老化を進める硬結とアンチエイジングと玄米

老化を進める硬結とアンチエイジングと玄米

老化を進める硬結とアンチエイジングと玄米

誰もが悩み始める老化問題。アンチエイジングに気を使っている人もいるでしょう。

この間までは肌も若々しくいたのに急に老化が進んでしまった……

という人も少なくありません。

その老化の原因ともいえるのが硬結(こうけつ)です。硬結を防ぐことで老化の改善やアンチエイジングに役立つかもしれません。

その老化と硬結の問題と対策を見ていきます。

体を動かさないと固まる

体を動かさないでいると老化が進みます。

例えば、骨折の治療でギプスを固めたとしましょう。すると、その足はギプスを外す頃にはやせ細り、骨と筋肉が弱ってしまっています。

長期間、運動不足でいて血行が良くなかったのです。

足だけの話ではありません。

寝たきりでいると体全体が弱ってしまうのです。筋肉は硬くなると硬結球となり、化石状の結集となってきます。

血液の流れも悪くなって硬結部分に老廃物室が停滞し、さらに硬結が進みます。

血行の悪い人は老化の進み方が早くなってしまうのです。

硬結は老化の証拠

硬結は老化の証拠です。

足から老化が始まると言われています。足の血行が悪くなってくると若さが保てなくなります。

枯れた植物の根っこには硬結球がびっしりとできています。同様に、老化した人の股のつけ根には、びっしりと硬結球ができているのですが、体が自然と硬くなっているのです。

これは血行が悪いせいです。

柔らかい筋肉と血行の改善

この硬結を取り除くためにはやわらかい筋肉に戻すこと。

動作や行動に支障が出ないようなやわらかい筋肉を作るべきです。血行をよくして硬結球ができないような生活を心がける必要があります。

そのためには新鮮な血液が必要です。

栄養たっぷりの玄米も役に立ちます。そして血液を停滞させないようにすることが大切。

何もしないで家の中でじっとしていると体が固まります。動かない生活で硬結が増えてしまうのです。柔軟体操やウオーキングなどをすることも硬結を防ぐ生活の知恵です。

マッサージをしたり、お風呂に入ったりして血行をよくしましょう。足は第二の心臓と言われていますが、歩くことによって血行が良くなります。

硬結が増えてくることによって血行が阻害されてしまいます。胴・足・首など関節部分は硬結しやすいです。

日頃からやわらかくしておきたいですね。

玄米の習慣は役に立つ

老化しないためには硬結を防ぐこと。そのためには血液をよくする玄米を中心とした食生活は重要です。

血液のレベルを上げること。その血液を軽い運動によって全身に回す必要があります。

アンチエイジングの中心はなんといっても血液です。

老化を進める硬結とアンチエイジングと玄米
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!