ビタミンの働きくらいわかれよ

ビタミンの働きをしっかり考える

ビタミンの働きくらいわかれよ

体にいいくらいにしか思われていないビタミン。

健康を維持する上で、知識の理解は必須です。ビタミンの概要と働きをここで確認します。

生き物に必要なビタミン

ビタミンは、生物の生存には必要な栄養素で、炭水化物・タンパク質・脂質以外の有機化合物のことをいいます。
ミネラルは無機物で、ビタミン・ミネラルと一緒くたにされることが多いです。

ビタミンとして働く物質は生物によって異なります。例えば、アスコルビン酸は、人に対してはビタミンCとして働き、その他の生物にはビタミンCとして働きません。

人間のビタミンには13種類があるとされ、機能で分類されています。物質名のことではありません。ビタミンAは物質名で言うとレチナール・レチノールといった物質です。複数の物質が組み合わさったものであり、レチナール・レチノールだけではありません。

そのため化学的に合成したビタミンは、特定の成分のみを含み、それ以外の物質を含んでいないので体によくないのです。
名前もわからない、ビタミンともいえない物質にもちゃんと働きがあり、とても大切です。ビタミンだけが大切ではないのです。

体内で足りなくなる

ビタミンの多くは生体内で十分に作り出すことはできないので、食料から摂取することになります。

腸内細菌から作られるビタミンもあります。ビタミンが不足すると、病気や体調不良を引き起こします。これをビタミン欠乏症と言っています。

厚生労働省は日本人の食事摂取基準によってビタミン摂取の指標を定めてはいます。

しかし、各ビタミンを、どれくらいの量、どれくらいの比率でとればいいのかは科学者でもわからないことで、みんな適当に言っているのです。

人工的に作り出したビタミンと、食物の中に含まれる自然なビタミンとは別物です。行政も医師も自然と人工物の違いがわかっていません。

酵素を助け代謝を促す

ビタミンは酵素を助ける働きがあります。酵素がその力を発揮できるようにビタミンが補います。

ビタミンが少なくなると、酵素をサポートするものがなくなるので、代謝系の機能が弱ってきます。活発な代謝を促すためにもビタミンの働きは必要です。

2種類のビタミン

ビタミンはその性質によって2種類に分けられます。脂溶性ビタミン水溶性ビタミンです。

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは油に溶けやすいビタミンのこと。脂溶性ビタミンは調理をするときに油を使うと吸収がよくなります。油で炒めておいしくなるのは相性がいい証拠。おいしいは正義です。

水溶性ビタミン

水溶性ビタミンは水に溶けるタイプで水に溶けやく、流れ出てしまうデメリットばかりが強調されています。水に溶けやすいのでスープのような形で吸収すると、摂取効率がよくなります。

専門家は水に溶けるから流れ出るデメリットばかりを狂ったオウムのように繰り返して強調しているようですが、溶けやすいなら溶けやすいなりの調理方法があるのです。

ビタミンの語源

ビタミンを発見した時に、その生物の中にアミン(amine)というものがありました。そして生命に必要(vita)をつけてビタミンと呼ばれるようになりました。

壊血病を予防する成分をビタミンC
油溶性AをビタミンA
水溶性BをビタミンB

などと名付けました。

その化学構造が判明して適当な名前がつくまでにD・E・Fと順番に名付けられていきます。

ビタミンBは似た性質を持つグループがあるとわかったので、ビタミンB群としています。その中でB1・B2・B3というふうに分類されています。

ビタミンはほとんどの場合、体内で十分量合成できないので、主に食料から摂取することになり、腸内細菌から作られるビタミンもあります。

ビタミンの定義

人間などの哺乳類は、ビタミンを作り出せません。そのため食物して摂取する必要があります。人間が生きていくために必要で、体内で作り出せないという意味でビタミンと判断されます。

カロテノイド(いわゆるビタミンA)は、全ての生物の細胞内の代謝経路において重要な役割を果たします。たいていの生物、細菌はビタミンの一種であるカロテノイドを作り出すことができます。

