ビタミンのデメリットとありがたくない効果

ビタミンのデメリットとありがたくない効果

ビタミンのデメリットとありがたくない効果

ビタミンって、実は体にいい効果ばかりではありません。
悪い効果だってあるのです。

物事には必ずいい面と悪い面があります。

ビタミンのありがたくない効果とデメリットを学習しましょう。

ありがたくない効果

知ってました?
例えば、こんなありがたくない効果もあります。

  • マルチビタミン剤は免疫力を下げる
  • ビタミンC剤は傷の回復を遅らせる
  • 鎮痛剤はビタミンCと相性が悪い
  • 葉酸は抗うつ剤の効果を強める
  • ビタミンEは血液凝固剤の作用を強める

他にも、人工的なビタミンを摂ることによるデメリットは
数え切れないほどあります。

化学的に作られたビタミンは、摂取すると過剰摂取になります。
健康を促進するどころか、健康を損ねてしまうことに。

例外として、病気の治療に用いられることもありますが、
購入して補給する必要が不足はめったにありません。

合成したビタミンなどしょせん人工物

「ラベルに書かれていないビタミンが最も信用できる」

こんな格言があるくらいです。

調理済み食品・パック入りスープ・でき合いの惣菜・缶詰
は避けたほうが好ましいです。

粉末・錠剤のビタミン剤も避けるべきです。
毎日の食事で食材の中から取るべきです。

人工的に作り出したビタミンと、天然のビタミンは全く違うものです。
人間が自然のビタミンを作り出せるなんて、
思い上がりも甚だしいのです。

天然のビタミンが体内でどのような働きをするのかなんて、
いまだにそれほどわかってないのです。

少なくとも、天然のビタミンはとても大事なのはわかっていますが。

植物だけでも1万種類もの成分が含まれています。
わかっているものでも4000種類。

それらのすべてが食物の中でどのような働きをするのか、
いまだにわかっていません。

これが科学のレベルです。

調理する習慣

健康維持のために、ビタミンの効果を期待するなら、
食材を調理するしか方法はありません。

調理器具はそれほど必要じゃありません。

小さい子供がいる家庭は、料理することを覚えさせること。
男も女も子供も老人も関係ありません。
自分で調理をしているうちに健康に対する意識が身につきます。

大人になってお金を出してビタミンを買うなど
と間違いをさせないためにも、

自分で調理をすることの必要性は覚えさせるべきなのです。

専門家もあやしいぞ

健康の専門家と言われる医師ですら、
デタラメな知識を振り回しています。

彼らは栄養学を修めているわけではありません。
ただ何となく良さそうだから処方してる

という人もいます。

人工的に作られたビタミンのデメリットを知っていれば、
ビタミン剤など簡単に投与することはできないのですが・・・。

何でも知っていると思っている医師ですら、
ろくな知識もなく、何となく、知ったかぶりでやっているのです。

恐ろしい話です。

専門家に頼りっきりにせず、自分で何とかする意識が必要です。
自分で料理を作るという
当たり前のことから始めなければいけないのです。

食材を自分で調理すれば、たいていのビタミンは補給できます。
わざわざお金を払って購入する必要などないのです。

食品からとるビタミンがベストな効果

料理すれば楽しいし、美容にもよく、筋肉もつきます。
調理するという当たり前のことが、
お金を出し、栄養素だけ購入すればいい・・・というおかしな常識になったのです。

ビタミンのデメリットとありがたくない効果
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!