Sponsored link
NO IMAGE

手洗い:そもそも時間がたってからリスクが上がるとかおかしいですしシュードウリジンで遅効性

NO IMAGE
Sponsored link

手を洗う救急医Taka
ホントこれですね。

そもそも時間がたってからリスクが上がるとかおかしいですし。

本当にワクチンで作られる抗体が悪いなら、接種直後に最大のデメリットがあるはず。

遅効性になるようにカリコが細工してんだよ

接種直後に死ななかったのはワクチン関係ないと言いたいだけ

mRNAを体内に入れるとすぐに分解されるほか、ヒトの免疫系がRNAウイルスの侵入と勘違いして、トル様受容体を活性化し、炎症反応を引き起こします。
この問題点を解決する技術を開発したのが元ペンシルベニア大学(現・ビオンテック社上席副社長)のカタリン・カリコ博士(Dr. Katalin Karikó)です。

カリコ博士は、mRNAを構成する塩基の1つウリジン(U)を、細胞の中に存在するtRNA(転移RNA)では一般的なシュードウリジン(Ψ)などに置き換えると、二次構造が変化し、炎症反応が抑えられること(2005年 ※1)、目的とするたんぱく質生成の効率が上がること(2008年 ※2)を発見しました。

これらが、今回のワクチン開発の一つの基礎となっています。https://engineer-education.com/mrna-vaccine/#1RNA

すぐに分解されるのを防ぐためにウリジン(U)シュードウリジン(Ψ)に置き換えたわけ
炎症反応が起こる時点で異物と認識されてるから
異物として排除されないようにゴマカシを考え出した

『本剤の LNP は,機能脂質である ALC-0159 および ALC-0315 ならびに構造脂質である DSPC およびコレステロールの 4つの脂質で構成される。

PEG 脂質である ALC-0159 は,粒子の安定化および粒子径の均一化の機能を有し,投与後の血漿蛋白質との相互作用を最小限に抑えるための一過 性の立体バリアとしても働く。

イオン化可能なアミノ脂質である ALC-0315 は,粒子形成,宿主 細胞への取り込みおよび RNA のエンドソーム放出を調節する物理化学的特性を有する,本剤の 主要な脂質成分である。

DSPC およびコレステロールは,哺乳類の細胞膜に存在する天然型の脂質であり,構造脂質として本剤に含有される。』https://engineer-education.com/mrna-vaccine/#1RNA

ALC-0159、ALC-0315で脂質バリアを作って分解されにくいようにしてるが ALC-0159、ALC-0315自体が毒だし

「すぐに分解されます」もデマ太郎のデマ

分解されにくくすることに心血を注いでるわけで
直後に死んでないから関係ナイ!は通用しない

ワクチン打ったのに炎症反応が起こらない

病気になってるのに気がつかない

いつのまにか大病難病奇病に

「いたくもかゆくもない 」→ 死亡も

「打ったけどなんともない」が一番怖いんだろ

病気を治す努力だけはしないんだからさこいつら

直後に死なない遅効性毒の実験

接種開場の便所で死んでる人もいたけどな

 

健康にいいものを継続して食べ続けないと解毒できなさそう

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock