Sponsored link
NO IMAGE

トムハンクス 2型糖尿病と診断され自分を責める – 自然に回復できることを知る

  • 2022-04-21
  • 2022-04-16
  • 病気
  • 209view
NO IMAGE

トム・ハンクス、2型糖尿病と診断され自分を責める – 自然に回復できることを知る

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-tom-hanks-blames-himself-for-type-2-diabetes-diagnosis-knows-he-can-reverse-it-naturally.html

2型糖尿病と診断された人の多くは、一生付き合うことになる病気だと考えています。糖尿病を止めるためにできることはほとんどないと確信しているため、診断を受け入れ、薬事制度に残りの人生を管理されることになります。

これは無力な考え方であり、2型糖尿病に関連する代謝異常の根本原因を見たり認めたりすることができない無知な医療文化によって、彼らの心に刷り込まれた思考プロセスなのです。

トム・ハンクスは、2型糖尿病を自然に回復させることができると知っている

2型糖尿病は、実は自然なライフスタイルの変更のみで回復させることができます。有名俳優のトム・ハンクスはこれを知っており、自分の問題について公に語っています。

「私は、パーティーの中で盲目的に踊り続け、今、自分たちが悪性腫瘍であることに気づいた、怠惰なアメリカ世代の一人だ 」と、ウーマニスタが報じた。「私は重かった。映画で僕を見たことがあるだろう。私がどんな顔をしていたか知っているはずだ。僕は大馬鹿者だったんだ」

ハンクスは、子供の頃に栄養についてほとんど学ばずに育ち、その知識不足が大人になってからも影響していると公言しています。2013年の「The Late Show with David Letterman」で、彼は診断を受け、それに囚われていると感じたことを打ち明けました。私の主治医は、「いいですか、もしあなたが高校生のときと同じくらいの体重になれば、基本的に完全に健康になりますよ」と言いました。その時、私は「じゃあ、私は2型糖尿病になりますね。

トム・ハンクスは、この診断が自分の人生から完全に排除され、まったく新しい健康的なライフスタイルへの道を開くことができると知っています。彼は最近、映画の役作りのために健康を犠牲にするのをやめることにしました。

「役作りのために体重を増やした多くの俳優と話しましたが、膝や肩にかかる負担を考えると、誰も同じことを繰り返したくはないでしょう」と、2013年のBFIロンドン映画祭でハンクスは語っています。「私は57歳ですが、どんな仕事も引き受けないし、また休暇をとって30キロも体重を増やすようなことはしないと思います」

良いニュースは、トム・ハンクスが2型糖尿病は克服できるものだと知っていることです。彼は、ライフスタイルの主要な部分を変えるだけで、自然に元に戻すことができるのです。

2型糖尿病を回復させるために重要な生活習慣の改善

内分泌かく乱化学物質を生活から排除する。農薬、除草剤、重金属、医薬品、BPA、その他のプラスチック化学物質を除去する科学的に検証された浄水器を使って、水をろ過することから始めるのが一番です。

水道水やペットボトルの水、井戸水でさえ、化学物質や金属が混ざっていることが多く、栄養の吸収や体内の正常なホルモンの働きを妨げています。

膵臓に問題を起こし、インスリン抵抗性につながる肉の保存料である亜硝酸ナトリウムを含む加工肉を排除する。

精製された砂糖と精製された白いパン製品の摂取をやめる。このプロセスは時間がかかりますが、重要です。高果糖コーンシロップは膵臓と代謝に積極的に害を与え、2型糖尿病を持続させます。

カイエンヌ、ハラペーニョ、ハバネロなどのトウガラシを食事に加える。これらの美味は、インスリンを生産する膵臓の膵島細胞を「ジャンプスタート」させることが期待されています。

フェヌグリークシードを食事に加えます。この硬くて苦い種は、粉末のサプリメントとして摂取するのが簡単ですが、それでも、体が自然にインスリンレベルを調整するのを助けることが知られています。
血糖値の急上昇や急降下は、ポリフェノールを多く含む食事でコントロールすることができます。ポリフェノールは、自然界に存在する植物性の薬です。ポリフェノールの中でも特にタンニンは、様々なハーブ、葉の組織、樹皮、花、果実に多く含まれています。

糖尿病の回復には、毎日の運動も欠かせません。特に、健康的な日光浴をしながら運動をすると、より効果的です。ビタミンDは日光を吸収して皮膚で生成され、免疫系と内分泌系の健康維持に必要な栄養素です。
スーパーフードや抗酸化物質が豊富なベリー類を多量に摂取することは、糖尿病の回復に役立ちます。スピルリナ、クロレラ、アスタキサンタニン、ブルーベリーは、あなたのライフスタイルに組み込むことが重要です。

製薬会社の広告に騙されて、2型糖尿病を管理するために薬が必要だと思い込む必要はないのです。哀れなことに、テレビで人気の心理学者ドクター・フィルはアストラゼネカと提携し、がんを含む甲状腺腫瘍の可能性を引き起こす薬を毎週注射することを宣伝しています。

要するに、糖尿病は生涯続く病気ではない、ということだ。死刑宣告にしかならないような医薬品に依存する必要はないのです。

Sponsored link

糖尿病 →アシドーシス
膵液の成分:重曹 塩分
腎臓:重曹を使い酸化した血液を還元させる

糖質制限では限界が来る
糖質を分解する膵液の材料を取ればいいだけなのだが誰も触れない

人工インスリン投与

インスリンホルモンが過剰にあると誤解し膵液の分泌が悪くなる
または人工インスリンが異物とみなされよけい酸化がすすむ

重曹不足により酸化が進む
または進んだ酸化が抑えきれなくなる

腎症に

ホルモン治療は失敗する
インスリンを打ってると自分のインスリンを作れなくなり治療を中止すると悪化してしまう
血液の酸性アルカリ性を考えないと治らない

食事療法が確実

がんばりゃ治るが医師に頼ると治らない

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".