NO IMAGE

ミトコンドリア酸性化を止めて解毒

NO IMAGE
Sponsored link

解毒のために、ミトコンドリアとpHの関係をみていきます。

生体に生じる還元酸素種生成に基づく酸化的ストレスと種々の疾病,発癌,老化との関連が強く示唆されている。これは還元酸素種の生成により開始するラジカル連鎖反応で,この結果,生体膜や核酸が酸化的修飾を受ける為と考えられている。

急激な酸化的ストレスとしては手術や臓器移植時の虚血再瀧流障害があげられ,多くの研究がなされている。現在,虚血時の障害についての解析が進んでいるが,再濯流時直後の障害は酸素ノfラドックスや抗酸化物ノfラドックスの言葉で述べられる様に不明な点が多い。虚血状態で細胞はエネルギー枯渇による還元障害を起こし,再濯流により酸素が流入すると還元酸素種の生成が起こり不可逆的な酸化的障害が進行し,細胞死に至ると推察されている。
https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/24304/1/2_P42-46.pdf

酸化的ストレスじゃなくて酸化だから

アルカリホスファターゼ

アルカリホスファターゼはアルカリ性条件下でリン酸エステル化合物を加水分解する酵素である。最適pHは10.2である。

肝臓をはじめ、腎臓、骨芽細胞、胎盤、小腸など、広く全身に分布するが、その大部分は細胞膜上に局在しており、その一部が血清中に放出されて、わずかに存在しており、血清中に存在するALPのほとんどは肝臓型または骨型のALPである。

血清中のALP濃度が上昇する場合には、これらの臓器の壊死や破壊に伴う修復活動として細胞再生が行われており、これに伴ってALPの合成亢進が行われ、血中への放出が進んだものと考えられる。前述の臓器に損傷があった場合いずれの場合もALP値の上昇を招きうるが、臨床検査ではALPは主として肝機能の指標の一つとして扱われることが多い。

wikipedia アルカリフォスファターゼ

ALPは上述の通り、骨芽細胞にも多く存在するため、その活動が活発化している骨格形成期にあたる乳幼児~思春期にかけては基準値が大きく異なっている。骨折時にもALP値が上昇することが知られている。また、胎盤にも多く存在し、妊娠後期~分娩後数週間の血中濃度は基準値の数倍程度の高値を示す。

誰がどーみても骨の成分を放出して回復を図っています。
骨の強化が解毒に必要。

DNA修復

DNA修復とは、生物細胞において行われている、様々な原因で発生するDNA分子の損傷を修復するプロセスのことである。

DNA分子の損傷は、細胞の持つ遺伝情報の変化あるいは損失をもたらすだけでなく、その構造を劇的に変化させることでそこにコード化されている遺伝情報の読み取りに重大な影響を与えることがあり、DNA修復は細胞が生存しつづけるために必要な、重要なプロセスである。生物細胞にはDNA修復を行う機構が備わっており、これらをDNA修復機構、あるいはDNA修復系と呼ぶ。

損傷の原因

DNA損傷の原因は、以下のように分類することができる。

正常な代謝に伴って副生する活性酸素による攻撃といった細胞内に起因するもの
環境由来のもの
紫外線照射
X線、あるいはγ線といった、波長の短い電磁波の照射
ある種の植物毒素
タバコの煙からの炭化水素など、人造の変異原性物質
癌の化学療法あるいは放射線療法
https://ja.wikipedia.org/wiki/DNA%E4%BF%AE%E5%BE%A9

がんの治療なんかDNA損傷してるだけで治療でもなんでもない。
ガン専門医が真面目な顔して馬鹿なことばっかりやってるよ。

ミトコンドリアの機能不全

細胞が老化すると、酸化ストレスの蓄積に起因するミトコンドリアの完全性の喪失が始まります。ミトコンドリアの機能不全はアポトーシス誘導の増加など、老化に関連する様々なイベントを引き起こします。
https://www.merckmillipore.com/JP/ja/life-science-research/jp-academicinfo/aging/mitochondrial-dysfunction/81ub.qB.2uUAAAFWhE4NDtBE,nav

