Sponsored link
NO IMAGE

自律神経系の改善を考える

  • 2022-02-22
  • 2022-02-21
  • 病気
  • 177view
NO IMAGE

自律神経系(じりつしんけいけい、英: Autonomic nervous system)は、末梢神経系のうち植物性機能を担う神経系であり、動物性機能を担う体性神経系に対比される。自律神経系は内臓諸臓器の機能を調節する遠心性機序と内臓からの情報を中枢神経系に伝える求心性の機序、という2つの系からなる。

交感神経系と副交感神経系の2つの神経系で構成されている。 また、腸管を支配する神経系として壁内腸神経系と呼ばれる神経系もある。発生学的には脳よりも早い。また、壁内腸神経系は第2の脳とも言われている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E7%B3%BB

 

神経の機能
随意神経系である体性神経系と対照して、不随意である「自律神経系」は循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のような不随意な機能を制御する。自律神経系はホルモンによる調節機構である内分泌系と協調しながら、種々の生理的パラメータを調節しホメオスタシスの維持に貢献している。近年では、自律神経系、内分泌系に免疫系を加え「ホメオスタシスの三角形」として扱われることもあり、古典的な生理学、神経学としての自律神経学のみならず、学際領域のひとつである神経免疫学、精神神経免疫学における研究もなされている。

Sponsored link

自律神経の改善には、休む、リラックスする、口角を上げる、笑う、など、ぼんやりしたアドバイスしかありませんでしたよね。

自律神経改善には赤血球の改善です。赤血球の改善とは血液をきれいにすることです。

現代人の生活は血液を酸性にしていきます。疲労添加物まみれの食事、市販薬・処方薬・違法薬物、医師のインチキ治療などが原因です。

抗がん剤・ステロイドでは神経マヒがおこります。自己免疫疾患が副作用とされていますが、神経がマヒしてうこかないわけです。自分の免疫が原因とするのも怪しいです。

薬品で、自己免疫疾患になるのは正常に神経細胞が作られないからです。

抗がん剤はマスタードガスと同様に、赤血球に薬品を結合させて酸素(電子)を運べなくする作用があります。ステロイドは、骨が溶けることから血液を急激に酸性に傾けます。緑内障・白内障も視神経に影響が出ていることを示しています。

神経の疾患と赤血球と骨(血液のpH)には関係があることがわかります。

重曹は自己免疫疾患と戦うための安価で安全な方法である可能性

重曹は自己免疫疾患と戦うための安価で安全な方法である可能性がある
2018年4月25日

ソース:
オーガスタ大学ジョージア医科大学
概要:
科学者によると、重曹の1日量は、関節リウマチなどの自己免疫疾患の破壊的な炎症を軽減するのに役立つ可能性があります。彼らは、安価な市販の制酸剤が、炎症性疾患に直面して治療できる可能性のある抗炎症環境を代わりに促進するように脾臓をどのように促進できるかについての最初の証拠のいくつかを持っています、と科学者は報告します。

https://www.sciencedaily.com/releases/2018/04/180425093745.htm

重曹を毎日摂取することで、関節リウマチのような自己免疫疾患の破壊的な炎症を抑えることができるかもしれない、と科学者たちは述べている。

ジョージア医科大学の科学者たちは、市販の安価な制酸剤である重曹が、脾臓に抗炎症環境を促進させ、炎症性疾患に対する治療効果があることを初めて証明した、と『ジャーナル・オブ・イミュノロジー』誌に発表している。

研究チームは、ラットや健康な人が重曹や炭酸水素ナトリウムの溶液を飲むと、胃が次の食事を消化するためにもっと酸を作るきっかけになり、脾臓にあるあまり研究されていない中皮細胞が、こぶし大の器官に防御免疫反応を起こす必要がないことを伝えることを明らかにしたのである。

オーガスタ大学MCG生理学教室の腎臓生理学者であり、この研究の責任著者であるポール・オコナー博士は、「細菌感染ではなく、ハンバーガーの可能性が高い」というのが基本的なメッセージである、と言う。

中皮細胞は、消化管のような体腔を覆っており、また、臓器の外側を覆って、文字通り臓器同士がこすれ合わないようにする働きもある。10年ほど前、この細胞にはもう一つの保護機能があることが発見された。

細胞には微絨毛と呼ばれる小さな指があり、これが環境を感知して、覆っている臓器に侵入者があり、免疫反応が必要であることを警告している。

重曹を飲むと、脾臓は免疫システムの一部であり、大きな血液フィルターのような働きをし、マクロファージのような白血球が蓄えられているところであるが、免疫反応を控えめにするように指示すると、MCGの科学者たちは考えるのである。

「確かに炭酸水素塩を飲むと脾臓に影響を与えますが、それは中皮細胞を通してだと思います」とオコナー氏は言う。

この会話は、化学伝達物質であるアセチルコリンの助けを借りて行われ、炎症に対してシフトする状況を促進するようだと、彼らは報告している。

脾臓、血液、腎臓において、重曹水を2週間飲んだところ、マクロファージと呼ばれる免疫細胞の集団が、主にM1と呼ばれる炎症を促進するものからM2と呼ばれる炎症を抑えるものへとシフトしていることがわかった。マクロファージは、傷ついた細胞や死んだ細胞の破片など、体内のゴミを食べ尽くすことでおそらく最もよく知られているが、免疫反応を求める声にはいち早く反応してくれる。

実験動物の場合、高血圧と慢性腎臓病という問題があり、オコナーの研究室は重曹について考えることになった。

腎臓の多くの機能の一つは、酸、カリウム、ナトリウムのような重要な化合物のバランスをとることである。

「腎臓病では、腎臓の機能が低下し、その結果、血液が酸性に傾くという問題が生じます。その結果、心血管疾患や骨粗鬆症のリスクが高まります。基本的にシステム全体が機能しなくなるのです」とオコナー氏は言う。

「臨床試験の結果、重曹を毎日摂取すると、酸性度を下げるだけでなく、腎臓病の進行を実際に遅らせることができることがわかったので、現在では患者さんに提供する治療法となっています」

「私たちは、重曹がどのようにして腎臓病の進行を遅らせるのか、と考え始めました」 とオコナーは言う。

重曹を摂取した腎臓病モデルでは、M1が減少し、M2が増加した。

実際に腎臓に障害がないラットモデルでも、同じ反応が見られた。そこで、基礎科学者たちは、MCGのジョージア予防研究所の研究者たちと協力して、健康な医学生を集め、重曹を水のボトルに入れて飲んでもらったところ、同様の反応が見られた。

「炎症性プロファイルから抗炎症性プロファイルへの移行は、あらゆるところで起こっています」と、オコナー氏は言う。「腎臓でも、脾臓でも、そして、今は末梢血でも起こっているのです。

この移り変わりは、おそらく、炎症性細胞の一部が抗炎症性細胞へと変換され、さらに抗炎症性マクロファージが実際に多く産生されるようになったためだと、彼は言う。また、他の免疫細胞にも変化が見られた。

例えば、制御性T細胞は、一般に免疫反応を抑制し、免疫系が自分自身の組織を攻撃しないようにする働きを持つが、この細胞にも変化が見られた。この抗炎症作用の変化は、ヒトでは少なくとも4時間、ラットでは3日間持続した。

このような状況の変化は、炎症性細胞の一部が抗炎症性細胞へと変化し、さらに抗炎症性マクロファージが実際に多く産生されたためと考えられるという。

また、他の免疫細胞にも変化が見られた。例えば、制御性T細胞は、一般に免疫反応を抑制し、免疫系が自分自身の組織を攻撃しないようにする働きがある。この抗炎症作用の変化は、ヒトでは少なくとも4時間、ラットでは3日間持続した。

この変化は、中皮細胞と、アセチルコリンの助けを借りた脾臓との会話に関連している。中皮細胞に関する新しい情報の一つは、中皮細胞はニューロン様であるということである。

「我々は、この抗炎症反応を媒介することがわかっているコリン作動性(アセチルコリン)シグナルは、脾臓を支配する迷走神経から直接来るのではなく、脾臓にこれらの接続を形成する中皮細胞から来ると考えています」とオコーナーは言う。

迷走神経は脳から始まり、心臓、肺、腸に達し、一定の心拍数や食物消化などのコントロールを助ける大きな脳神経であるが、中皮細胞のニューロン様行動には影響を与えなかったのである。

脾臓に触れただけでも影響があったことから、その影響はより局所的であったようだ。

脾臓を切除したり、あるいは動かしただけで、中皮の脆弱な結合が破壊され、抗炎症反応が失われた、とオコナーは言う。実際、脾臓を手術の時のように少し動かしただけで、それまで滑らかだった中皮細胞の覆いがゴツゴツして色が変わってしまったのだ。

