Sponsored link
NO IMAGE

エクソソーム説がワクチン解毒にどうしてダメなのか

NO IMAGE
Sponsored link

エクソソーム説が人気が出ているようです。

エクソソームは、タンパク質やRNAなど、起源細胞に由来するさまざまな分子的構成要素を含んでいる。エクソソームのタンパク質組成は起源となった細胞や組織によって異なるが、大部分のエクソソームは進化的に保存された共通のタンパク質分子のセットを含んでいる。https://ja.wikipedia.org/wiki/エクソソーム

エクソソームは病気の原因ではなく結果です。結果を原因と捉えて解決することは何一つありません。

エクソソームが原因と言われても、エクソソームの除去方法がわからないのですからどうしようもありません。

透析でもやりますか

透析をするとどんどん悪化します。透析するようになったら終わり、なのではありません。透析で悪化し終わりにされているのですが、病院にはカネががっぽり入ります。

ちなみに、透析患者の死因の多くは、がん、脳出血、心筋梗塞など血液の酸性化です。血液をきれいにするといいながら血液を汚して固めているのです。

不合理な治療行為による結果を患者のせいにするのはやめましょう。

機械で体内の異物を除去することは不可能です。体内の異物は赤血球と融合しているから物理的な方法では除去は無理です。現代医学が病を治せない根本の理由がこれです。

分化作用

細胞は赤血球からできる赤血球の分化作用があります。

病的細胞は赤血球と異物や毒物が融合してできます。

それがエクソソームと考えられます。

エクソソームは、タンパク質やRNAなど、起源細胞に由来するさまざまな分子的構成要素を含んでいる。

タンパク質なんちゃらといったら、たいていはできそこないの病的細胞です。エクソソームだろうがサイトカインだろうが同じようなものです。

腫瘍のエクソソームによる細胞間コミュニケーションががんの転移を媒介しているという仮説がある研究から立てられている。仮説では、エクソソームは腫瘍の情報を新たな細胞へ植え付け、転移によってその器官へ移動する準備を整えるとされている。

エクソソームが発がんを媒介しているのではなく

赤血球に毒物が融合してエクソソームとなり、血液中を異動してがんになってるだけです。

抗がん剤のような毒物ががんの原因です。エクソソームのせい、でごまかして抗がん剤で人間を殺そうとしてるわけです。エクソソームが何なのかを研究するより、抗がん剤を注入することを正当化するために科学者は頑張っているのです。

遺伝子から細胞ができると信仰している者だらけですが、抗がん剤を注入すれば赤血球と毒が融合しがんはできます。毒が回ればがんが全身にできます。転移もへったくれもありません。医師が毒を患者に注入しているのが原因です。

毒が心臓に到達しないように固まっているのです。遺伝子から細胞ができているのではなく、赤血球から細胞ができているわけです。

抗がん剤を注入するとがんの進行にみせかけることができて病死にできる、と患者を連続殺害して回る医師もいます。抗がん剤を内緒で打ってがんだらけにして死亡診断書をがん死と記載してゴマかし放題ですが、抗がん剤でがんだらけにできると知った上での行動です。

この方法で何人始末したのかを医師に尋ねるのがオススメです。

元気な患者が入院して、抗がん剤を注入された瞬間に遺伝子のコピーミスがタイミングよく起こり、がんだらけになり死亡する、なんて変だと思いませんか。

毒チンの怖さは、染色体の塩基配列の改変ではありません。病院の処方薬として毒を入れれば染色体の塩基配列は変更されます。だから人相や性格もおクスリで変わるのです。染色体の塩基配列などそんな程度のものです。

