Sponsored link
NO IMAGE

ファイザー社コロナワクチンが小児の肝炎発生に関与か

NO IMAGE

ファイザー社コロナワクチンが小児の肝炎発生に関与か

https://naturalnews.com/2022-04-13-pfizer-covid-vaccine-responsible-hepatitis-outbreak-children.html

英国で小児の肝炎(Hepatitis)が増加しており、英国保健安全局(UKHSA)が緊急調査を行っている。

当局は、この病気がなぜ若者の間で広がっているのか見当もつかないと言いますが、彼らが無視している象は、武漢コロナウイルス(Covid-19)の「ワクチン」、特にmRNA(メッセンジャーRNA)技術を使って作られたワクチンです。

この化学毒は肝臓に蓄積され、ご存知のように「肝炎」を引き起こす。肝炎ワクチンもまた、病気の原因となることを心に留めておいてください。

スコットランドでも5歳以上の人がmRNAを注射され、肝炎が増加しています。報道によると、現在調査中の症例には肝炎を引き起こす一般的なウイルスは含まれておらず、コロナワクチンが原因であることがさらに示唆されています。

肝炎の症状には、濃い尿、淡い灰色の便、目のかゆみ、皮膚や目の黄疸、筋肉や関節の痛み、高熱、体調不良、慢性疲労、食欲不振、胃痛などがあります。

ファイザー社独自の研究により、mRNA化学物質が肝臓に蓄積され、肝炎を引き起こすことが判明

英国の国民保健サービス(NHS)は、UKHSAや英国内のさまざまな公衆衛生組織と協力して、この集団発生の原因を究明している–と伝えられています。

mRNA注射は原因として言及されることもないでしょうから、政府機関は空回りする一方で、まっとうな結果を出すことはありません。それが政府の本質です。

世界中に、(ウイルスベクター)に含まれ、(mRNA)ファウチインフルエンザ注射によって作られるスパイクタンパク質は、注射部位に残り、2週間ほどしかそこに留まらないと言われたが、これは事実ではありません。

mRNA注射を製造している2つの製薬会社のうちの1つであるファイザー社(もう1つはモデルナ社)が行った研究によると、注射によるスパイクタンパク質は全身を巡り、最終的には肝臓に集中することが分かっています。

「注射部位以外の平均濃度は肝臓で最も高く、男性で27.916?g equiv lipid/g(21.5%投与に相当)、女性で30.411?g equiv lipid/g(18.4%投与に相当)でした」と同研究は明らかにしています。

また、日本政府が実施した生体内分布試験では、コロナワクチン注射用スパイク蛋白は、注射部位から血流にのって肝臓、脾臓、副腎、卵巣などの重要な臓器に到達することがわかりました。

注射後少なくとも48時間は、蓄積されたスパイクタンパク質が重要な臓器の中で生き続け、障害を引き起こす可能性があることがわかりました。ファイザーのBNT162b2注射剤を投与された動物では、以下の可逆的な肝障害が観察されました。

  • 肝臓の肥大化
  • 空胞化
  • ガンマ・グルタミル・トランスフェラーゼ(yGT)値の上昇
  • アスパラギン酸トランスアミナーゼ(AST)およびアルカリホスファターゼ(ALP)のレベルの上昇

ある研究では、ファイザー社の注射剤から出たmRNA化学物質がヒト肝細胞に入ると、核内の細胞DNAをトリガーして、mRNAの生成に必要なLINE-1遺伝子の発現を増加させることが判明しました。

「mRNAは、その後、核を離れて、細胞の細胞質に入り、そこで、LINE-1タンパク質に翻訳されます」と、この研究についてのDaily Exposéは報告しています。

「オープンリーディングフレーム-1、またはORF-1と呼ばれるタンパク質のセグメントは、次に核に戻り、そこでワクチンのmRNAに付着し、スパイクDNAに逆転写されます。」

同じ研究で、肝細胞の表面に発現したスパイクタンパク質が、免疫系に狙われて、自己免疫性肝炎を引き起こす可能性があることもわかりました。

「BNT162b2ワクチン接種後に自己免疫性肝炎を発症した人の症例報告が(これまで)ありました。」と、同研究は述べています。

Sponsored link

マスゴミ:子供は打ってないしワクチンだけは関係ないんだぁ〜

打ってないとしたらシェディング

細胞を破壊すればウイルスは勝手に生まれる

専門家はウイルス自然発生説を知らないからアデノウイルスにかかった〜感染対策だ〜
外じゃなくて内だろ

 

国内のB型肝炎( ウイルス性肝炎)の持続感染者は、110~140万人存在すると推計されています。
このうち、昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種等(予防接種またはツベルクリン反応検査)の際に、注射器(注射針または注射筒)が連続使用されたことが原因でB型肝炎ウイルスに持続感染した方は最大で40万人以上とされています 。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/b-kanen/index.html

肝炎と言ったらワクチン
注射器のせいでゴマカシ製薬会社を守るための詭弁

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".