「これは、人々が長い間研究してきたコリン作動性(アセチルコリン)抗炎症反応の説明に役立つと思います」とオコナー氏は言う。

現在、他の研究機関で、発作に対する迷走神経刺激のように、迷走神経を電気的に刺激して関節リウマチの人の免疫反応を抑える研究が進行中である。迷走神経と脾臓の間に直接的な関係があることは知られていないが–オコナー氏らのチームは、その関係を改めて探した–この治療法は、関節リウマチの炎症と疾患の重症度を減衰させることもあると、ファインスタイン医学研究所の研究者は2016年に雑誌『Proceedings of the National Academy of Sciences』に報告している。

オコナーは、重曹を飲むことで、自己免疫疾患の人々にも同様の結果が得られる日が来ることを期待している。

「何かを本当にオフにしたりオンにしたりするのではなく、抗炎症刺激を与えることによって、一方に押しやっているだけです。この場合、有害な炎症から遠ざけているだけです」と彼は言います。「これは、炎症性疾患を治療する本当に安全な方法である可能性があります」と。

脾臓もまた、重曹を消費することで大きくなりました。科学者達は、重曹が作り出す抗炎症刺激のせいだと考えています。感染症も脾臓を大きくすることがあり、医師は大きな感染症を心配するときに、しばしば脾臓を触診するそうです。

神経細胞以外の細胞も、化学伝達物質であるアセチルコリンを使用することが知られている。また、重曹はケーキなどの焼き菓子に含まれるバターミルクやココアなどの酸性成分と相互作用して、生地を膨らませ、オーブンの熱とともに、焼き上がりを良くする働きがあるそうです。また、プールのpHを上げる働きや制酸剤に含まれるほか、歯や浴槽をきれいにする効果も期待できます。

血液をよごしたのが原因 血液の酸性化

赤血球と異物の融合が進み病的細胞ができる

神経細胞も病的細胞で働かない

異物を取り込んだまま病的細胞になるので器官の肥大が起こります。ステロイドによるムーンフェイスは体の細胞すべてが肥大してるわけです。

脾臓の肥大は、医学的に脾腫として知られており、基礎疾患のために発生します。 脾臓の肥大を引き起こす可能性のある病気や状態はさまざまです。 脾腫の考えられる原因には、肝疾患、特定の癌、感染症、炎症状態、および外傷が含まれます。
https://ja.medicalcareerinstitute.org/

アルカリ性にする

病的細胞 赤血球と異物にわかれ排出 (逆分化作用)

神経な正常細胞ができる

働くようになる

神経細胞は赤血球が成長してできます。病的細胞は排出させ、正常な神経細胞を増やしていけばいいのです。お薬や手術でできることではありません。

回復のデメリットは痛いことです。病的細胞が排出されるときに痛みが生じるが痛みを薬品で消してはダメです。薬品で血液が汚れ異物の排出が遅れます。

血液が酸性化してるのが原因ですから、免疫抑制剤の投与は逆効果です。ですが医師は免疫が暴走したから免疫を抑えないと、とか言って免疫抑制剤で悪化しさらなる難病になっていくわけです。

免疫抑制剤 → 血液を酸性にする(汚れる)

免疫力は、異物の排出力で酸性で低下、アルカリ性で上昇、と考えると「自分で自分を攻撃」はありえません。

医師が免疫力の定義を誤解したため、「医師が自分を攻撃」することになるのです。免疫学とは実体のよくわからない「免疫」をこねくり回すのではく、血液、赤血球の状態を論じるものです。

毒や薬品を注入すれば赤血球は相殺されて無駄に消費されますから、他の病にかかりやすくなりh,免疫力は低下すると表現でき、赤血球からできる神経も悪くなり自律神経の機能も悪くなります。

抗体依存性感染増強(ADE)もサイトカインストームもワクチン後遺症も、無駄に赤血球を消費しただけで同じです。

反対に、血液の酸性化を抑える、アルカリ性食品・重曹・クエン酸は勧められるのです。

RNAは成分に存在するのだからDNAもあってよさそうなもの。でも、血液中の成分にDNAは記載されていません。このことからも、細胞はDNAからできているわけではないことがわかります。つまり方法はあるのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/血液#組織 成分

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".