NO IMAGE

毒が病気の原因になる理由と対策

  • 2021-09-04
  • 2021-08-24
  • 病気
  • 344view
NO IMAGE
Sponsored link

専門家は毒の意味がわかっていません。

毒とは生命活動に不必要なもので当然体に悪いものです。ですが医師は何か生命活動に必要で何が不必要なのかを知りません。

何が不必要なものばっかり注入し、患者がバンバン殺して死亡診断書の内容を偽造してるわけです。

赤血球と異物が結合

毒は手で取れません。

手術しても毒は手で取るのはムリです。同じ手術を何度も繰り返すことになるだけです。手で取らないでなんとかするのが本物の治療であり医学です。

病原体とは病原体それ単体で存在していません。

赤血球と異物が結合し細胞化しています。

抗体とか炎症とかいわれるものです。毒で抗体作る馬鹿がいますがゴミです。自分の免疫が暴走し自分を攻撃するとアホなことを言ってるのがいますが毒が自分を攻撃してるだけです。

手作業でちまちま取れると考える医師は脳筋です。そんな時間も体力も患者にはありません。脳筋にかかると殺され、病気のせい手遅れのせいと小馬鹿にされます。馬鹿なのは脳筋のほうです。

体育会系の脳筋が医師になりたがる傾向が強いので困りものです。試験の程度が低いので考えずにおぼえりゃいいんだと試験ができて「しまう」ケースがあります。体育会系に頭脳労働はさせないほうがいいでしょう。暴言などのハラスメントが常態化し、最後に善意でジェノサイドを引き起こします。

あんまりにも人を殺しすぎて死んだ後どうなるかくらいは考えたほうがいいでしょう。説はいろいろありますが。

排出は逆分化作用

赤血球と異物が結合し細胞化したものは、逆分化作用による排出が可能です。

細胞は赤血球と異物に戻ることが可能です。毒がたまっている人が食事療法などをやると出血したりします。

その出血が毒です。

医師は毒の意味がわかりませんから毒出しの出血を止めようとして回復を遅らせます。

出血の意味すら考えないのです。
怪我と意味が異なります。

逆分化作用はpHを高める

逆分化作用を意図的に引き起こすには血液のpHを上げることです。

pHが下がっていると逆分化作用が起こりません。

重曹・塩・クエン酸を取り入れることです。クエン酸は酢の成分です。
塩と重曹は膵液の成分で、pHを高めるためにも効果的です。

お薬は異物ですから体内にたまります。イベルメクチンではすぐに腹と肝臓を壊し続きません。犬が捨てるだけのことはあります。

お薬を解毒するのにお薬
医師にだまされてまた医師にすがる

こんなゴミにすがりつきたいのも日本人研究者、ノーベル賞という権威にすがりたい気持ちの現れです。ノーベル賞日本人研究者のおかげでコロナが終息したことにしたいんでしょうがそのお薬は無駄です。

ノーベル賞という権威にすがりついた一般人がろくなことになったためしはありません。

副作用ないほどいい

毒出しは副作用のない方法でないとダメです。アルカリ性食事療法ならリスクなく継続可能です。効かないという者がいますが真面目にやってないだけです。

食品 → 副作用ナシ
お薬 → 副作用あり

食品 > お薬

医師の薬でないとダメ!っていうのは、がっつり洗脳にかけられてる証拠です。

食品 < お薬 ありがたやというふうに。

良薬は口に苦しと諺まで作る始末。
毒だから苦いわけですが。

ちょろっとやって「やっぱ効かねえわ」など。

自炊ができないで人任せにしている者もいます。

特に男性医師です。

患者を小馬鹿にしてるようなのが几帳面に自炊してるわけがないでしょう。自分でやってないから適当かつ好き勝手言えるわけです。
様々な品目をバランスよく食べてるなんてのも嘘です。バランスという言葉で安心したいだけです。

よほどのお料理好きでもなければ、毎日毎日そんなに手の込んだ調理などできるわけもなく面倒になり挫折するのが普通です。

他人にやらせてるかハッタリかのどっちかです。

薬品では異物になる

どうして薬を飲んでも治らないのかは薬が異物であり毒だからです。

毒は赤血球と結合し細胞化して体内に蓄積されます。

肥満なんかは毒がたまりすぎです。

病人ほど太っています。

病院通いをしている人をみると太っている者がとにかく多いです。

よくみると医師が異物を飲ませて太らせているのがわかります。

医師はカロリーのとりすぎ、努力がたりないせいの連呼。

おきまりの「治療行為は関係ない」病です。

「肥満は病気の原因だからやせなさい」

と医師が説教してますが、

「病気が原因で肥満してる」

わけです。

病気の原因は自分で取り除きなさい、患者が病気を自分で治しなさいと言ってるのと変わらず、カネはしっかり取るわけです。患者は煙に巻かれてカネは失うわ痩せもしないわで、早い話が詐欺です。

毒が蓄積されてることには思い及ばず、自分の処方した化学物質が腹にたまっていることが理解できず、やせないのが悪いんだの無意味な説教。

攻撃的な態度、患者を見下す、金銭・財物への異常な執着など、低い人格の医師も散見されますが、彼ら自身の劣悪な食習慣から生み出されるのです。狂った食習慣から汚い血液・肉体ができて、醜い行動が生まれるのですが「自分は医師だから例外」と自覚していません。

「努力がたりない」は単なる脳筋です。努力でなんとかなったら医師の存在など不要です。「努力」は努力しないで遊んでる医師や教師がよく使うワードです。

抽象的な言葉でゴマカシてるのが多いですが、なんにもできないと白状してるだけでした。

血液の本質を知らない人にすがっても

毒は赤血球の逆分化作用で排出していくわけです。

医師は血液に対する考察が上辺だけのものにとどまり甘すぎます。だから自分の肥満も治せなかったり、毒の注入もお金が欲しくて喜んでするわけです。仮に、ここまで理解してれば従来の医療行為を捨て、変革させなければなりませんが。

毒を取らない、注入しない、出すを心がけましょう。いきなり完璧にはできませんが、まずやってみて、やりながら修正し自分の食生活毒出しスタイルができ上がってきます。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">