βカロテンの効果と摂取量・過剰摂取

βカロテンの効果と摂取量・過剰摂取

βカロテンの効果と摂取量・過剰摂取

βカロテンの特徴・効果と摂取量をみていきます。

ビタミンと深い関係があるので健康維持には重要です。
過剰摂取のデメリットも知ってくださいね。

ビタミンのもとになるβカロテン

ビタミンAのもとになるβカロテンは、その6分の1がビタミンAに変換されます。

植物に豊富に含まれる赤橙色の一般的なカロテンです。水には溶けにくく、油に溶けやすいです。

βカロテンは

免疫機能を強化
化が原因の黄斑変性症を予防する効果がある

と言われています。

ラジカル補足能があるため、がん予防や日焼け防止にも効果的とのデータがあります。

効率的に吸収するには、油脂とビタミンEが必要です。ビタミンEが足りないために、βカロテンの不足が起こることもあります。

βカロテンは調理によって破壊されにくく、
加熱調理のほうが効率よく吸収できます

β-カロテンが含まれている野菜は、油で炒めると吸収が高まり効率的です。

所要量は不明

βカロテンの所要量は謎に包まれています。一般的には1日2mgと言われていますが、科学的根拠はありません。

1日に2mm~4mgとることを目指しましょう。

欲張らずに

「普通に食え」

としかいいようがありません。

サラダ菜で換算すると50g~100gでまかなえます。サプリや錠剤でわざわざ取る必要はありません。

日常では不足しない

先進国ではβカロテンは野菜に豊富に含まれているため、不足することはありえません。

加工食品の着色料として添加されていることもあって、不足しにくいです。

過剰なβカロテン摂取によって皮膚が黄色くなるカロテノーシスが起こります。βカロチンの取り過ぎが原因です。

過剰摂取でがんのリスクが上がるともいわれていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取した場合だけです。野菜や果物で身体に対する悪影響が起こることはありません。

がん抑制効果が期待され、βカロテン入りサプリメントの形で販売されていましたが、喫煙者の肺がんリスクを高めた、と報告されています。合成サプリメントによる結果であり、野菜による実験結果ではありません。

サプリメントは健康な人には無用のものです。

βカロテンと銘打った健康食品が多数販売されていますが、過剰摂取の不安があるので摂取しないほうが身のためです。

βカロテンを含む食材

  • パーム油
  • ニンジン
  • トマト
  • ほうれん草
  • サラダ菜
  • かぼちゃ
  • パプリカ(赤)
  • 牡蛎
  • あんず
  • マンゴー
  • グァバ
  • クレメンタイン
  • グレープフルーツ

βカロテンのポイント

  • ビタミンAを創り出す
  • 油脂とビタミンEとセットで
  • 調理によって破壊されにくい
  • 所要量は謎で科学的根拠がない
  • 不足はまずない
  • 合成βカロテンで過剰摂取の悪影響
  • 素直に野菜で補給すれば問題なし

βカロテンの効果と摂取量・過剰摂取
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!