Sponsored link
NO IMAGE

絶対に治せない現代医学の治療法6選

  • 2021-10-01
  • 2021-10-02
  • 病気
  • 484view
NO IMAGE
Sponsored link

何かにすがりつきたいんですか?

慌ててすがると騙されて殺される。それが現代医学です。医師に騙され治療で殺される理由を考えていきます。

手術

残念ですが手術で病気が治る可能性は全くありません。

成功したかどうかは患者が生きてるか死んだか、それだけの話で、病気が治ったわけではありません。病巣部を切り取ったところで病気が治るわけではありません。

人間の病気は、異物が体内の血液と結合し、病的な細胞として特定の部位に集中することによって起こります。病的な細胞のみを手作業で取り除くことは不可能です。

このことを理解できずに同じ手術を何度も何度も繰り返し、すぐには死ななくても衰弱していくだけです。手術をしなければならないのは外傷が原因のとき、怪我をした場合のごく限られたケースのみです。

手術の合併症は手術が原因の病気

手術の合併症で死んだというのは嘘です。手術が原因で死んだのをごまかしているだけです。合併症の原因は手術です。

体内の神経を傷つけると、細菌・ウイルスが感染もなく発生し病気を作ることになります。神経を刺激すると病変ができるレーリー現象からも明らかです。治る効果もないのに安易に手術を始めた時点で医師の責任は重いですが、彼らは責任を取らず逃げ続けています。

手術で病気が治ると信じる医師は原始人と言ってもいいでしょう。外科を選択する時点でその医師は「終わってる」

外科医をが一番偉いという業界の性質をみる限り、治す気ゼロなのは「お察し」といったところでしょう。

投薬治療

薬の副作用を調べればわかりますが、薬の副作用が出るというのは病気を作っているのと何ら変わらない、ということです。薬の副作用を調べていれば病気の作り方を学べます。

薬は体に不要な化学物質ですから体内に溜まって病的な細胞を作ることになります。

専門家はこのことが理解できません。自分の処方した薬で病気になっているのに、さらに病気がひどくなったと信じてさらに患者を悪化させます。

患者が食事療法などで回復すると医師は「薬のおかげ」と自分に都合よく考えさらに薬を出し、患者は「こんなに飲めるわけねえだろ馬鹿が」と薬を捨てていたりします。

どっちが医師なのかもうわかりません。

薬でがんになることを知らない専門家

大きな病院では、難病患者に免疫抑制剤などのステロイドをポンポン出し、多くの患者がどんどん発がんします。内科にかかっているうちにがん治療に送られて、がんだらけにして殺される、というくだらないループが繰り返されています。

処方してる医師は免疫抑制剤で発がんするなど夢にも思っておらず、がん専門医が抗がん剤が発がん剤であることも受け入れられず、自分で殺している現実も理解しようとしません。現実から逃避をするため「自分は良いことをしているんだ」と思いこもうとする者も多数いますから反省の色がありません。

専門家と呼ばれる人々はネットを使って薬の副作用すら調べていません。おくすり110番すら見ていません。「ネットは嘘だから」と。自称専門家は何も調べません。ただ何となくやっているだけです。

IARC発がん性リスク一覧
https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧

ステロイドの副作用
https://ja.wikipedia.org/wiki/ステロイド系抗炎症薬の副作用

調べたこともなくパンフレットを見て適当にやってるのです。こんな人たちのやることに根拠もエビデンスもありません。こんな連中がやれ論文だ、やれエビデンスだと適当にやっているのです。

放射線・光線治療

癌の治療では放射線治療というものがありますが、結局のところがんになったり骨が折れたりして何の利益もありません

CT スキャンは放射線で体を傷つけるだけです。電磁波を当てるものも同様です。血液を酸性化させて病気になるだけです。

検査

検査をしなければ気がすまないという人は医師になってはいけない人です。

医学と法学は「みなくてもわかる能力」がない者がやるとトラブルを確実に起こします。だからトラブルだらけなのですが。試験の点数は関係なく、むしろ上記能力がない人間のほうが点数が高かったりするので、欠格者がなってしまっているのが現状です。

人生の目的が金・出世の方は原因を無視し数値に振り回されるので失敗を繰り返し不正を隠蔽する結末を迎えます。

検査の数値をコントロールすれば病気が治ることにはなりません。写真に異常が見られたから手を突っ込んで治そうとしたら殺してしまったり障害が残ってしまったりなど……

体内の様子を確認するために放射線・電磁波を当てるのは血液を酸性化させてがんの原因となり健康によくありません。

いくら検査をして早期に病気を発見しても何にも治せないわけです。それどころか発見しようとして新たな病気を作ることにもなります。

検査で見えるものはすべて結果であり、原因ではありません。結果を発見していじくり回したところで治るわけがありません。

一般人もこのような検査を進んで受けようとする人がいますが、はっきりいうとお勧めできません。

ご自分の生活習慣の改善のために計測するのはいいことですが、これらの検査の数値をコントロールするために薬を飲む、手術をするなどというのなら全くお勧めできません。それどころか逆効果になります。

