TAG

千島学説

  • 2020-08-25
  • 2020-08-25

新型コロナウイルス:血漿療法も効かねえよ

回復患者の血漿(けっしょう)を体内に注入する方法がコロナ対策として登場。でもどうせ失敗です。抗体で病気が治ると誤解してるからおかしくなります。 現代医学はコロナ対策といいながら、ことごとく体調を悪化させています。 突然現れた血漿療法は、結果 […]

  • 2020-08-23
  • 2020-08-23

免疫力低下薬ステロイドの蔓延で総理大臣まで発がん国民総がん社会は新型コロナウイルス対策も逆効果

厚生労働省は7月21日までに、「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」を改訂し、ステロイド薬・デキサメタゾンを「日本国内で承認されている医薬品」として追記した。同剤は、効能・効果のひとつに、重症感染症がある。 https://www.mix […]

  • 2020-06-28
  • 2020-06-28

ダーウィンの進化論は時代遅れの産物

「ダーウィンの進化論」というものがあります。 アメーバのような下等な生物から次第に成長して人間まで成長したという説です。 果たしてこの進化論が、本当に当たっているといえるのでしょうか。いくら何でも無理があるのではないでしょうか? アメーバで […]

  • 2020-06-25
  • 2020-06-25

血液の逆分化作用

血液は分化して人間の体の骨・筋肉・臓器などを構成する細胞に変化します。逆に、筋肉や骨芽細胞から赤血球のに逆戻りする逆分化作用があります。 この逆分化作用により、体内にたまった毒素や老廃物を効率よく排出できます。千島学説には逆分化作用が起こる […]

  • 2020-06-15
  • 2020-06-17

輸血に伴う副作用

輸血には危険な副作用が伴います。 いまだに輸血は安全で当たり前の医療行為と誤解をしている専門家もいるから困ったもの。 ここでは輸血に伴うさまざまな副作用について確認してきます。 溶血現象 輸血直後には、血液が溶ける溶血現象が起こりやすくなり […]

  • 2020-05-09
  • 2020-06-17

輸血の問題・副作用

現代医学においては軽い気持ちで輸血をする専門家が後を絶ちません。 外科手術の際にも輸血は当たり前のように行われています。 血が足りないなら血を足せばいい 実は科学的に大間違いで大変危険です。輸血という方法には大きな副作用があり、科学的に証明 […]

  • 2020-03-13
  • 2020-04-02

ウイルスの自然発生説

遅れた現代医学は殺菌消毒手洗いを強調しますが、感染症の原因は、飛沫と細菌が体内に侵入するのみ、というお粗末さ。 無菌状態の工場で加工された食品で食中毒 抗生物質による治療で悪化 徹底した衛生管理された病院内で感染症が流行し殺菌消毒 正しい知 […]

  • 2020-03-11
  • 2020-04-02

食事療法で自力でがんを治すのに必要なこと

医師を信用できず、自分の免疫力を上げてがんを治そうとするのは正しいです。しかし、中途半端に専門家に相談することにより、治るものも治らなくなります。その際の注意点を見ていきます。 相談しない 検査をしない どんなに悪化したように見えても絶対に […]

  • 2020-02-28
  • 2020-05-04

コロナウイルスの検査制限から疑ってみる

タピオカやB級グルメをほおばっている出演者が舌の根も乾かぬうちに「コロナ対策は食事のバランスで」というマジックワードを吐くクソマスコミ。コロナであえなく日本終了です。 誰もが放射能で日本終了、と予想していましたが、まさかのコロナ攻撃で強制シ […]

  • 2018-05-09
  • 2020-03-24

意外と重要な骨の役割

健康になりたいと望んでも骨を考えなければ無意味です。専門家と言われる医師でも内蔵ばかりに気を取られています。 健康を維持する上でも骨には大きな役割があります。どれだけ重要な役割を担っているのでしょうか。 骨格と内臓保護 骨の役割でおなじみな […]

NO IMAGE
error: Content is protected !!