NO IMAGE

ビタミン療法はタバコやアルコールには効かない

NO IMAGE

大量にビタミン剤を摂取するメガビタミン療法があります。

メガビタミン療法の信奉者は
タバコやアルコールを摂取する人に、
ビタミンが重要だと触れ回ります。

でも、反対の結果になっているようです。

メガビタミン療法の根拠

ビタミンのおかげで血管の状態がよくなる。
アルコールやタバコを吸う人にもなんとなくよさそう。

でも、
人工的なビタミン剤が血管の状態をよくする研究結果は、
海外の研究機関でも示されていません

約3万人の男性喫煙者に対して、

1日50gのビタミンEを5摂取するグループ
20gのβカロテンを摂取するグループ
プラセボを摂取するグループ

3つのグループに分け、
どのグループが何の薬を飲んでいるかわからないようにした研究がなされました。

その結果、
ビタミンを投与されたグループは腹部動脈瘤が現れました。
動脈瘤は血管壁が厚くなってしまう病気で、
軽戦車を起こすリスクが上がったということです。

人工的に作られたビタミン剤は肺を守れません。

カナダで1日500mgのビタミンCを投与した研究によると、
呼気検査の数値には、

プラセボを飲んだグループ
ビタミンCを飲んだグループ

で大した変化はなかったことがわかっています。

人工的なβカロテンにおいては、
1日20μgを摂取したところ、
肺がんの発症率が18%も上がったといわれています。

人工ビタミンに疾患に効き目がないことを示す論文は
結構多いです。

なぜ人工ビタミンに結果が出ないのか

人工的で作られたビタミンでは効果がないのです。
どんなに科学的に似たような物質を作っても

全く違うものだからです。

それくらい自然の力は脅威なのです。
人間は神様ではありません。

この現実を示したものはβカロテンとビタミンEです。

βカロテン

βカロテンは飲料にも含まれるくらい
メジャーなビタミンです。

βカロテンが発見されたのは180年くらい前。
今では650種類くらいのカロテノイドが発見されています。

その中でもβ-カロテンが最もすぐれているわけではなく、
自然界の食品の中には
βカロテン以外のカロテンも山ほど含まれています。
βカロテンしか含まない野菜などないのです。

さまざまなカロテノイドが含まれることによって
人類の健康に役立ってきたのです。

だから、ニンジンやトマトばかり食べても体調が悪くならないのです。
βカロテン1種類だけではありません。
さまざまなカロテノイドを実は摂取しているからです。

そう考えると、βカロテンだけを取るのは愚の骨頂ということになり、
ビタミン剤や錠剤で摂取すると特定の成分だけ過剰となります。
人間の体は、βカロテンだけを大量に摂取しても
役立たないようにできています。

むしろ急激にカロテン濃度が上がると、
そのカロテンの濃度を下げる働きをします。
カロテンが多くなると酸化が起こり
体に悪いため、自然と体が調節しているのです。

カロテンは脂溶性で、油と一緒に摂るのが好ましい
と言われます。
カロテンの濃度が過剰にならないように
身体のメカニズムが働いていることの現れなのです。

ビタミンC

ビタミンCも同様で、過剰摂取すると
自然と尿から排出されます。
大量のビタミンCをとったとしても体に役立たない証拠です。
いらないものは自然と体の外に排出されます。
寿命が延びたり、病気が治るわけではないのです。

ビタミンE

ビタミンEも単独の成分ではありません。
8種類の物質が複合されてできています。

  • αトコフェロール
  • βトコフェロール
  • γトコフェロール

など、さまざまな混合体でできているのです。

パーム油に含まれるビタミンEは、
αトコフェロール:γトコフェロールが4:6の割合で含まれています。
小麦の場合には1:1の割合で含まれます。

人工的に作り出したビタミンEは
αトコフェロールしか含まれていないのです。

それが大きな問題なのです。
αトコフェロールだけでは意味がないのです。

αトコフェロールは、

キラルと呼ばれる左右非対称の構造が特徴です。
鏡像関係にある左右2通りの分子が3つあり、
2×2×2で8種類の立体異性体が存在します。

しかし、自然のビタミンEには
RRR・α-トコフェロールという右型だけしか存在しません。

つまり、人工ビタミンEと天然ビタミンEは全く異なる物質なのです。

分子が右型か左型かによって物質の作用は大きく異なります。
分子の非対称構造は化学構造と同じくらい重要なものなのです。

人間の体は馬鹿じゃない

医師や科学者が考えるほど人間の身体は馬鹿ではありません。

人工的に作られたビタミンEを避け、
自然のビタミンを吸収するようになっているのです。

20歳から59歳の男女に、
人口のビタミンEと天然のビタミンEを摂取させたところ、

血液中の天然のビタミンEの値が
人工のビタミンよりも2倍も高かった

というデータがあります。
天然のビタミンEを優先して吸収している証拠です。

信仰は根深い

人工的に作り出したビタミンは、
天然のビタミンと全く異なることがお分かりいただけるでしょう。

いくら努力しても人間は、
自然のビタミンを科学の力で作り出すことはできません。

専門家にもビタミンで疾患が予防できると信じ込み
愚かにも摂取を勧める人がいます。

無意識的に自己の無力さ感じ取り、
何かにすがりつきたいだけで主張しているだけ。

無能との謗りを免れないでしょう。
ちなみに、天然のビタミンEを積極的に取りたいなら
ナッツ類がおすすめです。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!