そのため、細菌にはカロテノイドはビタミンに当たらないことになります。カロテノイド作り出せない生物にとっては、カロテノイドはビタミンに当たります。このように生物の種類によって、ビタミンか、そうでないかが決まってくるのです。

体内で作り出せるビタミンも存在し、ビタミンの元となり、体内でビタミンに変換する前の形である前駆体という概念もあります。体内で作り出せないものがビタミン、という考えは古い概念なのかもしれません。

ビタミンの過剰摂取の問題もあり、ビタミンの前駆体を補給し体内でビタミンに変換するのが好ましく、ビタミンそのものをとるべきではない、となるのかもしれません。

ビタミン欠乏症

ビタミンが足りなくなることをビタミン欠乏症と言います。ビタミンが不足することによって起こる症状のこと。栄養失調になりがちな発展途上国で多いとされていますが、先進国でも問題になっています。

栄養が少なくて欠乏症になるよりも、ビタミンの過剰摂取による欠乏症が怖いです。

例えば、妊婦が妊娠中にビタミンを過剰に摂取して、子供がビタミン欠乏症で生まれてくることがあります。

過剰摂取と欠乏症は表裏一体です。

過剰摂取はビタミン剤やサプリメントで起こるもので、野菜のような食品から摂取しても過剰摂取になりません。

取り過ぎると、体が取り過ぎたと判断し、
一気にビタミンを排出する働きも体にはあります。特定の成分だけを抽出し摂取させるから体のバランスが崩れるのです。何も、ビタミンだけに限ったことではありません。

「体にいい○○という成分が発見された」

と声高に叫ぶ愚かな専門家がたまに沸いて出てきますが、その成分だけ取っても健康にはなれません。科学技術の発展がビタミン欠乏症の一因になっているのです。

現代人の笑えない脚気

ビタミンB1欠乏症が脚気(かっけ)です。古くさいイメージですが、昔の病ではありません。

心不全や抹消神経障害を起こすことになります。足がむくんだり足のしびれが起こることから脚気と呼ばれています。ビタミンB1などの栄養が足りてないことに加えて、神経が働いていない証拠です。

ちなみに神経を働かせるためには塩が必要です。減塩は体に悪いことはここで覚えておきましょう。

日本では1975年頃からジャンクフードが普及し始めました。栄養素の偏りから脚気が流行したと言われています。

栄養補給の点滴をしてもビタミンB群が足りていないため脚気が重症化してしまった例があります。

アルコールを飲む人に起こりやすいと言われています。高齢者が白米のみを食べる食生活により、ビタミンB群が不足することも指摘されています。食品にビタミンBを添加するようになったのでこの問題は解決した、とされてはいます。

真実なのでしょうか?

高齢者だけに限定された問題でもありません。人工的に作り出したビタミンを添加しても、それは本物のビタミンではありません。

この日本でも栄養失調は知らぬ間に進行しています。それが原因不明の体調不良や心身の不調につながっているのです。普段口にするものまで調べなければ、原因なんてわかりません。調べもしないで原因不明というのは専門家の怠慢です。

特定のビタミンを注入する前にやることが

ビタミンの欠乏症には、特定のビタミンを投与するのが治療法となっているようですが怖い副作用もあります。特定のビタミンが集中して自然界に存在していることはないのです。

特定のビタミンが増えることにより、そのビタミンを不要と判断し、排出する働きもあります。投与しているのに治らないのではなく、投与しているから治らない、なんてことも。

治療者は悪くない
病気や患者が悪い
手遅れだ

他人のせいにする前に、治療者に知恵がないのが悪いのです。金を払ってサプリメントやビタミン剤を摂取するのは馬鹿げたことです。

専門家ですら過剰摂取のデメリットや仕組みがわかっていません。製薬会社の作ったパッフレットばかり信じて自分の頭で考えていない証拠です。それよりも、普段の食生活で、栄養のあるものを食べることのほうがよっぽど大切。

病院でお金を払って治療を受けることが高尚に思えますが、自然の食品から栄養素を摂るほうがはるかに価値が高いのです。

ビタミンの働きくらいわかれよ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!