Sponsored link
NO IMAGE

買ってはいけない日焼け止め製品

NO IMAGE
Sponsored link

アメリカFDAも認定した「買ってはいけない日焼け止め製品」ワーストは資生堂「アネッサ パーフェクトUVスキンケアジェル」

https://www.mynewsjapan.com/reports/2469

米国食品医薬品局(FDA)が、日焼け止め製品の16成分について安全性を再審査する方針を発表し、今年11月までに安全に関するデータをメーカーが提出しない場合、販売禁止措置が取られる見通しとなった。

この16種の成分と日本の日焼け止め成分を比較した結果、安全性が最も懸念されるのは「オキシベンゾン-3」と「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」の2つだ。いずれも環境ホルモン作用が指摘され、特にオキシベンゾン-3は皮膚から体内への吸収率が格段に高く、疫学調査で母親の尿中の濃度が高いと生まれる子どもの体重や頭の大きさに影響がでることが確認されている。

2019年5月現在、日本でのUVケア売上の上位20商品では、資生堂「アネッサ パーフェクトUVスキンケアジェル」にオキシベンゾン-3が配合されていた。メトキシケイヒ酸エチルヘキシルを配合したものは14商品もあった。一方、FDAが安全と判断する成分は、紫外線反射剤の「酸化チタン」と「酸化亜鉛」であるが、上位20商品のうちそれらしか配合していないおススメ商品は5商品だけだった。日焼け止め選びに際しては、商品一覧表(記事中の画像)を参考にしていただきたい。

今年2月21日に、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、既存の日焼け止め成分の安全性を再審査すると発表した。

アメリカでは、日焼け止め効果のある化粧品はOTC医薬品扱いとなっており、現在16成分が承認されている。しかし承認されたのは1999年と20年前で、その当時は皮膚に塗っても体内に吸収されないと判断されていた。

その後一部の成分で、皮膚から体内に浸透し血液や尿から検出されるという研究が発表された。また毒性についても、体内のホルモンの働きをかく乱して様々な有害影響を及ぼす「環境ホルモン」の疑いがあるという研究も増えてきた。

FDAはそうした状況を受けて、承認済みの16成分について、有害性がはっきりしている2成分については禁止にし、また安全性が確認されていると判断される2成分(酸化チタンと酸化亜鉛)については現状維持、それ以外の12成分については、メーカーに対して安全性のデータの提出を求めることにした。

求められるデータは、商品の使用方法通りに肌に塗った場合の、体内への吸収の有無についての試験結果。もし日焼け止め成分が、血液中に血液1mlあたり0.5ナノグラム以上検出された場合には皮膚浸透性があると判断し、発がん性や生殖毒性、発達毒性等の試験データの提出も求められる。

今年の11月の期限までにメーカーが提出しない場合、それらの成分の承認は取り消され販売禁止になる。(ただし期限は延長される可能性はある)。

酸化チタンもダメ

酸化チタンに発がん性の疑い

2017年6月欧州化学品庁のリスクアセスメント委員会は、酸化チタンを吸引するとがんが発生する危険性があるという証拠があり、化学物質規制の発がんの危険が予想される物質(分類2:トリクロロエチレン) に分類されると結論づけた。https://arc.asahi-kasei.co.jp/member/watching/pdf/w_276-11.pdf

わざと入れてる

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock