Sponsored link
NO IMAGE

ファイザー・モデルナ・J&J コロナ遺伝子変異注射に関連する上位7つの「合併症」

NO IMAGE

ファイザー、モデルナ、およびJ&JCOVID遺伝子変異注射に関連する上位7つの「合併症」

https://www.naturalnews.com/2022-05-11-top-7-complications-from-covid-gene-injections.html

人口の0.01%しか死なないウイルスとのトレードオフとして、人々が「ワクチン」によって負傷したり、死亡したりする高いリスクを受け入れる理由はたった一つ。それは、ジャブが実際にどれほど危険なものであるかを知らないからである。

血栓を作りやすい世界中の人々が、武漢コロナウイルス(COVID-19)遺伝子治療注射をいまだに受けているのは、CDCが「ワクチン」によって何千という微小血栓が直接引き起こされるという事実を隠蔽しているからである。

健康な運動選手、軍人、十代の若者や子供たちは、ファウチ風邪の注射を受けた直後に不整脈に悩まされている。これらの動悸は非常に危険で、心臓発作や脳卒中に直接つながる危険性がある。

何十億ものスパイクタンパク質のナノ粒子が血管系に広がり、免疫系がそれをすべて攻撃しようとします

赤ちゃんを産む予定ですか?妊娠中の女性がファウチ・インフルエンザ予防接種を受けると、有毒なプリオンが血液を通して全身に広がり、胎児にまで到達する。

すると、免疫系はこれらすべての致命的なプリオンを外敵として認識し、攻撃を仕掛ける。CDCは、この予防接種が筋肉内注射であり、注射されたすぐ近くの筋肉にとどまることを意味していると世界に告げたが、それは大嘘であった。

だから、ほとんどの妊婦は、どの妊娠期間であっても、プロテイン・プリオンの注射を受けた後、不本意ながら赤ちゃんを流産してしまうのである。これが、ファウチ・インフルエンザ予防接種が新しい “モーニング・アフター・ピル “と呼ばれる一つの理由である。

癌とは、血液や重要な臓器に感染する変異した細胞の無秩序な増殖であり、ちょうどCOVIDジャブによるプロテイン・プリオンのようなものである

がんが血液や臓器に広がるのは、細胞内の複製機構が壊れて、突然変異を無秩序に再生産しているからだ。

mRNA「テクノロジー」を注射されると、あなたの細胞は、有毒なウイルスに似たプリオンを永遠に作り続ける、という永久的な指示を受けることになり、免疫システムは、血液と臓器が侵略されていることに気づく。

このとき、体はこれらの敵を封じ込めようと腫瘍を作り出すが、ほとんどの人は、食物毒を食べ続け、悪夢を送り続けるだけで、mRNAが毒性プリオンを作り続けるのと同じことをする。このような注射もまた、癌の腫瘍を引き起こす。このような巧妙な「メリット」がリスクを上回るとお考えですか?我々はそうは考えない。

ここまでくると精神異常者だろ

ワクチンをうって何千人の人が亡くなったなどとデマが流されています。米国CDCは、5億7900万回のワクチン接種が行われ、死亡例に関係しているのは、J&J/Janssenの9例だったと説明しています。ワクチンは安全で、有効です。ワクチンの利益は、そのリスクを大きく上回ります。

Sponsored link

でま太郎

メリットなんかねーよ

ちなみに2022年5月13日のツイート、去年じゃないです最近ですよ!

続き

mRNA注射による急性アレルギー反応は珍しいことではなく、むしろよくある。アナフィラキシーは、免疫系が化学物質を大量に放出し、血圧が急降下し、ショック状態に陥いる。呼吸が完全に阻害され、死に至ることもある。アナフィラキシーは、経験した人の1〜2%が死に至ると言われている。

FDA/CDCが「承認」したすべてのCOVID-19遺伝子治療注射の大規模な調査では、注射を受けた64900人の患者のうち1365人に急性アレルギー反応が報告され、そのうち16人がファイザーの注射で、9人がモデルナの注射で(男女)アナフィラキシーを経験している。そして、注射後どのくらいでアナフィラキシーショックに陥ったか?わずか17分後だ。

COVID-19ワクチンは、糖尿病、肥満、癌、心臓病、認知症など、深刻な「症状」を持つ何百万人もの人々への死刑宣告にほかならない。もし、あなたがファウチインフルエンザ予防接種が人口削減の手段であると信じないなら、CDCがなぜ免疫不全者に予防接種を受けるように強く勧めるのか、自問してみてほしい。

ファイザー、モデナ、J&JのCOVID遺伝子変異注射によって直接引き起こされた「合併症」トップ7

1. 微小血栓

2. 心筋炎(不整脈)

3. 不随意流産(流産)

4. 癌腫(がんしゅ)

5. アナフィラキシー

6. 持病の悪化(糖尿病、関節炎、アレルギー) 7.

7. 死亡

死ぬリスクを上回るメリットがあるらしいよ

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".