液胞内のpH上昇によるミトコンドリアの機能不全が、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)の寿命の決定因子であることが明らかになった。液胞の酸性度は時間とともに低下することが示されているが、これから十分長く生きる可能性のある新生細胞では、pHが初期状態にリセットされる。カロリー制限は、保存された栄養感知経路を介して液胞の酸性度を上昇させ、寿命を伸ばし、ミトコンドリアが機能不全に陥るのを妨げる。酸性度の変化によってミトコンドリアの機能が損なわれるのは、液胞内腔のアミノ酸貯蔵量が低下するためらしい。これらの知見は、アミノ酸とグルコースが一緒になって寿命を調節するという機構を示しているのかもしれない。
https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/41037

液胞は老廃物を貯める
アルカリ成分が捨てられた状態。
誤解を招くタイトル。細胞内ではなく液胞内である。細胞内にある液胞のpH上昇である。

液胞

液胞は、生物の細胞中にある構造のひとつである。

電子顕微鏡で観察したときのみ、動物細胞内にもみられる。主な役割として、ブドウ糖のような代謝産物の貯蔵、無機塩類のようなイオンを用いた浸透圧の調節・リゾチームを初めとした分解酵素による不用物の細胞内消化、不用物の貯蔵がある。ちなみに、不用物の貯蔵についてであるが、秋頃の紅葉が赤や黄色をしているのは、液胞内に色素が不用物として詰め込まれているからである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%B2%E8%83%9E

ミトコンドリア

ミトコンドリアは真核生物の細胞小器官である。二重の生体膜からなり、独自のDNAを持ち、分裂、増殖する。mtDNAはATP合成以外の生命現象にも関与するほか、酸素呼吸(好気呼吸)の場として知られている。

また、細胞のアポトーシスにおいても重要な役割を担っている。mtDNAとその遺伝子産物は一部が細胞表面にも局在し、その突然変異は自然免疫系が特異的に排除する。ヒトにおいては、肝臓、腎臓、筋肉、脳などの代謝の活発な細胞に数百、数千個のミトコンドリアが存在し、細胞質の約40%を占めている。平均では1細胞中に300-400個のミトコンドリアが存在し、全身で体重の10%を占めている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2

機能

ミトコンドリアの主要な機能は電子伝達系による酸化的リン酸化によるATPの産生(ADPのリン酸化)である。

細胞のさまざまな活動に必要なエネルギーのほとんどは、直接、あるいは間接的にミトコンドリアからATPの形で供給される。 しかしそれ以外にも多様な機能を持っており、ステロイドやヘムの合成などを含む様々な代謝、カルシウムや鉄の細胞内濃度の調節、細胞周期やアポトーシスの調節などにも大きく関わっているとされる。ただしすべてのミトコンドリアが上記の機能を担っている訳ではなく、あるものはある特定の細胞でのみ機能している。こうした様々な機能には多数の遺伝子が関わっており、それらに変異が自然免疫で排除されないとミトコンドリア病を引き起こすことになる。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2

ミトコンドリア内ではクエン酸回路で代謝が行われます。

真核生物の場合、クエン酸回路の反応を担う酵素群はミトコンドリアの基質または内膜上に存在している。同様に、解糖系によって得られたピルビン酸もミトコンドリア内でアセチルCoAへ変換される。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%9B%9E%E8%B7%AF

関連記事

何となく疲れる、その原因を考えたことありますか。実はかなりのレベルまで解明がされています。疲労原因を分解するクエン酸サイクルは病気リスクを下げます。血液の汚れは疲れにつながり、体調不良の原因となります。人間の体に備わった素晴[…]

体調不良の原因となる乳酸と分解するクエン酸サイクル

クエン酸サイクルでは、サイクルの一回転ごとにすべての中間体(例えば、クエン酸、イソクエン酸、α-ケトグルタル酸、コハク酸、フマル酸、リンゴ酸およびオキサロ酢酸)が再生される。 したがって、ミトコンドリアにこれらの中間体のいずれかを追加して加えることは、追加された量がクエン酸サイクル内に保持され、中間体の一つが他方に変換されて順次増加することを意味する。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8%E5%9B%9E%E8%B7%AF

クエン酸サイクルの中間体であるクエン酸を取れば活性化できるわけです。

ミトコンドリア病

ミトコンドリア病は、細胞小器官の一つであるミトコンドリアの異常による病気である。1980年代から脚光を浴びるようになった。障害の起こる部位に因んで、ミトコンドリア脳筋症、ミトコンドリアミオパチーとも呼ばれる。

