Sponsored link
NO IMAGE

若者の孤独死が増加した背景にいる医師とワクチン&がん治療

NO IMAGE
Sponsored link

がん治療のチラシがあるということは……

がん検診・健康診断を受ける

がんがみつかる

がんの治療を始める

治療薬(神経毒)を飲む

死亡

原発事故後にはこのパターンでの死亡が多かったと推測されますが、これにワクチンが加わったようです。

ワクチン後に死亡か、ワクチンでがんになり、がん治療死するか。

働きながらがんが治せる、など政府が騙してくるので、医療の闇を知らない20代〜30代の若者が引っかかるのです。会社の健康診断はトラップです。

しかも、病気のことは他人に相談しづらく、一人暮らしだと家族にも相談できず、医師を信用してしまいます。家族にも相談させない、というのがカルト宗教じみています。

その医師が「一人たりとも治したこともない」というのも知らず、「あの先生はいい医者だ」と決めつけるのが素人の特徴です。主治医がヤブだと信じたくもないのでしょう。

3大療法を否定するのはデマ!としつこく製薬会社と政府とマスコミがレッテル張りをしてくるので、なかなか疑えません。3大療法で治った人はいません。

大枚はたいた芸能人ががん治療死してるのが、マスコミによってがん死と改変され、いい広告塔になっています。テレビなんかみてると殺されます。

みんながん「治療」死なのに、医師が「がん死」と死亡診断書に嘘を書いています。コロナワクチン死をコロナ死にして 医師:「コロナ怖い!早くワクチンを!」と同じです。治療死させるたびに「がんは怖い!」「がんの進行が」「手遅れ」と嘘をつきます。

働きながらがんが治せるがんの飲み薬などただの神経毒ですから、飲んでると死にます。

医師が神経毒を配って、患者は安易に毒を飲み自宅で孤独死してるわけです。たまにすごいスピードの特別な救急車が走ってたりしますが、医師が危険なことをやったのです。

早く発見して病院で病死と闇に葬ります。連絡する前に死んだら、この動画のような孤独死案件となります。

変な死に方をしていたらまず医師の治療死を疑うのが基本です。明確な殺意を持って抗がん剤を打ちまくってる医師もいます。

医師の殺人となると警察はダンマリです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock