Sponsored link
NO IMAGE

意外と知らない日焼け止めと日光浴の話

NO IMAGE
Sponsored link

日差しが強くなってきて日焼け止めを使いたくなりますよね。
でも何が入ってるのか、考えたことはありますか。

意外と知らない日焼け止めと日光浴の話

https://www.naturalnews.com/2016-07-25-what-youre-not-supposed-to-know-about-sunscreen-and-sunlight-exposure.html

もし、誰かに日焼け止めについて尋ねるとしたら、どんな答えが返ってくると思いますか?

多くの人と同じように、健康当局や主流メディアから繰り返し誤った情報を聞かされてきた人から、たくさんの偽情報を聞くことになりそうです。

日焼け止めについての知識を、従来のメディアや科学チャンネルから聞かれてきた私たちですが、その知識は不正確です。ここでは、春になった今、日焼け止めについて本当に知っておくべき7つのことを簡単に説明します。

  • FDAは、天然の日焼け止め成分を日焼け止め製品に配合することを許可しません。外国製の植物を使用した真に自然な日焼け止めは、その製品が効果を示しても、日焼け止めを作るために使用可能なものと、不可能なものを決定する唯一の機関FDAが存在する以上、販売されません。
  • 市販の化学薬品による日焼け止めには、ほとんどすべて発がん性物質が含まれます。市販される日焼け止めには、化学物質がラベルに書かれていますが、そのほとんどが、その実態を公表すらできないものです。有害であるにもかかわらず、がんの原因となる香料材料、パラベン、過酷なアルコールなどを配合しています。
  • 私たちの健康に不可欠なビタミンDは、アメリカ人の70%が不足していると言われています。それでも、太陽は私たちにとって良くないので、太陽を浴びすぎないように常に言われます(これは真実ではありません)。実際、この研究によると、ビタミンDの欠乏はがんを促進するそうです。
  • 実は食生活を変えるだけで、太陽を跳ね返す力を高められます。例えば、スーパーフードやサプリメントのアスタキサンチンのように、抗酸化物質を豊富に含む食品を食べると、肌の自然な抵抗力を高められる、というのは有名です。
  • 紫外線を浴びただけでがんになるわけではありません。真実はもっと複雑です。皮膚がんは、紫外線への暴露と、慢性的な栄養不足が組み合わさって、皮膚の脆弱性が生じたときにのみ発生します。
  • 「自然な」日焼け止めが本当に「完全に自然」であるとは限らないので注意が必要です。一部の「化学物質を含まない」と記載される日焼け止めの中に、化学物質が含まれているものがあります。例えば、Amazon.comで「chemical free natural sunscreen」と検索してみると、以下のようなリストが表示されるでしょう。

ジェイソンナチュラルコスメティックス–地球最高​​のサンブロックケミカルフリー、4オンスクリーム。日焼け止めについての無知は、あなたを傷つけます。

ラベルに記載されている成分(化学物質)を読んでくださいね。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".