病院よりも食品

病院や医薬品よりもビタミンたっぷり食品が大切

病院よりも食品

健康になりたいのならビタミンを食品からとること。
病気になったら病院に行けばいい、と思っている方。

甘すぎます

病院で処方される処方薬をありがたがってはいけません。

処方薬は、ビタミンバランスを崩してしまうものばかり。
服用している医薬品が健康に必要なものなのかどうか、
考え直す必要があります。

副作用が多すぎのお薬

高血圧は、適切な食生活や軽い運動で解決できる場合が多いです。
治療が不要なことも多いです。

血圧降下剤には副作用がありますが、ほとんど議論の対象になっていません。コレステロール値が高いからといって、
動脈硬化や心筋梗塞を起こすわけではありません。

コルチゾンやアスピリンといった鎮痛剤も同様。
炎症を抑える薬を継続的に服用することにより、ビタミンCが破壊されます。
このような薬を継続的に飲むのはもはや時代遅れ。

アスピリンのような鎮痛剤のほかにも、
下剤やトランキライザー、やせ薬、ホルモン剤にも当てはまります。

経口避妊薬や更年期障害治療のためのホルモン剤も、
それほど重要ではありません。

むしろ、副作用のリスクが大きく、体にいいとはお世辞にもいえません。

医師の指示に従う前に、まずは生活習慣を整えて、
ビタミンのたっぷり入った自然の食品をとることが大切なのです。

例外的に、自分で食事を取れない重症患者の人はビタミン剤に頼るほかありません。
十分に食物を取れない患者はビタミン剤が必要となることがあります。

でも、例外中の例外だということは理解してください。
必ず例外を一般化する詭弁を用いる専門家は出てきます。

自然と本能が大切

人間の体は医師が考えるよりもよくできています。
ビタミンの必要量など自分で調整できるのです。

特定の栄養素がなくなってくると、
その栄養素を無性に補給したくなるものです。

このような人間の本能も子供のうちから鍛えておくべきです。

病院よりも食品
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!