NO IMAGE

研究でもわかる人工ビタミンCの惨憺たる結果

NO IMAGE

ビタミンの中でも最も人気があるビタミンC。抑炎症剤・外傷治療薬になるとされ、広告のおかげもあり昔から大人気です。高配合のビタミンCが傷んだ血管を修復してくれるので、動脈硬化・心筋梗塞の予防になると妄信されています。

結果はプラセボ以下

アメリカの大学の研究によると、都合の悪い結果が明らかになりました。

14人の被験者に、体重1kg当たり12.5mgのビタミンCと10mgの抗酸化剤N-アセチルシステインを投与したグループと、プラセボを投与したグループで比較しました。

ビタミンCとN-アセチルシステインを投与されたグループのほうが傷が早く治ると期待されていました。結果は全く逆で、傷の治りが悪くなってしまい、血液が強い酸化の症状を示していたのです。

ビタミンCはフリーラジカルの攻撃から身を守ってくれると信じられてきましたが、そんなことはなかったのです。免疫力の強化にも役に立ってはいませんでした。

ビタミンCの濃度が高くなると、有害物質に変身してしまいます。1990年代初めには、ビタミンCが細胞を遺伝子レベルで傷つけることがわかっています。

実験も行われ、毎日50mgのビタミンC(レモン8個分に相当)を被験者に投与したところ、リンパ球の遺伝子を構成するグアニンの量が減っていて、アデニンの量が増えていました。リンパ球のアデニンの量が増えると、免疫システムが弱まっている証拠となります。

ビタミンCは免疫力を強化することがある一方で、弱めてしまうこともあるのです。

その他にも、毎日500mgのビタミンCを取ることで、血管が遅くなり心臓疾患のリスクが高まると研究があります。ビタミンC製剤は心筋梗塞を予防するどころか、全く逆の結果を招くことがわかっているのです。

人工ビタミンCの惨敗

確かにビタミンCは体にいいものなのですが、それは天然の食品からとった場合に限られます。人工的に作り出されたサプリメントや錠剤の形で補給しても免疫力が高まるどころか、弱まってしまうばかりです。この事実からも、ビタミンCという名前にとらわれず、自然の食品から摂取するのが好ましいとわかります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!