NO IMAGE

解毒の意味が分かってない奴が多すぎる

  • 2021-09-25
  • 2021-09-24
  • 病気
  • 369view
NO IMAGE
Sponsored link

解毒って何のことだか分かっているのでしょうか?

簡単に言うけど実態は結構大変です。

解毒

解毒とは、体内に溜まった異物・老廃物を排出することです。

解毒に伴う不快な症状は、好転反応と呼ばれたり、東洋医学ではめんげんと呼ばれたりします。この、めんげんが現れなければ、解毒がうまくいってない証拠です。

好転反応(こうてんはんのう)とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のこと。反応の程度はさまざまである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%BD%E8%BB%A2%E5%8F%8D%E5%BF%9C

漢方薬の知識体系では瞑眩と呼ばれ、21世紀初頭の漢方薬の教科書では、予期せぬ症状の悪化が起こりその後、よく改善されていく場合の最初の悪化の過程であり、経験上3-4日以内持続し、1週間のこともあるとされる[1]。

漢方薬の知識体系で瞑眩(めんけん、めんげん)と言い、病状の改善が現れる前の一時的な悪化であり、経験上3-4日まで持続することが多い[1]。この瞑眩という言葉は18世紀の漢方医である吉益東洞により日本で広く知られるようになった[1]。

中国の古典の『尚書』(『書経』とも、『四書五経』に含まれる)に記載があり、日本の漢方医の吉益東洞(18世紀)により日本で広く認知されるようになった[1]。薬によって瞑眩が起きなかったら、その病は治らないという意味である[1]。

コロナワクチンの発熱は好転反応とまったく異なります。鉄である赤血球に異物が付加しておこる酸化反応です。

その毒を出すためにも発熱していて、突き進んで接種などするものではありません。毒による発熱とその毒の排出のために生体防御で発熱してるだけで、血液がきれいになっているわけではありません。

毒を出さないと生命が危険なので異物を出しながら発熱してるだけで、免疫反応ではなく、健康にいいわけがありません。

好転反応の性質

好転反応は処方薬では起こりません。血液が弱アルカリ性になっていく過程で現れる現象です。鉄である赤血球から異物が離れる還元反応です。

鉄は酸化でも還元でも発熱するので、赤血球は、酸化でも還元でも発熱することになり、具合が悪くなっても、良くなってるときでも発熱するので、表面的な症状だけ見てると見分けがつきません。

熱が出るとがんが治る、というのもここからきています。発熱が原因で治ってるのではなく、結果として熱が出ています。

好転反応が出てるのに消滅させたら治るものもなおりません。好転反応なら治療が不要なので、始めに判断することになりますが、医師は東洋医学を学んでおらず「とにかく症状を抑えりゃいい」と誤りを覚えてしまい見分けがつきません。

解毒に伴う症状

解毒には不快な症状がついて回ります。

スッと痛みが消える、わけではありません。

重症の場合には下痢・便秘・血便や血尿も出ます。吹き出物が出てきたり高熱が出たりすることがあります。フケやかゆみ・痛みも現れたりします。がん患者はがんが増えたり、腫瘍マーカーが急激に上がったりします。リウマチ患者には痛みが出ます。検査の数値は悪くなります。

解毒に伴う症状は人によって様々です。症状が続く期間も人によります。医師の処方した薬をたんまり飲んでいたりするとなかなか終わりません。wikiのように1週間で終わるならマシなほうです。

持病が悪くなったように見えるのが基本です。好転反応が軽い、ほとんどない、はそれほど重病人ではない証拠です。

誤解されるのは

好転反応はインチキな健康食品の宣伝文句でも使われることがあるので誤解されがちなワードです。

商売に悪用されるからといって、存在しないことを意味するわけではありません。好転反応が発生する条件を医師ですら知らないので悪用されやすいのです。

ワクチン打ってヘロヘロになっているのを保健所や医師が「それは免疫反応、好転反応です」というのはインチキです。

医師の方々は好転反応を知らないので、解毒の意味も理解できません。

医師の方々は血液中に異物を注入したり、必要な臓器を傷つけ切り取ることばかりやっています。これでは、血液を無駄に浪費し、血液が酸性化するので好転反応が起こりません。

解毒の意味が分かっていない方は、せっかく毒を排出しているにも関わらず「これは効果がない」と諦めてしまうことも。症状と誤解して、薬を飲ませたり手術したりで毒出しを止めてしまう医師もいます。がん患者の場合は「がんが急に転移したから抗がん剤」と殺害に至らしめます。細胞内の発がん性物質を排出しているのに。

医師は合理性を考えず、投薬・手術を癖でやってるだけなので言っても無駄。回復してても殺します。

治療の基本を知らない専門家

最初に患者を見たときに、好転反応なのか症状なのかを区別することが必要なのですが、現代医学しか学んでない医師にはこの意味が理解できません。

健康に良いものを食べて具合が良くなっているのにも関わらず、病気と誤診する可能性もあります。

具合が良くなりかかっている時にも、具合が悪くなったように見えることがあるのは知っておきましょう。患者は、不安・不快に耐える根性も必要になります。

薬を飲んで症状がスッと消えた、は治ってない証拠です。神経を麻痺させ、薬の成分は細胞内に取りこまれただけ。症状を消滅させるお薬ならいくらでもありますが、治ったことにはなりません。そのお薬も解毒することになり、後でツケを払うことになります。イベルメクチンで熱が下がった!と喜んでる方は注意です。

好転反応というポジティブな響きとは裏腹に、待っているのは医師にも頼れない多大な苦労です。この過程を知っている者なら安易に得体の知れない薬物を「ドンドン打て」とは言えません。

好転反応を理解しない医師の方々は病気治療のスタート地点にすら立てていません。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
id=GTM-5XVNZQC" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">