Sponsored link
NO IMAGE

俳優・山本學 認知症早期治療「今年から幻視が」

NO IMAGE
Sponsored link

俳優・山本學が認知症早期治療へ「今年から幻視が」
2022/09/22 11:30AERA dot.

https://news.goo.ne.jp/article/dot/entertainment/dot-2022091500035.html

山本學さん、85歳。「白い巨塔」などテレビドラマの名作ほか映画、舞台を通じ演劇史に名を刻む俳優である。近作「峠 最後のサムライ」(原作・司馬遼太郎)でも存在感ある農民役を渋く演じた。その學さんがいま認知症早期治療に励んでいる。『ボケてたまるか!』の著者の山本朋史・元本誌編集委員(70)が報告する。

*  *  *

山本學さん(筆者も山本で紛らわしいので以下、學さん)が東京・お茶の水にあるメモリークリニックで初めて朝田隆医師の診断を受けたのは今年4月下旬のことだ。

「記憶力が低下していることは以前から意識していました。特に80歳を過ぎて固有名詞が出なくなった。人の名前だけでなく物の名前も。それだけだったら加齢が原因と軽く考えていたのですが、今年になってから幻視が始まった。ないものが見える。床に毛布が転がっている、足でどけようとしたら空を蹴っただけ。ハートやスペードの印のついたプラスチックの箱が壁にかかっている、でも実際にはそんなものはなかった」

學さんは白内障を手術、緑内障の治療もしていたが、視力に問題はなかったはず。寝ぼけているのかと瞼(まぶた)をこすったという。しかし、1週間に2、3回の頻度で幻視は現れ続けた。本などを読んで得た知識から「これはレビー小体型認知症の症状では」と疑った。心配は募り、すぐに朝田医師のもとに駆け込んだという。

學さんと筆者をつないだのは朝田医師である。

「山本學さんが認知症早期治療の体験記を書いた山本朋史さんに会って話を聞きたい、と。連絡をとってもらえませんか」

ゴールデンウィーク明けにメモリークリニックの近くのホテルでお会いした。筆者は朝田医師から8年半前にMCI(軽度認知障害)との診断を受けている。早期治療の効果か、リバーター(健常者に戻った人)とお墨付きをもらったが、今も週に1回デイケアに通いボケ再発阻止を念じて不断のトレーニングを自分に課す身である。あの學さんが困っているのか。力になることができるだろうか。

テレビドラマで認知症の老人役もやったことがあるし、医師を演じることが多かった學さんだ。役で使うマイ聴診器(ファンの医者から贈られた)を持っているそうだ。病気に対する関心は深い。疑問がわくと専門書で調べたり医者に取材したりもする。知的好奇心が旺盛なのだ。医学雑誌にコラムも書いている。

「30年以上前に亡くなった父がアルツハイマー型認知症でした。病室で『あそこの壁から子どもが出てくる』とよく言っていた。今思えばあれも幻視だったんですね。以来、この病気のことについてはとくに興味を持っていました」

父とは建築家の山本勝巳さん(富山市郷土博物館など代表建築は多数)である。弟は圭さん(今年3月に81歳で死去)と亘さん。ともに俳優である。

中略

それはさておき、學さんの現在の症状である。MRIや血流検査など精密検査の結果、脳の萎縮は年相応だが、脳の側頭葉の血流が悪いことがわかっている。朝田医師は言う。

「認知力検査では85歳にしてはしっかりしているし点数も良い。ただ、精密検査で血流が悪いところがあってMCIと診断しました。本人はレビー小体型と思われていましたが、むしろアルツハイマー型認知症の初期で進行する可能性があります。一人暮らしで人との接触も少ないので心配もあります」

認知症はその50%以上がアルツハイマー型認知症、20%がレビー小体型認知症、残りが血管性認知症や前頭側頭型認知症などと言われる。レビー小体型認知症の初期と診断された筆者は認知症早期治療に励んでいることを本誌で連載し、『ボケてたまるか!』など2冊にまとめた。今回は『學さんのボケてたまるか!』にアドバイス役として伴走できたらうれしい限りだ。

學さんは4年前に数カ月、筑波大学附属病院の認知力アップデイケアに参加している(筆者も最初に半年通った)。この時は治療を意識して、というよりは認知症早期治療への興味が動機だったという。筋トレの本山輝幸さんも当時のことをよく覚えていた。

「とても熱心に通われていました。しかし、仕事が忙しくなったのか数カ月で見えなくなった」

ちょうどその時、學さんは別の病魔に襲われていたのだ。

「胃の内視鏡検査で悪性腫瘍(しゅよう)が見つかったのです。最初は胃壁を削り取る手術をしました。結局は胃の3分の2を摘出しました。80歳を過ぎてからの2度の大手術はこたえました。62キロあった体重は10キロ以上減少し、体力も落ちた」

口が裂けても原因は教えない医師

脳の側頭葉の血流がワクチン血栓で詰まったんだろ

 

認知症のお薬でよけいおかしくなるんのがオチ

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock