骨は大切だ

ありあまるほどのビタミンが子供に必要なの?

骨は大切だ

 

子供にたっぷりのビタミンを摂取させる愚かな大人たち。ビタミンは必要ですが、わざわざ人工のビタミンを補給するほど足りていないのでしょうか。足りていないのなら、補給する方法は何が適切なのでしょうか。

どんどん飲ませる

海外では健康な子供にマルチビタミン剤を与えているという現状があります販売する企業は、子供の知能の発達に役に立っていると主張しています。こんなデータが出てくるとさらに大人は子供にビタミン剤を飲ませ続けてしまいます。

しかも、1日のビタミン所要量の半分以上を人工的に作られたビタミンで補給していというデータが出ています。

こんなにいらない

ヨーグルトや甘いお菓子にも人工的に作られたビタミンがたっぷりと添加されています。それに加えてマルチビタミン剤を与えるのはいくら何でもやりすぎ。まともに栄養学を修めた人は、子供にこんなにビタミンを摂取させる必要はないと断言します。大人の立場なら、大量の人工的なビタミンを摂取させるのを心配するべきです。

普段の食事でビタミンが不足することは考えにくいです。手づくりの食事をすれば、間違いなく必要なビタミンを補給でできる。子供にビタミンが不足していることに根拠などなく、ただ煽っているのです。

日頃の食事も気をつけて

ビタミン剤のほかにも過剰摂取の問題があります。スーパーで売られているパックのサラダや総菜です。加工食品を中心に食べている子供はビタミン不足になる可能性が高い。利益を追求したいがためにさらに企業はビタミンを追加しようとします。

工場で作られるいちごヨーグルトと、自家製のヨーグルトを比較すると、自家製のいちごヨーグルトのほうが圧倒的にビタミンCの量が多いとわかっています。当然、自家製のいちごのほうがビタミンが多く、工場で作られるものは加工されているためビタミンが失われています。

わざわざマルチビタミン剤などを買い与えて摂取させる必要はありません。企業は利益を上げるためなら何でもします。ビタミンCを添加することにより、食品の酸化防止になります。商品が弱らなくていいからコスト的にお得なだけ。消費者の健康のためなんかではありません。

手づくりの食事で

お金を出して買える食事は確かに便利ですが、子供の将来も考えることが大切。過剰なビタミンは不要。そしてビタミン不足にならないためには、ビタミン剤で供給するのではなく、手づくりの食事のほうが明らかにおすすめです。

骨は大切だ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!