Sponsored link
NO IMAGE

抗ウイルス材料強い酸化力CuXO/TiO2が細胞破壊して肌がボロボロになり逆に感染症の温床に

NO IMAGE

抗ウイルス材料、変異株に有効 2大学など解明、電子機器に期待も
4/14(木) 20:40配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/b20cba2fed7b50b30b270938e16a38bcca69d5a6

酸化銅と酸化チタンからなり、公共空間などで使われている抗ウイルス材料(CuXO/TiO2)が、新型コロナウイルスの変異株にも有効であることを、奈良県立医科大や神奈川県立産業技術総合研究所、東京工業大学の研究者らが突き止めた。抗ウイルス機構を解明、「スパイクタンパク質」やRNA損傷を確認した。今後も出現が懸念される新たな変異株にも有効と期待され、電子機器や公共空間の機器類への活用が進むと期待される。

コロナウイルスをめぐっては、光触媒の効果をめぐる研究などが様々に展開されている。CuXO/TiO2はかねて、抗ウイルス材料として使われてきたが、今回、コロナへの効能がエビデンスをもって明示された形。

研究者らは「パソコンやスマホといった機器類や、工場などの設備類、病院など公共空間でも活用が進む」と期待する。

研究チームが用いたのは、可視光応答形光触媒材料(CuxO/TiO2)というものだ。光触媒とは、光が当たることで化学反応を起こす物質のことである。2酸化チタン(TiO2)は世界で最初の「光触媒」であり、日本で開発された。これは紫外線が当たると強い酸化力を示す。酸化によりウイルスや細菌などは壊れて感染できなくなるし、化学物質は分解される。しかし屋外なら紫外線は十分な量を得られるが、室内では十分な酸化力を示すことができない。

そこで新たに作られたのが、TiO2の表面に酸化銅(CuxO)を添加したものである。この素材の特徴は可視光線を当てることで表面に強い酸化力が現れることだ。可視光線は、通常の蛍光灯などで得ることができるため、室内環境でも酸化力を示すことができるのだ。https://www.zaikei.co.jp/article/20201002/587773

Sponsored link

強い酸化力で肌がボロボロに。
ウイルス倒しても人体に有害では意味なし

ウイルス〇〇の商品は避けるのがオススメです

ウイルスの自然発生説

酸性物質で電子を奪い細胞膜を破壊

染色体の断片が流出

染色体の断片が病的細菌ウイルスに成長

感染症が蔓延

よけい汚ねえことになるでしょう

二酸化チタンを食品、サプリ、入浴剤に入れるのやめろ

がんが増えるの当たり前だわ

ウイルスには、アルカリ性にする、還元する、電子を増やすこと 逆方向に突っ走る馬鹿な研究者たち

重曹水ネブライザー投与であっという間

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".