玄米から考える予防接種・予防注射・病気予防の意味

玄米から考える予防接種・予防注射・病気予防の意味

玄米から考える予防接種・予防注射・病気予防の意味

玄米のメリットについて考えることは、目的があります。

その目的とは、

病気にならないこと、
なったとしても、自然治癒力を発揮して
すぐに治る健康な体を作ること。

残念ながら、ワクチンや予防接種など科学の力をいまだに信奉する方は後を絶ちません。

治るどころか、ひどい結果を招きます。その前に知るべきことがあります。

予防接種・ワクチンって

病気を予防するのに予防接種やワクチンの存在を信じ込んでいませんか。

中に含まれている物質を理解しないまま、体内似入れて体がよくなるのでしょうか。予防接種による事故も毎度のように報告されてはいます。

昔は予防接種は強制的に受けさせられるものでした。

最近ではワクチンの弊害も指摘されていて、小学校ではインフルエンザの予防接種を打たないことになっている模様です。でも他のワクチンは自主的に選択できる形式にして、何か不具合が起これば「だまされたおまえが悪い、自己責任」と片付ける流れは今も強いです。

予防接種を打つと、何かの問題が起こるようです。

以前よりも体調が悪くなったり、後遺症が残ったり、体調が悪くなってしまうような薬で、病気を防げるものかどうか疑問があります。

定番のウソくらい学ぼう

ワクチン打ったのに病気になった人への定番のいいわけは、

「重症になるのを防いだ」
「やっておいたのでこれくらいの軽症すんだ」

実際は、

「ワクチン打ってもどうせかかった」
「ワクチン打ったから体が弱り、かからなくてもいい病気にかかった」
「ワクチン自体が病原菌だった」

のかもしれません。

その人の体は一個しかないので、
ワクチンを打った体と、打たなかった体を比較することはタイムマシンでさかのぼり比較でもしないかぎりできません。

「もし○○だったらこうなってた」

医師の大好きな仮定を使った詭弁・ウソ。仮定の話は何とでも言えるのでご注意ください。

自分のせいじゃないと言いたいのでしょう。正直に間違いを認めないところが小賢しいですね。半端な知能は恥をさらし、信用を失わせます。

興味のある方は予防接種やワクチンの作り方くらい、身近な人を守るためにも知っておいたほうがいいかもしれませんね。とっても体に悪い物質が入っています。

予防接種やワクチンを打ったからって

病気を予防するための予防注射とかワクチン接種。確かに、病気で亡くなる子がいます。

予防接種のなかった時代でも、亡くなった子もいるし、亡くならずに元気でいる子供もいます。

すべての子供が死んだわけではありません。

現代でも同じ状況が当てはまります。予防接種をした人がすべて病原菌に侵されなかったというと、そんなこともありません。

このように考えると、病原菌に負けない体を作ることが重要です。

病原菌に負けてしまうような体だからよくないのです。
空気中や土の中、食物や人体にも微生物や細菌は絶対にいます。それらをすべて消滅させて、無菌状態にすることなどできないのです。

一度呼吸するだけでも、さまざまな細菌が体の中に侵入してきます。これらをすべて防ごうとするのは無理な話です。

細菌や病原菌と共存すること、体内に入ってきた細菌を排出することが重要です。免疫力を高める、とはこのことです。

免疫力を高めることを無視しながら予防接種をしたところで、それほどの効果は上がらないでしょう。

食を真剣に考えない専門家では

玄米や食生活の知識は公にはされていません。

医師のような専門家と呼ばれる人でもわかっていません。

さまざまな医師芸人がタケノコのようにわいて出てきて、

勝手な理論を主張し出したり、コロコロ内容が変わったり、過激なことを言って炎上させたり、どさくさに紛れて自分のクリニックのステマをしたり……世の中はヤブばかりで、ろくな結果が出せていないのが現状です。

『玄米』と検索したって、
「体に悪い」「毒が含まれている」だのと専門家が言い出す始末。
自分で実践してるわけでもなし、自分だってシワや白髪だらけのくせに。

玄米が体に毒ならば白米だって毒なのですが・・・。

病院が生きがいになってる方もいたり、面倒なことを考えたくないがために医師に、健康維持を丸投げしたい方もいるでしょう。

全否定するわけではありませんが、医師だろうがなんだろうが疑って考える力をつけることが重要です。

健康な血液を作ることが最重要課題

薬剤による病気予防よりも、健康な血液を作ることが重要です。

健康な血液を作るためには食事が重要。玄米を取り入れることも必要となってくるでしょう。

病気にかからないためには、注射を打ったり、薬を飲むことなんかより、質の高い血液を作ることです。

こんなことは誰も教えてくれません。

具合が悪くなったら病院にかかろう、というだけ。いくら何でも思考停止しすぎです。

そんなわけで、自堕落な生活習慣を改めること。病原菌や細菌に負けない体を作ることが、病気にならないための課題なわけです。

血液を弱体化させるような生活習慣を避けること。玄米な仕組みを知ると、生活習慣も自然とよくなってきます。

どんな立派な予防接種でも、病気の予防にならなかったり、血液の質が低下したり、副作用に悩まされるようでは無用の長物です。

体内に入れるものは医師が勧めても疑ってかかる力を持ちましょう。「薬」とラベルに書いてある毒薬だってたくさんあるのですから。

玄米から考える予防接種・予防注射・病気予防の意味
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!