ビタミンA

ビタミンA

ビタミンA

ビタミンAとは

免疫機能を高める働きがあります。上皮細胞を増幅させる働きがあります。口腔・気道・胃腸の粘膜を保護し、網膜色素のロドプシンを生産します。

活性酸素から身を守る機能があります。水に溶ける水溶性で、効率よく摂取するなら油脂が必要。空気・熱・光に弱いです。

1日の主要量は女性が0.8mg、男性が1.0mgと言われていますが、この数値では取り過ぎの疑があるので、0.5mgくらいがオススメです。

取り過ぎが問題

ビタミンAが足りなくなることは基本的にはめったにありません。

動物性食品にも含まれています。野菜に含まれるβカロテンは、ビタミンAに変換されます。ビタミンA欠乏症よりも、取り過ぎのほうが心配される栄養分です。

ビタミンAは、普段の生活で過剰摂取にはまずなりません

サプリメントでビタミンAを補給する場合、過剰摂取の危険があります。肉や野菜などを取っていればビタミン欠乏症にはなり得ません。

摂りすぎると、食欲不振・皮膚の乾燥・脱毛・骨粗鬆症が引き起こされます。妊婦の場合、子供に影響が出ることもあります。摂りすぎには注意しましょう。サプリメントは意味がありません。普段の食生活で足りているからです。

ビタミンAが少なくなるよりも、過剰摂取による影響のほうが怖いのです。

ビタミンAを多く含む食品

  • レバーソーセージ
  • ウナギ
  • キャビア
  • チーズ
  • ツナ缶
  • 生クリームチーズ
  • チョコレートケーキ

ビタミンAのポイント

  • 免疫機能を高める
  • 粘膜を保護する
  • 活性酸素から身を守る
  • 0.5mgくらいがオススメ
  • 食事での過剰摂取はまずない
  • 妊婦は取り過ぎに注意
ビタミンA
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!