加工食品で乱れる私たちの生活と栄養たっぷりの玄米

加工食品で乱れる私たちの生活と栄養たっぷりの玄米

加工食品で乱れる私たちの生活と栄養たっぷりの玄米

社会には加工食品が当たり前のように並んでいます。

加工食品が本当に私たちの体にいいのでしょうか?
生活に必要なのでしょうか?

そして、加工食品と玄米はどのような関係にあるのでしょうか。全く関係がないように見えたとしても、実はあります。

加工食品を避ける食材の選び方

最も大切な食材の選び方は、季節に合ったものを選ぶこと。

複雑に加工された食品など必要ありません。加工は家庭で行うべきものです。中に何が含まれているかわからない食べ物を購入するべきではありません。

内容が表示されていたとしても、栄養素とか味の寄せ集めなら、生命力を得ることにならないので必要ありません。

大量生産できる食品は、衛生的で栄養学的にまともだとしても、できる限り避けるべきです。一人一人の体の状態にも合っていません。

結局は利益を追求するために作られたものなので、生命力を受け取るには足りないのです。

異常な食品を見抜き避ける

不自然な環境で栽培されたり、飼育されたりしているものは購入するべきではありません。

季節外れの野菜や果物も避ける必要があります。

どんなに珍しくても、栄養学的に優秀だとしても、本当の栄養としては期待することはできません。無理やり作り出される卵や肉や養殖魚、野菜や果物でも同様です。

ひどい環境で育ったものは、間違いなく不自然な環境でできたもので、購入するべきではないのです。

このようなものを購入しない人が増えると、生産者も無理な商品作物を作る必要がなくなります。市場に出回る商品も、質の高いものになるのです。

季節外れの高価なものを私たちが購入すると、生産者は目先の金に飛びつき大量生産します。その最たるものが農薬と遺伝子組み換え食品です。

不自然なものや価値の低いものが高い価値を持つことになります。

加工食品のおかげで異常な世の中に

原因不明の病が増え、異常な性格を持つ人も出てきています。

異常な環境で無理やり作り出される食物、加工食品が流通すればするほど凶悪犯罪や不正が比例して増すのは関係がない、とは言えないでしょう。

私たちの体は食べたもので作られているのですから。

体に異常な食べ物を入れることによって、異常な病気や性格が作られるのも不思議なことではないでしょう。

いくら見た目がりっぱな食品に見えたとしても、その中身がまともな食品でなければ買うべきではありません。

虫や動物は異常な食品を見抜いて避ける力があります。私たち人間は情けないもので、体に悪いものを喜んで食べてしまう生き物。

まともな食品を見抜く目を作らなければ、体がやられてしまいます。

不自然なものや、インチキな商品を見抜いて避けているうちに本物の農産物が不当な評価がなされていることに気が付くでしょう。

自分たちの体を大切に扱うことを考えると、商品選びが真剣になります。何も考えていない人は、不自然な商品・異常なものを食べ、不当な商品が世の中に出回る片棒を担ぐことになります。

しっぺ返しを食らうのは私たちです。毎日の一つ一つの買い物の選択が、私たちの健康を破壊することにもなるのです。

玄米を食べて体内環境をよくする

白米を食べるのか玄米を食べるのか。選択することも関係はあります。玄米は栄養素が豊富なため、他の食品で栄養を補給することは少なくて済みます。しかも米は半年近くかけて育ちますから食べる季節を選びません。

玄米に季節に合った野菜を加えれば十分な栄養補給ができます。自然と粗食になりよけいなものを食べる気がしなくなります。玄米はビタミンB群も豊富で、菜食主義の痩せすぎもカバーできます。

粗食は健康の第一歩。加工食品を避けたければ、玄米に切り替えることです。

まずは自分の健康から

白米は玄米に比べて栄養がありません。他のもので栄養を補給する必要が出てきます。

その他の栄養を現代社会が作り出した加工食品など、異常な食品によって補うことになり不自然で不合理なものを食べることになります。

そのうち私たちの体は蝕まれ、消費社会の犠牲になることに。いくら環境問題を叫んだとしても、自分の体が健康でなければ口だけの人とのそしりを免れることはありません。

加工食品で乱れる私たちの生活と栄養たっぷりの玄米
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!