概要
ミトコンドリアの変異が原因になって、十分な好気的エネルギー産生が行えなくなることによって起こる。昔の推定と違い、最近の研究では必ずしもミトコンドリアDNAの異常が原因でないことがわかってきた。ミトコンドリア病は、このエネルギー需要の多い、脳、骨格筋、心筋が異常を起こすことが多い。体内全てのミトコンドリアが一様に異常をきたすわけではないため、多彩な病態を示す。また、嫌気的エネルギー産生機構が異常に酷使されるため、代謝産物の乳酸やピルビン酸の蓄積を来すことがある。糖尿病様の病態を示すこともあり、実際、糖尿病の1%はミトコンドリア病であると考えられている。ミトコンドリア病には核遺伝子の変異によるものもある(チトクロームc酸化酵素欠損の一部)。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%97%85

血液pHの低下だろ

ミトコンドリアマトリックス

ミトコンドリアマトリックスは、ピルビン酸その他の小さな有機分子の酸化を触媒する可溶性酵素を含むミトコンドリアの部分である。

マトリックスはミトコンドリアDNAとリボソームも含む。「マトリックス」という用語は、この空間が細胞質と比較すると粘着質であることに由来する。細胞質の水分含量はタンパク質1mg当たり3.8μlであるのに対し、ミトコンドリアマトリックスでは、タンパク質1mg当たり0.8μlの水分含量である。ミトコンドリアがどのようにして、ミトコンドリア内膜内外の浸透圧の平衡を保っているのかは分かっていないが、膜は、水の輸送を調整する導管と考えられているアクアポリンを持つ。ミトコンドリアマトリックスのpHは、約7.8である。

wikipedia ミトコンドリアマトリックス

血液のpHが7.4に保たれているメカニズム

哺乳類の血液のPhが、7.4に保たれているメカニズムを教えてください。

殆どの哺乳類の血液は、腎臓の働きによりPh7.4に保たれているそうですが、腎臓は、いかなるメカニズムで血液中の酸性物質やアルカリ性物質を排泄しているのでしょうか?

Wikipedia尿より
http://ja.wikipedia.org/wiki/尿
血液やリンパ液、組織液、細胞液などのpHは、
ホメオスタシス(恒常性維持機能)によって
通常pH7.4±0.05に維持されているそうです。

Q2.腎臓は、いかなるメカニズムで血液中の酸性物質や
アルカリ性物質を排泄しているのでしょうか?
Ans2. 酸塩基平衡だそうです。

1.炭酸緩衝系および肺の二酸化炭素排出
血液の pH は、主に炭酸水素イオン(アルカリ性)と炭酸(酸性)の
比によって決まる(緩衝液)。

炭酸水素イオンが減るか、もしくは炭酸が増えると血液は酸性に傾く事になる。身体中ではさまざまな酸が発生しているが、特に呼吸を代表とする酸化反応による二酸化炭素(炭酸ガス)の発生は莫大であり、これは血液に溶解して大量の炭酸となる。
これでは酸性になってしまうので、炭酸から炭酸ガスを遊離する方向に緩衝反応が進み、その結果発生した炭酸ガスは呼吸中枢を刺激し、
呼吸が激しくなって肺から排出される。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1022428135

炭酸水素イオンと炭酸の区別ができるのでしょうか。どっちも見かけ上は二酸化炭素です。

「炭酸から炭酸ガスを遊離する方向に緩衝反応が進み」では答えになっていません。炭酸が勝手に消えるからという答えです。そのメカニズムを聞いているわけです。

pHの維持
1 骨
2 還元反応

骨はアルカリ性の成分ですからpHは維持されますが、骨が減ります。

2 ナトリウムを使った還元反応
最外殻電子が1つあるので与える
酸化を止められます。

重炭酸イオン HCO3

重曹 NaHCO3 とよみかえる

重曹のナトリウムが消費されてHCO3が発生
重炭酸イオンを投与してもpHは回復しません。
透析しても回復できません。むしろ逆効果。

重曹 NaHCO3 を消費

結果 重炭酸イオン HCO3 発生

膵臓から分泌される膵液の成分は重曹と塩分です。
(製薬会社と学者が隠してる)

インスリンというホルモンに似せた薬品では糖尿が治りません。ホルモンは自分の体内で作り出すものであり、自分で作ったものでないと効きません。薬屋の作ったホルモンでは逆効果。ステロイドも同様です。

重曹と塩分で膵臓・腎臓の機能回復 クエン酸
↓ ↑
ミトコンドリアの活性化
↓ ↑
血液のpH上がる

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">