Sponsored link
NO IMAGE

コロナワクチン後遺症 検査の数値に問題ないからこころの病気とヤブが逃げる

NO IMAGE
Sponsored link

検査の数値に問題がないから病気じゃないんだ、とアホな理由で診察を拒否する医師の方々。現代医学は症状を薬で消滅させる程度の低い医学だとさんざん言ってきた当サイト。

症状もないのに検査の数値が悪いからとがんの早期治療だとほざいて治療行為を開始して死なせたり、症状を訴えてるのに「そんなものは存在しない」と精神病扱いで逃げたり。

いつの間にやら、自分たちで指定した範囲内の数値に収めることが治療と誤解するようになり、医学の程度がさらにレベルダウンしていました。

欲に目がくらんだ医師のせいで困ってる人が続出

「多くの人が困っている…」“ワクチン後遺症窓口”設置を明言 名古屋市河村たかし市長
2/9(水) 18:09

https://news.yahoo.co.jp/articles/2730f6b6123dfeaa2f498f86272f4f0ce829bdaf

ワクチン接種後の体調不良に苦しむ人たちについて、名古屋市の河村たかし市長は、来週にも後遺症の相談窓口を設置することを明らかにしました。

接種後ほぼ寝たきりの女性(50代)
「もう苦しくて、このまま寝たら、朝、目覚めないんじゃないかというぐらいの、初めて経験するような苦しさでした」

愛知県内に住むこの女性は、ワクチンを接種した後で寝たきりの状態になり、5か月以上、満足に家事ができない状態が続いています。

ワクチンのせいだろうな でも 気持ちの問題にされました

接種後ほぼ寝たきりの女性(50代)
「(ワクチンを)打つ前と打ってからの生活があまりにも違う。何もできなくなった。それ(ワクチン接種)しか違いはないので、ワクチンのせいだろうと思いました」

関西地方に住む小学6年生の少女は、去年9月に接種した後から、舌が真っ白な「カビ」に覆われたり、真っ赤に腫れ上がったりと様々な症状に悩まされ、それまで打ち込んできた部活動の陸上競技もできなくなりました。

母親
「『コロナワクチンが原因ではないですか?』と何回も1か月の入院中訴えていました。検査結果に異常がないから、何もないから、最終的に『気持ちの問題』といわれました。でも1か月入院していて、1週間、2週間たって、やっぱり原因はそこ(ワクチン接種)しか考えられなくて」

最終的に『気持ちの問題』といわれました。

医師:オレは悪くない!(ワクチンで儲けたしな)

医師の欲が深いのが問題です。気持ちの問題とか努力が足りないとか言い始めたら大概ヤブです。これだから高学歴脳筋は困ります。脳筋なのに、なぜ頭脳労働を選択したのか理解に苦しみます。

Qワクチンを打ったらどうなると思っていた?

小6女児「コロナにかからなくて、元気になると思っていた」

今のところ、ワクチンの副反応に認定されて国の救済対象になるのは、接種後すぐに起きた「急性アレルギー反応」がほとんどで、寝たきりになった、など「慢性的な体調不良」は副反応として認められていません。

名古屋市の河村たかし市長は。

「(後遺症は)検査しても数字に結果に出ないと。『精神科に行ってくれ』との状況。名古屋市民でも多くの人が困っていると思う。(医師が)言っていたのは、相談窓口をきちっと作ってくれと。来週中にでも設置しようかと」

数字のみで判断する浅はかな者が医師になった結果……

因果関係が「ある」か「ない」かじゃない 「認める」か「認めない」かになってます。

ワクチン後遺症は、医師の個人的な問題になっています。

患者が苦しいと症状を訴えれば治療対象になるはず。患者をみる力がなくなり、数字でしか判断できななったコミュ症の医師たち。

偏差値ランクという数字のみで進路を判断させたら、コミュ症ばかりがこぞって医学部に寄ってきて、おかしな人間、狂人、脳筋、自己保身、変態、異常者・サイコパスばかり医師になってしまいこのザマ。数字だけで判断する人間だらけになった結果です。

もっとも自分の得になりそうな選択をしてるだけです。置かれた状況で、最も数字の大きいものを選択してるだけ、というのが情けない限りです。でもっとも得になるワクチンに手を出して後にさらし首になるわけです。山には登るべきですよね。

こんな人に相談しても、ロクな結果になるわけがありません。

データに問題がないから、病気ではないとつっぱねて心の病気扱いで逃げます。データに振り回されて、現実逃避をしています。データは現実の特定の要素のみを抽出して数値化するものです。データに問題がなくても現実に問題があれば問題なのです。

現実に問題があるのに問題がない、と判定するならそのデータは間違いかつ不要です。現実を描写しきれない測定方法に問題があるのです。検査の数値が悪くなったからといって悪化したとは限りません。検査の数値が問題ないから悪化してない、とも限りません。

好転反応や「めんげん」が詐欺の宣伝文句くらいにしか捉えられない医師たち。何も治したことがないことを自白してることになることも知らないのです。

数字でしか判断できなくなった医師たち。スカウターがないと戦闘力が判定できない、みたいな感じです。

器械がないとなんにもわからない それがヤブ医師

ワクチン後遺症という医師にとって都合の悪い現実を受け入れることすらできず、ワクチン後遺症の治療方法を考え始めるところにまでたどり着けません。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".