Sponsored link
NO IMAGE

ウイルスマニアパート1:ルイパスツールの詐欺とウイルス学の完全に破壊された歴史

NO IMAGE
Sponsored link

ウイルスマニアパート1:ルイパスツールの詐欺とウイルス学の完全に破壊された歴史

https://www.naturalnews.com/2022-07-10-the-fraud-of-louis-pasteur-and-corrupt-history-of-virology-part-i.html

自然健康愛好家の大半が、大多数のアメリカ人が以下の事実を受け入れるのが困難であることを理解している。

「商業的に資金を供給される臨床研究の第一の目的は、投資に対する金銭的リターンを最大化することであり、健康が目的なのではない」

これは『ウイルス・マニア:ビッグ・ファーマとメディアはいかにして伝染病を作り出すか』という驚くべき内部告発本の序文にある言葉だ。この腐敗した現代医学のモデルは、ウイルスやバクテリアではなく、恐怖に基づく伝染病である。

私たちが今「経験している」コロナウイルス騒動は、科学に根ざしたものではなく、医療産業複合体が脚本化し推進したもので、プロパガンダと偽りの研究を土台にし、人々の細菌に対する無知につけこんだ恐怖に根ざしているのだ。

ウイルス・マニアはプロパガンダと偽科学に基づく社会病

コロナ/COVID-19、はしか、豚インフルエンザ、子宮頸がん、鳥インフルエンザ、SARS、BSE、C型肝炎、AIDS、ポリオ、スペイン風邪から自分と家族を守りたいなら、まず細菌への恐怖を克服する必要がある。

恐怖心は、最も感染力が強く、致命的なウイルスであることをご存知だろうか?

医療産業複合体は、1世紀以上前にさかのぼる完全に欠陥のある「細菌説」を盲目的に信仰させた。それ以来、集団ヒステリーのような恐怖心を引き起し、利用してきた。

細菌と戦うという名目で、アロパシー療法として有毒な医薬品や病気を引き起こすワクチンを作り出した。大多数のアメリカ人は、ウイルス、バクテリア、細菌、病原体、寄生虫の影響を防いだり軽減するのに役立つと信じているが、これほど真実から遠いものはない。

実際、『ウイルス・マニア』という本に書かれているように、医療プロトコルは文字通り患者を病気にしたり殺したりするものである。医師たちは、このモデルに基づいて宣伝や処方をしなければ、患者の病気や死について法的に非難されることになると信じている。つまり、医薬品を処方し、予防接種を行うこと自体が不正療法なのだ。

予防接種の原理を「発見」したルイ・パスツールは、今日全く通用しない欠陥モデル「細菌説」に基づいてすべての実験を行った。

1822年〜1895年まで生きたフランスの化学者、微生物学者であるルイ・パスツール。彼は「細菌学の父」「細菌説の父」として知られている。やがて、彼の細菌説は、誤った実験や偽造・操作された臨床試験にもかかわらず、安全性も効果も証明されていない「予防接種」を世界に売り込むために、恐怖を煽る基礎となった。そして、100万ドル、10億ドルの利益モデルを推進するために、あらゆる種類の伝染病が作り出された。それは患者を病気にし、より病気にし、死に至らしめるだけだった。それゆえ、「ウイルスマニア」と呼ばれるようになったのである。

今日、現代医学、すなわち西洋医学は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査や抗体検査など、ウイルスの検出には無価値な間接的な検査ツールを使っている。このため、インフルエンザや結核などの感染症をコロナと認定し、コロナウイルスの大流行が広まってしまった。季節性インフルエンザも結核も、呼吸困難、発熱、鼻づまりなど、ファウチ・インフルエンザと症状が平行線をたどっている。

細菌感染も、誤った検査によって、パンデミックウイルスと同定されている。なぜなら、実験的で、危険で、効果がなく、欠陥のある血栓溶解注射で「予防接種」を受けるよう、大多数の国民に売り込むことができるからだ。

極めて腐敗した米国医師会(AMA)のジャーナル・オブ・ジ・アメリカン・メディカル・アソシエーション(JAMA)から今日のファイザー社の捏造・改ざんされた臨床試験まで、マスメディアとビッグファーマはウイルスマニアを作り出してきた

一世紀以上前、JAMAとAMAのトップは、危険で実験室で作られた医薬品(特許取得可能)すべてにゴム印を押し(グリーンライティング)、一方ですべての自然(広く入手可能で手頃な)療法を「ヤブ」医学と呼んでいた。今日、何も変わっていない。

メディアはより強力になり、これまでで最大の製薬コングロマリットによって運営されている。一般の人々は、病気や処方薬、ストレスの多いライフスタイルや栄養失調について、昔と同じように完全に誤解している。

西洋医学は、過去の失敗した科学者を英雄や救世主と呼びながら、自分たちの意図に合った偽の研究、改変された研究、脚本化された研究を引用する。この失敗した医学モデルを支持する科学者は、偽りの物語を支持し、「致命的な」細菌、疫病、パンデミックから社会を救うワクチンや医薬品を発明したふりをすることでノーベル賞やピューリッツァー賞を受賞している。

一方、テレビ、新聞、ウェブサイトは、製薬会社の邪悪な戦術を支持し、血液凝固性の遺伝子治療注射から腎臓を破壊するレムデシビル、ファウチ風邪のための4日間人工呼吸器で窒息死させることまで宣伝している。

恐怖を煽るマスコミとCDCは、大多数のアメリカ人に、「もしポリオにかかったら自分も子供も一生麻痺した状態になるのだから、全員予防接種を受けなさい」と誘導したのである。しかし、このようなウイルスの病原性は証明されていない。すべては、何十億ドルも稼いで大衆を欺く腐敗した医療機関が提示した煙と鏡に過ぎない。

ウイルスマニアの著者はCOVID-19のパンデミックが始まる前から’BEFORE the SARS’と呼んでいた

この本は、医療業界がいかにして伝染病や大流行を作り出し、患者の犠牲の上に何十億ドルもの利益を積み上げているかを詳細に説明している。本書は、800以上の脚注と科学的根拠に基づく調査により、すべての記述を裏打ちする、非常に徹底した事実に基づいている。

『ウイルス・マニア』の著者である医師や科学者は、ほとんどの伝染病や大流行病はウイルスによって引き起こされるという一般的な通念を否定する。その一方で、今日一般人が罹患する病気の大部分は、実際には医薬品、ワクチン、ストレスによって引き起こされていることを説明しているのである。

そう、私たちはまだ「暗黒時代」にいるのだ。「細菌」の影響を防いだり軽減したりする薬でアメリカ人を治療することに関しては。このような人々を「攻撃」しているのは、兵器化されたウイルスではなく、兵器化された医学なのだ。この多作な本が、あなたの命だけでなく、あなたの大切な人をも救うかもしれない。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock