健康のためにビタミンがはいってるわけじゃないってさ

ビタミンが食品に含まれているのは消費者の健康のためじゃない

健康のためにビタミンがはいってるわけじゃないってさ

健康のためにビタミンがはいってるわけじゃないってさ

スーパーで売られている食品には添加物として、
ビタミンが大量に含まれています。

消費者の健康のために添加されているわけではありません。
ではいったい何のためにビタミンが添加されるのでしょうか?

利益になるのでたくさん添加したい

食品を腐らせないための酸化防止剤として含まれていることがほとんど。

商品が腐らなければ、店頭に置いておける期間が長くなるので
利益になります。

さまざまな食品にビタミンが添加されています。
パック入り食品・缶詰・冷凍食品・インスタントフードなど、

たいていの食品にはビタミンが添加されています。
ビタミンが添加されていないものの方が珍しいくらいです。

ビタミンを大量に摂取することは、体にいいこととは限りません。

不自然なくらい大量に摂取しても、実は体にはよくありません。
栄養バランスが崩れることもあります。

人間の体は、足りないビタミン補給するように調節しています。
足りない栄養素があると、その栄養素を含んだ食品を無性に食べたくなります。

自然と肉が食べたくなったり、野菜が食べたくなったりします。
足りないビタミンと、足りているビタミンを体は本能でわかっているのです。

ちゃんとした食生活を送っていれば過剰摂取になることはありません。
ビタミンの取りすぎになる前に、その食品に飽きがきてしまいます。

いったい何のために飲んでいるの?

人工的に作られたビタミン、サプリメントやビタミン剤などは、
どの程度のビタミンが含まれているのかは商品によってまちまちです。

それでも、何も知らない多くの国民は、
ビタミン剤をありがたがって飲んでいるのが現状です。

サプリメントを飲んでいる人は日本人だけではありません。

ドイツの女性の3分の1、男性の4分の1が定期的にサプリメントを摂取し、
アメリカでは2人に1人が定期的に、
少なくとも1日1度はビタミン剤を摂取しているそうです。

人気の高いのがマルチビタミンで、ビタミンCとビタミンEが人気です。
A・C・Eで『エースビタミン』とも呼ばれます。

ビタミンが不足しているわけではなく、
体調をよくするため、病気を予防するために
ビタミン剤を摂取しているのです。

しかし、私たちはビタミンが不足しているわけではありません。
メーカーによっても商品によっても、
サプリ中の含有量はバラつきがあります。

適切なビタミンの量すらわかっていない証拠です。
研究者だって分かっていないのです。

多くのビタミン製剤には、過剰配合の問題が指摘されています。
1日の必要量をはるかに超えるビタミンが含まれることも珍しくありません。

妊婦は子供に影響を与えることがあるので、
繊細にならざるを得ない問題です。

ビタミン以外の物質まで含まれている

ビタミン剤にはビタミン以外の物質も含まれています。

人工的に作られたビタミン剤には過剰にビタミンが含まれているだけでなく、
ビタミン以外の物質も含まれています。

合成甘味料・ポリエチレングリコール・ナトリウムラウリル硫酸塩・ステアリン酸塩なども体によくありません。
粘膜を傷めるだけです。

微結晶セルロースも体によくありません。
ビタミン剤の中の物質を粉々に砕き、吸収しやすくするため
だといわれていますが、

分子が小さく、体の中に入ってしまうのです。

体操選手が鉄棒で滑りどめのために使う滑石(かっせき)が、
潤滑剤・栄養剤としてビタミン製剤に含まれることもあります。

腸壁で妨げられることなく通過するうえ、
腎臓や肝臓だけでなく、脳や肺にまで影響を与えてしまう
ともいわれています。

私たちが安全と思っていたビタミン系サプリメントや
ビタミン製剤にも、

とんでもない成分が入っていることがあるのです。

まとめ

適切な食生活ならビタミン不足にはならない
適切なビタミン量すらわかっていない
ビタミン剤以外の添加物にも注意

健康のためにビタミンがはいってるわけじゃないってさ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!