Sponsored link
NO IMAGE

東京帝国大学医学部卒超高学歴 森鴎外に医学の才能ナシで甚大な被害

NO IMAGE
Sponsored link

緊急事態に高学歴がでしゃばると、ロクなことにならないのが歴史のパターンなのでしょうか。

森 鷗外(もり おうがい)は、日本の明治・大正期の小説家、評論家、翻訳家、陸軍軍医(軍医総監=陸軍中将相当)、官僚(高等官一等)。位階勲等は従二位・勲一等・功三級、医学博士、文学博士。本名は森 林太郎(もり りんたろう)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/森鴎外


脚気惨害をめぐる議論 陸軍の脚気惨害をめぐって、鷗外の責任に関しての議論は絶えない。批判だけでなく擁護論もあり、鷗外は脚気被害をなくすため腐心し、後世に貢献したとする。そのうち鷗外への批判として(副食物 が貧弱な)米食を麦食に代えると脚気が激減する現象が多く見られたにもかかわらず、麦食を排除し続けた姿勢について激しい非難がある。

また、鷗外が岡崎桂一郎著『日本米食史 – 附食米と脚気病との史的関係考』(1912年)に寄せた序文で「私は臨時の脚気病調査会長になって(中略)米の精粗と脚気に因果関係があるのを知った」と自ら記述している事実から、鷗外は脚気病栄養障害説が正しいことを知りながら、あえてそれを排除し、細菌原因説に固執して、調査会の結論を遅らせていたとの指摘もある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/森鴎外

軍医であった東大医学部出身の森鴎外は、脚気が続出して麦飯にすれば改善することがわかっていながら白米にこだわり脚気被害を拡大させました。

鈴木梅太郎は、脚気がビタミンB1で改善できると進言しましたが森鴎外は無視。森鴎外は、「鈴木梅太郎は農学部だから」と言ってたそう。

医学の才能はなかったようです。

高学歴でも難関大でも、ない人にはないんです。医師にむいてない者が入学するのが東京帝国大学医学部なわけです。どっかで聞いたことがありますね。

鈴木梅太郎は、戦前の日本の農芸化学者。米糠を脚気の予防に使えることを発見したことで有名。勲等は勲一等瑞宝章。東京帝国大学名誉教授、帝国学士院会員。文化勲章受章者。長岡半太郎、本多光太郎と共に理研の三太郎と称される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鈴木梅太郎

現代風にいうと、俺は理3ですけどあいつは理2だからゴミですよ、といった感じです。

ワクチン後遺症という現実を受け入れず、データがない査読済みの論文がない、などと現実逃避する高学歴の方と麦飯を拒否した森鴎外がそっくりそのまま重なります。

高学歴の方には現実がみえない傾向があるみたいですね。

森鷗外:脚気の原因は細菌だ!

栄養失調でした

海軍の兵食改良を徹底して非難したこと。鷗外は留学先からわざわざ高木を非難する論文まで送っており、これは日本国内における脚気栄養説への攻撃にも利用された。コッホが細菌を発見するまで人類は病気のメカニズムすら把握していなかった。

海軍や高木が行い、陸軍でも日露戦争開戦前に取り入れて成果の挙がっていた「原因は(当時は)わからないが結果として脚気が治る」という現在で言う疫学であるイギリス流の医学に基づく対症療法を認めなかった、あるいは軍の輸送能力や現場からの要求という「情」を持ち出してむしろ後退させた結果が、日露戦争での陸軍の脚気死亡者27,468人(死亡5,711人、事故21,757人)となって現れた。

日露戦争での戦没者は88,429人、脚気などの戦病死以外の、戦死戦傷死者は55,655人に上るが、ロシア側には「歩行もままならない幽鬼のような日本兵」が当時の新兵器である機関銃を備えた陣地に無謀な攻撃を仕掛け、なすすべもなく撃ち倒されたという記録がある。戦病死よりもまだ名誉の戦死の方がマシであると兵士や現地指揮官に思わせ、無為な戦死者を生んだ原因は、陸軍軍医部上層部の脚気根絶の無理解、あるいは栄養説への反発と保身にあった。

論理にこだわり過ぎて、学術的権威に依拠し過ぎたこと。原因が判明しないまま全軍に取り入れることはできないというのは一面で正しいものの見方であるが、経験が蓄積され、あるいは研究が進展してからもなお細菌説に固執した。鷗外は自身同様にコッホに師事した北里柴三郎が「脚気細菌説は誤り」とした時、これを批判した。

北里がペスト菌を発見した際もこれを痛烈に批判している。軍医、しかも高官にまで出世する立場にあるならば、ビタミンなどの微小栄養素が発見前であることから原因の説明ができない高木の栄養説を攻撃する前に、徴兵主体の兵士の健康を確保するべきであったが、鷗外にとってそれは重要ではなかった。

コッホの助言によって東南アジアでの同種の栄養素欠乏症であるベリベリの調査が行われ、「動物実験とヒトの食餌試験」という手法が日本にも導入された。この結果、細菌説の支持者だった臨時脚気病調査会の委員が栄養説へ転向したが、会長の鷗外はこれを罷免した。また麦飯派の寺内が求めた麦飯の効能の調査については、栄養の問題そのものを調査会の活動方針から排除した。

日清戦争時に上官の石黒に同調したこと。石黒は日清戦争当時に土岐頼徳からの麦飯支給の稟議を握りつぶし、日清戦争後の台湾の平定(乙未戦争)でも白米の支給を変えてはならないと通達した。石黒自身は、脚気を根絶可能とし、実際に患者を減らした海軍と異なり「脚気根絶は甚だ困難」という談話さえ発表している。土岐が台湾で独断の麦飯支給で脚気の流行を鎮めると、軍規違反を問うて即刻帰京させ、5年後に予備役に追い込んだが軍法会議は開かなかった。

軍法会議を開いた場合、軍規違反を起こした士官の上官としての統率責任と、そもそもなぜ軍規違反に至ったかの経緯が公になるためである。しかし石黒が隠そうとした「麦飯で脚気が減った」経緯を知る元台湾鎮台司令官の高島鞆之助は陸軍大臣になると石黒を辞任させた。鷗外が同調した上官とはこのような人物であり、同じ陸軍の軍医が麦飯で脚気を減らしてもなお高木の栄養説の欠陥を批判するのみで、脚気患者を減らすことを目的とした対策は採らず、日露戦争での膨大な戦病死を惹起した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/森鷗外#脚気惨害をめぐる議論

今とそっくりじゃないですか。

非接種者がピンピンしてるのにもなお、反ワクは低学歴!5Gなんかない!と批判するのみで、ワクチン被害を止めることを目的をした対策はとらず、膨大なワクチン死を惹起したわけです。

学者と医者の自己保身でワクチンにこだわりすぎて膨大な死者が。
ワクチン後遺症一切ムシ。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".