放射能って大変で逃げたい鳥

芸能人の体調不良の影にある放射能

放射能って大変で逃げたい鳥

原子力発電所の事故で有名になった放射能は、体を貫通するほど目に見えない小さな粒子。

この放射能の量が増えていることが、芸能人だけでなく、私たちの体調不良を引き起こしている可能性があります。

目に見えるものばかり信じている専門家は放射能を認めようとしません。お金や出世しか頭にない人には放射能の危険性を理解できないのです。

「あのタレント、急に老けたわ」
「あの番組の出演者がみんな実験に失敗したあとの科学者みたいに真っ白になってた。燃え尽きたのかしら」
「整形が崩れて顔が変わったみたい」
「こんな顔だったっけ・・・」

有名人や芸能人の老化・劣化が最近になり目立っていると思いませんか。偶然ではありません。目に見えないものを原因不明で片付けたくなるのは当然なのかもしれません。

放射線を浴びると酸化する

放射線を浴びると体が酸化します。化学でいうと、電子を失うことを意味します。体が酸化すると、老化につながり、病気にかかりやすくなります。

放射能も放射線も同じような意味です。放射線を浴びせる治療法や検査があります。医療被曝を起こして胎児に悪影響が出たり、ガンになると言われています。とても医学とは言えない代物です。

いまだに「健康被害なんてない」とか、ひどい人になると「体にいい」とか言う人もいます。放射能はありがたくないものです。

血液の酸化が病気の原因なんだけど無視

病気の根本的な原因は血液の酸化といわれます。放射線は血液を急激に酸化させるので病気を引き起こします。

酸化した血液の状態をアシドーシスといい、大半の病気はアシドーシスで起こります。ドロドロ血液は血液が酸化している血液のことで、サラサラ血液は酸化してない血液のことです。

血糖値が高いのも血液が酸化している証拠で、痛風も血液の酸化だと推測されます。糖尿病も糖分の取り過ぎて血液が酸化しています。血液が酸化すると骨がもろくなり、軽い衝撃で折れてしまうのです。骨折する芸能人が多くなったのに気がつきませんか?

専門家は血液の酸化を真剣に考えようとしません。本当のことなど知りたくないのでしょう。血液の酸化が病気の原因だとわかれば、さんざん金をかけて身につけた知識や、信じてきた治療や研究と言われるものの多くが無駄か逆効果と確定します。

人生が無駄だったということを突き付けられます。専門家も受け入れたくないほど真実は都合の悪いものです。真実を受け入れられるほどメンタルが強い人は極めて少ないでしょう。

酸化を防ぐ

当サイトでは、ビタミンや食品の陰陽などを調べてきましたが、食品で血液の酸化を防げば健康になれるわけです。血液の酸化を防ぐアルカリ性食品は重要です。

食品の陰陽分類では、血液をアルカリ性にするものは中庸で好ましく、酸性になるのは極陰や極陽のもので、体のバランスを崩すといわれています。

抽象的でわかりにくい陰陽よりも、アルカリ性か酸性かで食品を分類した方が正確かもしれません。例えば、酢は酸性ですが、体にはアルカリ性として働きますからアルカリ性食品に分類されますが、陰陽別では陰性に分類されて体に悪いとまで言われている始末です。

食品の陰陽分類も完成したものとはいえないのでしょう。

放射線で体が酸化する

放射線治療というものがあります。放射線を浴びるとガンになると言われています。血液や肉体が酸化してしまうのでしょう。

そう考えるとガンの原因も、血液の酸化だと予想がつきますよね。はたしてがん治療って治療になっているのでしょうか?

細菌が原因と言う人がいます。血液の酸化で細菌は悪い働きをしだします。抗生物質で細菌を死滅させると、傷が残ったり病気の回復が遅れます。細菌を全滅させようという考えが無茶なのです。死滅させることよりも、体にいい細菌を増やすことのほうが大切です。

治療したはずの性病が、ストレスや疲労で免疫力が低下し、血液の酸化で再発するのも似たような話です。ある有名人がガンの治療していたら放射線でガンだらけになったそう。全身ガンだから治療しているのか、治療で全身ガンになったのか疑わしい話です。

放射能について無知な専門家は多く病気で亡くなったこととして隠蔽されます。放射線ではありませんが、つい先日、動物園の動物がガンになったので薬品を使って治療したらすぐに死んでしまったそうです。死因はガンだそうです。どう考えても原因は薬品です。

私たちの判断能力を低下させ現実を見ないようにマスメディアがアンコンしようと躍起になっています。

放射能を浴びれば動物だってガンになります。でも、動物のすぐれているところは自分がガンだとわからず、病院に行って三大療法を受けようとしないところです。余計なことをしないので急に悪化することはありません。自然界の動物はなんと賢いのでしょう。

都合の悪い現実が見えるか

芸能人の急激な劣化老化は偶然ではありません。放射能の影響は目に見えないものですから、現実を受け入れる力のない人には見えないのでしょう。

放射能対策は被曝をさけて、放射性物質を排出し、血液の酸化を防ぐことです。放射能対策だけではなく病気全般の対策にもなります。

血液の酸化は専門家でも口をつぐみたくなる事項です。専門家の治療といっても、血液を酸化させるものでは効果は期待できません。放射線量が増えれば専門家だって血液が酸化して判断能力が失われます。

現実が見えなくなったり、医療ミスを連発することだって不思議なことではありません。放射能をあびても病院にかからず元気にくらす動物のほうが参考になります。

放射能って大変で逃げたい鳥
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!