染色体の塩基配列が変更されたから、また遺伝子治療薬で塩基配列をもとに戻す、なんてのは確実に失敗します。染色体の塩基配列の変更は病気の原因ではなく結果です。

病気のための処方薬で具合が悪くなり、「それは病気だからもっと薬飲め」のヤブな医者と同じです。

遺伝子から細胞ができているわけではないので、大した問題でも原因でもありません。

ワクチン後遺症の実態は細胞破壊と血液の凝固です。ワクチンの成分と赤血球が融合して病的細胞になり固まってるのが血液凝固です。

血液を固める作用のあるものが毒なのです。

逆分化作用

逆分化作用で血球と異物にもどすのが逆分化作用です。血栓を溶かすのが逆分化作用なわけです。

逆分化作用で解毒したいなら血液をきれいにしていくことです。

透析とか血液クレンジングしろといってるわけではありません。血液が汚いのは酸化ですから、きれいにするのは弱アルカリ性にしていくことです。

pHそのものは変化しません。pHは絶妙にコントロールされてるからとケチつけてくる絶妙馬鹿もいます。pHとはあいまいな基準ですからこれで何でも解決とはいきません。

pHの変化したり維持されてる実態を捉えることが大事です。アルカリ性の骨がとけていたらpHが下がりませんよね。この生命維持機能を「絶妙」ワードに酔っているうちに、医師に毒を注入されて骨が相殺されて悪化するのです。医学者なのか作家なのか、どっちなのかはっきりしてほしいものです。

クエン酸ナトリウムのような無害なものならいいのですが、還元反応を無視した他の抗凝固薬では失敗します。

医師はこんなことを知りません。

断食で回復できるのはアルカリ性の骨の成分をとかしてアルカリ性になっているからです。アルカリ性の薬品を飲めと言ってるのではありません。電子を補給するのです。

クエン酸は酸性ですが、電子を補給できるのでアルカリ性食品に分類されているのです。アルカリというとパブロフの犬がアルカローシスが怖いんだ!とケチつけて騒ぎ出す馬鹿が出てくるのが日常の風景ですが、人体における還元剤を補給しろということです。医師は酸化剤ばかり患者に勧めるからバタバタ死ぬのです。

アルカリ性食品なんかない
クエン酸重曹を混ぜるとただの炭酸水になってシュワッとしてるだけ

こういうことを叫ぶ輩は腎臓の正確な機能を捉えることはできません。治ったら困る意識がミエミエです。

腎臓はゴミ取り機ではありません。酸化した血液をナトリウムの電子で還元します。だから塩が大事なのです。腎臓はゴミ取り機、と誤解するから透析で悪化するのです。

クエン酸ナトリウムのような無害なものならいいのですが、還元反応ではないので他の抗凝固薬では失敗します。

還元反応は化学の教科書にも記載されているので、オカルトでも何でもありません。化学を医学に応用できない程度に知能が低いだけです。

透析で悪化するのは腎臓の機能を誤解しているからです。「一度悪くなった腎臓は二度と回復しません」という設定にしておかないと困るのです。腎臓の真の機能に触れられると、治られる可能性が出てくるから儲かりません。

酸性化でおこる細胞破壊

コロナワクチンが万病のもとであることはいい加減にご理解いただけたでしょう。

コロナワクチンが細胞膜を破壊し、染色体が血液中に流出し、ワクチンの異物が赤血球と融合してがんになる
臓器の細胞も破壊されて 病的細胞が増える

これは酸化です。毒チンが電子を急激に奪っているのです。ワクチン後遺症の悪化は激しい運動など、電子を急激に消費したときに急激に悪化するのです。

破壊されて出た染色体の断片が病的な細菌ウイルスに成長します。これも酸化です。つまり薬品で細菌ウイルスを駆除しても血液がその薬で汚れて細胞が破壊されるからダメです。人体内と環境の異なる試験管内での実験では無意味です。

風邪も細胞破壊され、血液中に染色体の断片から成長した病的細菌ウイルスが増えて、異物排出のために発熱しているわけです。その発熱を薬品で抑えると還元反応が抑えられて回復が遅れるのです。

そもそも、血液を弱アルカリ性に保っていれば、細胞破壊されないので風邪の症状すら出ません。

コロナ騒動下で食生活の改善に励み、アルカリ性食品クエン酸重曹で「あれっ、風邪をひかないな…」と感じる方もいるのではないでしょうか。偶然ではありません。

エクソソーム説で進歩ナシ

エクソソーム説は何の解決にもなりませんから馬鹿にはオススメです。

いきなりワクチン解毒といったところで、ワクチンを打たない状況で病気を治すことに成功したこともないくせに、今になっていろんな薬やサプリでうまくいくわけがないでしょう。

ここぞとばかりに珍奇な説を唱えて注目を集めようと必死な芸人たち。玄人みたいなこと言って通ぶって、わけもわからずやみくもにやってるだけ。ビタミン剤や亜鉛サプリなど、ご親切で浅はかなアドバイスが逆効果となり散財して終了です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock