Sponsored link

抗凝固薬の困った作用機序

  • 2022-07-15
  • 2022-06-28
  • 病気
  • 103view
Sponsored link

血栓を溶かす抗凝固薬があるそうです。

ワルファリン(英: warfarin)は、抗凝固剤の1つ。殺鼠剤としても用いる。ワルファリンカリウムが医薬品として使われ、商品名はワーファリン、及びワルファリンK。投与方法は経口(内服)のみである。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%B3

血栓塞栓症の治療および予防に用いられる。心臓弁膜症に対する機械弁を用いた弁置換術後や心房細動が原因となる脳塞栓症予防、あるいは深部静脈血栓症による肺塞栓症予防のために、また抗リン脂質抗体症候群での血栓症予防のためにしばしば処方される。

納豆、クロレラ、青汁などのビタミンKの多い食品を取ると効果は弱まるが、代謝に影響を及ぼすブコロームを併用することで、効果が増強・安定することがある。副作用ともいえるが、これを利用して処方量を減量したり、解毒することもできる。

しかし、解熱鎮痛剤であるブコロームを長期間服用することになるため、胃潰瘍や腎不全などのリスクが上昇する可能性があると考えられ、本来、患者に対して説明が必要となる療法であろう[要出典]。

抗凝固薬で電子を奪ってるんだから、電子ほ補給する食品で効果が弱まるのは納得です。はじめから薬飲まずに納豆を取っていればいいだけの話なのですが、薬を売って自分の手柄にしたいのが医師です。

カリウムはナトリウムを排出させてしまいます。

その結果、細胞破壊、赤血球破壊ですから、血栓をカリウムで破壊するから抗凝固薬になってるわけです。

断薬でナトリウム不足で酸化がすすみ血液が固まります。だから飲み続けないといけない。では、飲まなかったらどうするんですか?

こんなふうに後先心配するような人間は医師にはなれません。

断薬しろとはいってませんよ。断薬するのも難しい状況に追い込んでどうするんでしょうか?

都合の悪いことを考えない。それが医師です。ちゃんと飲めなかったら患者のせいだ!で逆ギレするのがオチ。いつまでもお薬飲んでるわけにもいきませんが、こんな副作用では薬をやめるのも大変です。

それをやる義務のあるのが医師のはすですが、やり方など知りません。ホイホイ都合のいいこと言って口八丁手八丁ではしごを登らせておいて、困って降りたくなったら降り方は自分で考えろ、と恫喝。それが医師です。

医師って馬鹿だから、患者がいつまでも病院に薬をもらいに来るもんだ、と思い込んでいるわけですが、その薬で具合が悪くなって、足腰が立たなくなり病院に来なくなるのです。

老人A:〇〇さん今日は病院に来ないねぇ……
老人B:病気なんでしょ…..
老人C:ヤブから逃げたんでしょ…..あんなに薬飲ませたら死ぬわ

 

ナトリウムは血液中の水分量を増やし、カリウムで水分量が減り固まるわけです。薬をやめたらひどくなるなら治療ではないでしょう。

ナトリウムの電子を奪ったのがカリウムといってもいいでしょう。
酸化してるのと同じです。

医師によると、高血圧の原因は水分だそうです。水分を抜くと健康にいいそうです。夏場だけ塩をとろう、と騒ぎ出すのが癖です。

ナトリウムを抜く塩抜きの刑が過去には存在しましたが、カリウムは殺害に使用されるので有名です。細胞が破壊されるから死亡するんでしょう。

重要度従来の通説実際
1カルシウムナトリウム
2カリウムマグネシウム
3マグネシウムカリウム
4ナトリウムカルシウム

現在の常識ではカリウム・カルシウムが大事で、ナトリウム・マグネシウムは大事ではないとの洗脳が上記画像のようになされています。実際にはナトリウム・マグネシウムが大事で、カリウム・カルシウムはそれほどでもないわけです。

ちなみに、コロナワクチンは細胞の電子を奪って細胞を破壊したのであのザマでした。赤血球は血液の塩分濃度が0.30%ほどになると破壊されます。

コロナワクチン後遺症のために抗凝固薬を使用して赤血球や細胞を破壊するのと、アルカリ性食品や塩分で電子を補給するのでは、血液をサラサラにする原因が違います。血液をサラサラにすりゃなんてもいい、とはなりません。抗凝固薬は赤血球や細胞を破壊するので、結局、赤血球や細胞を破壊するコロナワクチンの破壊力を高めるだけです。

正常では0.90%です。赤血球や細胞を保護し健康を維持してるのがナトリウムですから、お薬でナトリウムを抜けば、赤血球も赤血球が成長してできた細胞も壊されます。

カリウムは体によくてナトリウムは毒、
悪人のほうがいい、善人はダメ、

そりゃインチキ医学と揶揄されるはずです。

カリウムは積極的にとる必要がない、が結論です。
秋ナスは嫁に食わすなと言われますが、

細胞が破壊される
体温下がる

カリウムを多く含む野菜は体を冷やすわけです。

根拠ないナトリウムは悪は絶対教義ですから医師の言うとおりにやってもなかなか健康になれないわけです。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock