NO IMAGE

ビタミンB7(ビオチン)

NO IMAGE

ビタミンB7とは

別名はビオチン。皮膚・髪の毛にいい働きをします。このことからビタミンHとも呼ばれます。

血液細胞・男性ホルモンの生産に関わっています。ビタミンB群と協力して神経系と骨髄の機能を促進します。水溶性で腸と腸内菌が正常な状態で体内でも作られます。

腸内機能が低下したとしても、ビタミンB7の摂取量は不足しません。多くの食品に含まれているからです。

外的影響に強く、摂取不足になることはほとんどありません。加工された食品において、含有量は著しく減ります。

所要量

正確なデータは存在しません。人間の腸内でどれくらい生産されるかは推定できないからです。

一般的には、30~60㎍と言われています。それより少ない20㎍でも十分と言われています。

アルコールを飲む人や、ヘビースモーカーは必要量は上がります。腸内菌の活動が低下していて欠乏する人もいます。ビタミン剤に手を出す前に禁酒・禁煙が大切です。

健康な人は、サプリメントや錠剤で補給する必要はありません。大量摂取による中毒症状もデータがありません。

ビタミンB7を含む食品

  • 大豆
  • くるみ
  • ピーナッツ
  • いわし
  • マッシュルーム
  • カニ
  • ホウレンソウ
  • バナナ
  • 全乳

ビタミンB7のポイント

  • 皮膚・髪の毛にいい
  • 腸と腸内菌が正常な状態で体内で生産される
  • 神経系と骨髄の機能を促進
  • 摂取不足になることはあまりない
  • 加工食品で著しく減る
  • 所要量のデータはほぼない
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!