Sponsored link
NO IMAGE

「クロニックコビッド」ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドで大量発生

NO IMAGE

エイズに似た「クロニックコビッド」がヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランドを席巻

https://igorchudov.substack.com/

この記事では、無限に続くコロナ再感染がなぜ起こるのか、そしてそれがもたらす危険な結末について、最近の科学の進歩に基づき、正確に説明する。

何が起きているのか?

昨年12月頃、オミクロンが出現したとき、欧米のほとんどの国の権力者は、麻疹と同程度の感染力を持つコロナ変種オミクロンが、ワクチン免疫を回避しながら、同時に野火のように広がり、その原因が大量ワクチン失敗の状況にあることに気がついたのだ。

そこで、巧妙な解決策として、封じ込めを完全に廃止し、ワクチン未接種の人々に「病気と死」を望み、ワクチン接種を受けた世界が「集団免疫」を獲得し、比較的低い死亡率を享受できることを期待することにした。

残念ながら、彼らにとっても、私たちにとっても、物事はこのようにうまくは運ばなかった。病院はワクチン接種を受けた人々で溢れかえっている。英国をはじめ欧米諸国を悩ませているエンドレスのコロナ短期再感染は、「クロニックコビッド」に向かって滑り出している。集団免疫はワクチン未接種の国だけが享受している。

クロニックコビッドとは、ワクチン接種を受けた人が自然免疫を獲得できず、感染症をすぐに治すことができず、長期間にわたって病気や感染症が続く状態のことだ。このような感染を繰り返すと、次第に免疫力が低下し、コロナを全く除去できなくなる。そうなると、慢性的に感染し、他人に感染させ、毒性を持ったコロナウィルス蛋白に圧倒され、免疫抑制されたまま、ということになる。

本稿では、科学的なメカニズムを説明し、なぜこのようなことが起こっているのかを明らかにする。最近の3つの研究を使って、次のことを示します。

被接種者は 「自然免疫 」を獲得できない

ブーストされた人は、感染してもすぐにウイルスを排除することができなくなる

コロナビリオンは、抗体依存性増強(ADE)により、免疫を担う血液細胞である単球に侵入・損傷し、免疫系を徐々に破壊していく。また、Sars-Cov-2は免疫担当のT細胞にも感染する

自然免疫と抗原原罪
私自身、そしてエル・ガトー・マロやユージピウスを含む多くの素晴らしいサブタッカーたちは、抗原原罪、あるいは「免疫刷り込み」と呼ばれるもののために、ワクチンを受けていない人々のような適切な「自然免疫」を獲得できない可能性について多くの記事を書いている。

重要なのは、ワクチン接種を受けた人は、感染した亜種に対して完全な免疫反応を起こさず、代わりに役に立たない武漢抗体を産生し、感染を防ぐことさえできなかったということである。

これが、ワクチン接種者が頻繁に再感染する主な理由だ。

ブーストされた人のウイルスクリアランスの遅さ

もう一つの画期的な論文は、「コロナワクチン」が感染を予防しないだけでなく、ブーストされた人は、症状が明らかに解決した後も、極めて長期間にわたって感染とコロナ陽性を維持することを示したものである。

ここでは、ブーストされた参加者が、症状が治まったように見えるにもかかわらず、はるかに長く感染状態を維持し、9日目でも依然として高いウイルス量(Ct < 30)を示していることがわかる。

CDCは、5日目には隔離を終わらせることができると言っています。しかし、このような長いウイルスクリアランスは非常に問題です。症状が治まっているにもかかわらず、患者は病気、感染症、感染力のある状態を維持していることを示している。他のどんなウイルスがそうなのか?そうです、HIVだ。症状は治まるが、ウイルスは残る。

ちなみに、ブーストを受けた人が発病10日目頃に心臓病や肺塞栓症を多く起こすのもこのためだ。もう1つは、コロナによる免疫系へのダメージが大きいことだ。

ブーストされた免疫システムは、実際にはウイルスを完全に除去することなく、発熱などの「症状」を止める。これは、免疫系の最も基本的な仕事である、ウイルスを除去することができないことを意味する。症状は止まっても、ウイルスはかなり長い間、抵抗することなくダメージを与え続けている。

ワクチン抗体は、ADEを介して免疫単球細胞の破壊を促進する

私の論文の最悪の部分は、この部分に含まれている。恐ろしい「抗体依存性増強」、すなわちADEが、ついに科学的に確認されたことがわかった。

コロナ抗体の中には、「画期的な感染症」が単球と呼ばれる、人間の免疫システムの多くの機能を担っている血液細胞に感染し、破壊するのを助けるものがあることが判明したのである。

この論文で述べられているのは、抗体はSars-Cov-2による単球の感染を促進するということである。この感染によって、感染した単球は死滅し(パイロプトーシス)、炎症、重篤な症状、単球の破壊、免疫系の損傷につながる。

感染のたびに単球を死滅させることは、再感染が狭い間隔で起こる場合には、うまくいかないと思われる。

また、不思議なことに、HIVと同じLFA-1タンパクを使って、Sars-Cov-2もT細胞に侵入し、殺してしまうことに注意してほしい。つまり、再感染するたびに、単球へのダメージとT細胞へのダメージが発生するのである。

Sponsored link

クロニックコビッドという名前のVAIDS、ワクチン後遺症でした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".