ビタミンB群の解説

ビタミンB群の解説

ビタミンB群の解説

代謝とエネルギー生産の重要な役割を果たすビタミンB群。その概要をまとめてみました。

ビタミンB1(チアミン)

ビタミンB1は『チアミン』とも呼ばれます。細胞のエネルギーを作り出すためのグルコース分解に関わります。

神経細胞や筋肉細胞は多くのグルコースを必要とします。『パワービタミン』『生きる喜びをもたらす物質』とも呼ばれます。脳や筋肉を使う人には必要なビタミンです。

スポーツ選手にも特に必要です。しかし、大量摂取しても精神力・体力が増強されるわけではありません。

チアミン酵素は、炭水化物を蓄積脂肪に変換しやすくする物質です。パワーも作れますが、肥満を作ってしまいます。甘いものを食べると肉付きがよくなるのもチアミン酵素の働きのためです。

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2は『リボフラビン』と呼ばれ、代謝に関わります。炭水化物・脂肪からエネルギーを得やすくします。目の水晶体や角膜を守る働きがあります。

ビタミンAとともに目にやさしく、スポーツ選手はスポーツをしない人の3倍必要です。種目によっては4倍から6倍必要になることもあります。

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6は『ピリドキシン』とも呼ばれます。タンパク質体制を進める栄養素です。

フィットネス・ボディビルディングにも必要不可欠です。スポーツをする人には絶対に必要と言われるのがビタミンB6。快楽ホルモンと呼ばれるセロトニンを生み出してくれるので頭脳労働者にもおすすめです。

ビタミンB12

ビタミンB12は赤血球を作る機能があります。神経や脳細胞を守るサポートし、免疫システムを強化します。熱に強く、肝臓に大量貯蔵できます。

ビタミンB7

ビタミンB7はビタミンHとの別名があります。毛髪や引き締まった肌のために重要な栄養素です。男性ホルモンの生産に関わっているといわれています。

ビタミンB群の栄養素は炭水化物・脂質・タンパク質のすべての代謝に関わっています。

神経の働きを促進し、熱・光に強く保存しやすいです。腸内菌からも作られるので不足することはあまりありません。

ビタミンB群のポイント

ビタミンB群は代謝とエネルギー産生に関わる。

  • ビタミンB1 グルコース分解 肥満に注意
  • ビタミンB2 エネルギーを得やすくする  目にいい
  • ビタミンB6 タンパク質の代謝 精神安定
  • ビタミンB7 毛髪・肌・男性ホルモン生産に関わる
  • ビタミンB12  赤血球を作る 神経サポート

ビタミンB群の解説
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!