に言えないことを裏で何かやっている可能性が大ですよ。

偽医療を避ける知恵をもて

患者をわざと死亡させておいて、がんのせいにして記憶を上書きするがん専門医。現実を受け入れられず、治療そっちのけで早期発見に勤しみ犠牲者を増やす。悪徳な専門家を信じ続ける無知な国民は、病死で片付けられる患者が、医療の食い物にされていることを知らず、明日は我が身とも思っていません。今の時代に必要なものは医師に貢ぐ金ではなく、偽医療を避ける知恵です。

がん 他界 治療
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!