Sponsored link
NO IMAGE

コロナワクチンを打ったことによりがんにかかる時代

NO IMAGE
Sponsored link

コロナワクチンを打ったことによりがんを発症する患者が激増します。

【がん】 日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡していますhttps://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024/

という通り、医師はがんの原因は時代のせいだと嘘を巻き散らかします。

コロナワクチンでがんになったのを医師は「早くがんを治療しないと」とがん治療に送り込み、インチキ治療でよけい死亡の後押しをするのでした。ワクチン接種で儲けて外車などのおもちゃ等を買って喜んでる医師はコロナワクチンの悪口は言えません。

医師も洗脳されていますからがんで死んでると思い込んでいるわけです。

がんを発見したときには、発見される以前にはがんに冒されていたはずなのに死んでおらず、がんが発見されてから医師の治療後に具合がみるみる悪くなって死ぬわけです。

●細胞が分裂するときの「コピーミス」で「がん」がはじまる
私たちの体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。このコピーミスが「がん」のはじまりです。
ただし、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。健康な人でも1日約5,000個のコピーミスが起こっているといわれています。通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅します。
ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。それらが異常な分裂・増殖をくり返し、10~20年かけて「がん」の状態になります。https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024/

これはただの説です。

免疫と遺伝子の突然変異のせいだそうですから、がんの原因は抗がん剤などの発がん性物質やコロナワクチンではないことにできて、大手を振って逃げ切れますよね。

遺伝子のせいにしておけばなんとでも言えますよね。

IARC発がん性リスク一覧

IARC発がん性リスク一覧(IARCはつがんせいリスクいちらん)は、国際がん研究機関 (IARC) による発がん性を有する対象の一覧である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC%E7%99%BA%E3%81%8C%E3%82%93%E6%80%A7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E4%B8%80%E8%A6%A7

発がん性物質の一覧があります。
抗がん剤も発がん性が認められるグループ1に属しています。
グループ2、グループ3、グループ4、と発がん性は下がっていきます。がんのステージと逆なので注意してください。

早い話が、毒性の強いお薬を注入すればがんは人為的に作れるのです。

がん患者を作りたいなら発がん性物質を食品や医薬品に混入させればいいのです。
医師は治療と称して発がんする抗がん剤を打ちたがります。
抗がん剤も発がん性が認められるグループ1に属しています。
発がん性で治るわけがありません。

医師のいうとおりにしてすぐ死亡

発がん性物質を入れられて、全身がんや多発性骨髄腫など騒いでる有名人もいたりします。発がん性物質を入れれば血流に乗って全身に回りますから全身がんだらけになるのは当然です。

安易に免疫抑制剤を処方する医師がいますが、がんになったりしてろくなことになりません。

免疫のせいで病気になっているわけではありませんから、免疫抑制剤を飲むと難病になるだけです。

免疫は自分で自分を攻撃するのかはっきりいって論点です。確定した真理ではありません。

自分を攻撃するなら免疫を抑制するという結論
自分を攻撃するしないと解釈するなら免疫を抑止しないほうがいとの結論に

薬を打って人口を減らしたいなら自分を攻撃するなら免疫を抑制する
この結論を採った現代医学は、病人をガンガン作って殺しまくっているのです。

免疫は異物を排出する力と定義すれば自分で自分を攻撃するわけがないので
免疫を抑制する必要がないとの結論になります。

どっちの説が儲かると思いますか。

●がんは全身のどこにでも発生する
がんは、全身のあらゆる場所に発生する可能性があります。胃や肺、肝臓などの内臓はもちろん、血液や骨、皮膚などにできるがんもあります。https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g4/cat450/sb4502/p024/

全身のあらゆる場所に発生させることもできるのです。

原因は、赤血球と発がん性物質が融合してできたから、と考えられます。赤血球は全身どこにでもありますから全身にできる可能性はそりゃあります。

発がん性物質と赤血球が融合すれば正常な赤血球が相殺されて減りますから、貧血にもなります。インチキ治療を受けていれば赤血球を無駄遣いして貧血になるわけです。

放射線や抗がん剤で骨髄の造血が抑制されるとか、赤血球が通常より壊れやすくなるとのゴマカシもありますが、単に毒物を入れただけでした。

抗がん剤でがんだらけになったのを「急に遺伝子の突然変異でがんが進行して増えた」と猿芝居をしているのです。

医師も知っててわざとやっているのです。

がんで死んだことにしたいから、見舞いがいなくなって人気のない空きを狙って抗がん剤を注入して、がんの急変と見せかけて殺人行為を繰り返す医師がいます。自分の担当していない患者にも注入して、「がんは急に進行する怖い病気だ」と若い医師に嘘を教え洗脳したりしています。

殺意を持って患者を殺そうが、死亡診断書は加害者が自由に内容を書けますから問題ナシです。因果関係も当然ナシ。病気で死んだんだ、ボクは悪くない、で済みます。

こんな工作にも気が付かない患者は「ありがとう」などと医師に殺られたことにすら気が付かないまま、あの世に旅立って行くのです。この殺人行為を繰り返す医師は保険点数を稼いだことになり出世が早まり、接待されてウハウハ、病院内での立場がよくなっていくのです。接待なんて接待してるように見えないようになんていくらでもできるし、カネの受け渡しなんて病院なんか通さなくても、私的に手渡せばいくらでも可能ですからワセダクロニクルマネーデータベースで検索して出てくるような少額で済むわけがありません。

コロナワクチンも発がん性グループ1に追加されることになります。

この手の詐欺は、病院という密室に行われ、被害者が死亡していることが多いため事実が発覚しにくく、騙されて死んでないにしても、寸前で声もあげられない、都合の悪い現実を受け入れるわけにもいかなくなっており悪質ですから、しっかり疑ってかかる必要があります。

ワクチンからのインチキがん治療コンボで犠牲者が続出していきますが、恨むなら医師にしてください。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".