病気を素早く発見できる機械を様々なメーカーが開発していますが、どんなものが出てきても百害あって一利なしです。

予防医学

体の中に毒物を入れ抗体を作って病気を防ぐ、これは完全に間違っています。体の中に薬物を入れると病的細胞ができて病気の原因になるだけです。病気になりたくなかったら体の中にワクチンなどの薬品を入れろというのは薬屋の作り出した嘘です。

病気の進行は止められるけど治せない
病気が酷くなったらどうしようもないから予防しろ

などという宣伝文句も完全に嘘です。

予防することも進行を止めることも現代医学では無理です。全て悪化させる方向に向かいます。医師の行ってきた治療は全て血液を酸性化させるものばかり。患者をバンバン殺してお金だけは儲かる仕組みになっています。

▼ 耐性菌を育てるだけの抗菌薬と流行するインフル ▼
https://kenkou-maintenance.com/immunity/20190015/

人工呼吸器・人工空気・酸素吸入

人工呼吸器や酸素吸入について人工的に作った空気を吸わせることによって肺が駄目になります。そしてどんどん呼吸困難になっていくわけです。

人口の空気も自然の創り出した空気も同じといった低レベルの医学を勉強しているわけですから、いつまでたっても治りません。

具合が悪くなった人には酸素吸入を行う。そしてその理由もさっぱり分からない。でも、周りの医師がやっているからやってるといった低レベルの専門家が多すぎます。

具合が悪くなった患者を無理やり窒息させているだけです。

遺伝子治療

これもうまくいきません。がんの遺伝子治療もありますが、

がんは赤血球に発がん性物質が付加されて細胞に成長したものです。逆に、がん細胞が赤血球と発がん性物質に分かれる逆分化作用もあります。

だいたい抗がん剤でがんだらけにできるわけです。医師にも故意に抗がん剤を注入し、がんの進行を自作自演し殺人を繰り返している者もいるくらいです。

発がん性物質を注入してできるものを、遺伝子を改変する薬品を注入して治るわけがありません。がんの原因は遺伝子のバグではありません。

がんに攻撃しても血液を攻撃するだけです。血液が弱アルカリ性になると出血して取れるので遺伝子治療は無用です。

遺伝子治療など、どうせ遺伝子を変える変な薬品をいれるだけです。正常な赤血球と結合し病的細胞ができたり、がんになったり病気になったりするだけです。遺伝子いじるとたいていがんになります。

ちなみに遺伝子は核酸であり、その核酸は赤血球からできます。などの発がん物質を入れず、血液中の赤血球を正常化すればいいだけです。

研究者なんか酷いもので、ことごとくうまくいかない方法ばかり研究して「こんなんで治るわけがねえのによwww」と内心で馬鹿にしているのです。

東洋医学

東洋医学では薬品を使った治療に医薬品を使った治療は最下等とされています。結局、薬なんか飲んでも体に不要なものを体内に入れるだけで、何も治らないとということが分かっているからです。

具合が悪くなった医師は、薬は飲みたくないし手術も受けたくないからと東洋医学にかかる者もいます。それなら患者も東洋医学の先生にはじめから相談すればいいだけの話ですが。

普通の医師で漢方薬もできるなどとほざいてはいますが、根本的に考え方が違います。漢方薬の名前を記憶してできそうなフリをしてるだけです。症状に合わせて処方して失敗するのがオチです。

東洋医学では鍼灸・針治療なども最下等とまではいいませんが、好ましい治療ではありません。治療後数日で効果がなくなるからで、自分で行うのも困難です。

東洋医学の先生に相談すれば治ると言ってるわけではありません。東洋医学を語るヤブもいます。鍼灸・針治療ではさすがに限界があります。最終的には食事療法を自力で行い、血液を弱アルカリにしていく方法しかありません。

東洋医学において食事療法は最高の治療となります。それが医食同源という意味です。食事療法をなめている者がいますが真面目に研究していません。そんな輩に限って頭は真っ白、肌は真っ黒、ビタミン剤とサプリ勧めてコンビニ弁当にマイクロ波を照射して食べて死相がみえているのです。

▼ 原因不明の体調不良に欠けがちな解毒の視点 ▼
https://kenkou-maintenance.com/sick-condition/sc0010/

これからも永遠に効果なし

一つ一つの医療行為について専門家の方々が全く考えておらず、ただみんながやっているからという理由で漫然とやっているだけ、と言ったレベル。自分が患者だったらこんな治療は受けないと言っているのですから詐欺です。

結局、専門家の方々は患者を一人も治すこともせず、何もしてこなかったということです。

そんなわけで、上記の治療法は全く役に立たず、これからも何も全く利益を生み出すことはないでしょう。専門家はうまくいかなかった方法を必死になって信じ込み意地になって患者を犠牲にするだけ。自分が具合が悪くなったら東洋医学にかかったり、大枚をはたいて名医を探したりする名医が出てくるわけでなのでした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock